出産 大塚愛に関するニュース

大塚愛が同情票狙う?利害一致で不倫夫SUと”離婚カウントダウン”

デイリーニュースオンライン / 2017年04月12日09時01分

また一部では、出産直後から別居状態にあったとも報じられており、今回の不倫に関しても「案の定」という声が大半のようだ。 「別居に至った背景としては、SUの母と大塚の“嫁姑関係”が上手くいっていなかったことが理由だともいわれています。しかし、結局は大塚の破天荒な性格が、SUの母と合わなかったことが原因のようです。SUの不倫が口火となるようには見えますが、ハナか [全文を読む]

大塚愛、ドラマの主題歌で3年ぶり新曲もファン離れが止まらない!

アサジョ / 2016年12月17日18時15分

「かつては若い女性を中心に大人気を誇った大塚も、11年の出産を機に活動をセーブ。いつの間にやら人気まで失ってしまい、14年5月リリースの直近作『モアモア』は週間34位に沈没しました。しかも同作品は大塚の10周年記念(10th Anniversary)作品の第2弾という位置づけで、47都道府県に彼女の等身大パネルを設置してPVを撮影するなど力も入っていたので [全文を読む]

大塚愛がついに再始動も「マスコミ完全スルー」の悲哀

メンズサイゾー / 2012年12月05日14時30分

倖田は出産・育児でパワーダウン、そして大塚もRIPSLYMEのSU(39)と10年に結婚し、翌年3月に長女を出産して活動をセーブしていた。倖田の場合は、産後わずか3カ月で早々に仕事復帰し、年末のNHK紅白歌合戦にも出場が決定している。だが大塚は、昨年10月に配信限定で新曲をリリースし、絵本を発売するなどの活動はしていたものの、今年9月におよそ2年ぶりの一夜 [全文を読む]

「さくらんぼ」は重荷だった!?大塚愛、人気凋落後の今さらな告白はファンに失礼

アサ芸プラス / 2017年02月07日17時58分

しかし、出産を機に活動をセーブしたことで、復帰した頃にはすでにファンはきれいさっぱり離れていて、しだいに第一線から消えていった。「13年10月に約3年ぶりにリリースしたシングル『Re:NAME』がオリコン8位で、かつてはベスト5入りが当たり前だった彼女も異変を感じたはず。しかも、同曲はたった3週でチャートから姿を消しました。14年5月リリースの『モアモア』 [全文を読む]

大塚愛の凋落はナイナイ岡村のせい?ドラマ主題歌リリースも復活は期待薄…

アサジョ / 2017年01月04日10時15分

「かつては若い女性を中心に大人気を誇った大塚も、11年の出産を機に活動をセーブ。14年5月リリースの『モアモア』は週間34位に沈没しています。しかも同作品は大塚の10周年記念作品として、47都道府県に彼女の等身大パネルを設置するなど力を入れていたにもかかわらず、結果は大惨敗。もはやファン離れは深刻です」(音楽ライター) それにしても、なぜ彼女はこれほどまで [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大塚愛、艶やかな着物姿を披露。涼しげな大人女性の貫禄。

TechinsightJapan / 2015年06月28日21時15分

RIP SLYMEのメンバーSUと結婚し、2011年3月に第一子の女児を出産した大塚愛。「さくらんぼ」「プラネタリウム」などのヒット曲をリリースしていた当時は、明るい髪色に元気で可愛いイメージの強かった大塚だが、最近では黒髪の大人女性へと変貌を遂げている。 「ワインでほろ酔い、良き日な」と屋形船で食事を楽しんだことを報告した大塚。2010年6月26日にS [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大塚愛の娘ちゃんが書いた“歌詞”が芸術的。「どんな名作だろうか」と母心。

TechinsightJapan / 2014年10月18日18時30分

大塚愛は2010年にRIP SLYMEのメンバーSUと結婚、2011年3月に女児を出産した。早いものでその娘ちゃんも3歳を過ぎる。彼女が10月15日に『大塚愛 aiotsuka_official Instagram』で「私の歌詞ノートに娘が知らない間に書いた歌詞?」と不思議な文字列のようなものを投稿した。 それに対して「すごーい! なんか、ちゃんと書けて [全文を読む]

大塚愛、「大阪のおばちゃん」に劣化!? デビュー10周年目のお寒い現状

サイゾーウーマン / 2013年12月16日13時00分

やはり結婚・出産によって活動を縮小したのが一番の要因ですが、10年にリリースされたシングル『ゾッ婚ディション』『I LOVE×××』は、売り上げ枚数も1万枚程度で、その時点ですでに落ち目ではありました」(同) さらに、12年に結成されたバンド・Rabbitが、大塚の迷走を印象づけることとなってしまった。 「Rabbitは、大塚をボーカルに、JAGATARA [全文を読む]

忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(3)松浦亜弥に復帰計画も見た目は“おばば”!?

アサ芸プラス / 2017年05月01日17時59分

13年にw-inds.の橘慶太との12年愛を実らせて結婚し、14年に女児を出産して活動休止に。女性誌が夫の楽曲で再始動と報じ、直撃時の70年代風なボヘミアンな髪型など、見た目が“おばば”だと注目が集まった。・松田樹利亜 代表曲「だまってないで」(93年) 国民的美少女コンテスト出身だけにビジュアルはピカイチ。ただし、レコード会社や所属事務所とのトラブルも多 [全文を読む]

消えた「紅白歌合戦の歌姫」00年代編(2)「NANA」伊藤由奈はロサンゼルスで…

アサ芸プラス / 2015年12月29日09時59分

庄司智春との結婚後は「ミキティ!」の愛称が広く浸透し、8月に第2子を出産。・大塚愛(04~09年/代表曲 「さくらんぼ」) インディーズ時代から歌っていた「さくらんぼ」がロングセラーになり、紅白も6年連続で出場。11年の出産後はバンドのボーカリストとして参加を表明したこともあった。・BoA(02~07年/代表曲 「VALENTI」) 00年代を席巻したK- [全文を読む]

紅白出演はゴールではない!YUI、茂森あゆみ…歴史に消えた出場者たち

アサ芸プラス / 2015年12月03日17時59分

昨年にはパニック障害を告白しましたが、今年8月に双子を出産しています」(前出・芸能ライター) 発売中の「アサ芸シークレットVol.37」では、ここにあげたアーティスト以外にも、中森明菜、mihimaruGT、大塚愛、青山テルマ、植村花菜など全50組のその後を取り上げた特集「消えた紅白歌合戦の歌姫50人」を掲載。現在は別の仕事で活躍する者や、事情により当時の [全文を読む]

フォーカス