最期 石田三成に関するニュース

【好評につき第二弾!】石田三成「辞世の句」ふんどし、関ヶ原に向けての出陣日7月17日(日)より37枚限定発売!

PR TIMES / 2016年07月12日13時22分

最期の時まで武将として芯の通った男でした。[画像3: http://prtimes.jp/i/18835/3/resize/d18835-3-839553-3.jpg ]紺ふんどしは洗練されたインスピレーションにつながる一枚紺色の心理効果は「集中力や洞察力を高める」冷静かつ誠実に物事を進めていく、強い意志を持ちたいときに身につけたい色です。また、「褌」とい [全文を読む]

真田丸『第14話』解説。北条家はいつから秀吉の「敵」になったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日13時00分

#真田丸 — 佐藤大介 (@dadaemonsan) 2016年4月10日 酔って人んちの廊下で寝こけはじめた加藤清正の面倒をなんだかんだで見てるっぽい三成を見て思いましたよね、ああこいつ絶対セコム直江と気が合うなと #真田丸 — いが(たろに) (@iga_iganao) 2016年4月10日 ぎゃああああああ…ス ト ラ イ ク … ! #真田丸 # [全文を読む]

一気に10年が経過、“有働砲”3連発で有名武将が相次ぎ退場! さらば、昌幸史上最も格好良かった草刈・昌幸!!『真田丸』第38話「昌幸」レビュー

おたぽる / 2016年09月27日11時00分

前話の次号予告で知っていたとはいえ、父上こと真田昌幸(草刈正雄)が、ついにとうとういよいよ最期の時を迎えてしまった……。ほか、強烈に印象に残る名武将もこの世を去るという、激動の1話となった大河ドラマ『真田丸』第38話「昌幸」を今週もレビュー! 紀州九度山村に幽閉(軟禁)となった昌幸と信繁たち一行。昌幸は信之(大泉洋)を通じ何度も赦免を願い出るも、家康(内野 [全文を読む]

さらば秀吉、ありがとう……BSプレミアムで自己最高タイ! やっぱり注目度が高かった『真田丸』第31話「終焉」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月09日17時00分

視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ)と普段と変わらないのだが、NHK総合よりも2時間早く放送されるNHK・BSプレミアムでの視聴率が5.2%と、自己最高タイを記録! やはり注目度が高かった秀吉の最期をレビューする!! 豊臣秀吉(小日向文世)の遺言状をめぐり、対立する三成(山本耕史)と家康(内野聖陽)。寧(鈴木京香)は権力争いに心を痛める。茶々(竹内結子 [全文を読む]

徳川方に捕縛された石田三成 再起誓いニラ雑炊を要求

NEWSポストセブン / 2016年05月02日16時00分

再起を誓い、最期まで食事に気を配ったが刑場の露と消えた。 【豊臣秀吉】農民から天下人へ押し上げた「秀吉の膳」 秀吉は根菜類が好物で生涯食膳から欠かさなかったという。味噌汁や焼き蛸の味付けに必須アミノ酸のトリプトファンが豊富な豆味噌を使った。ごぼうは食物繊維、大根は消化酵素を含む。 【織田信長】パワーフード「アワビ」で天下統一 塩辛い味付けを好んだと言われる [全文を読む]

戦国ゲームファンにもおすすめ! 不治の病と闘い、ひたむきに生きた戦国大名の物語

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月13日11時30分

この小説は、吉継が秀吉に仕官することになった経緯から、関ケ原の合戦における最期、そして妻との美しい後日談までを、有名な大坂城での茶会のエピソードなどを交えながら、丁寧に追いかけた350ページ超の力作だ。 作者・富樫倫太郎の得意技であるスケールの大きな伝奇的趣向はあえて封印、吉継と彼をとりまく人々との交流を、激動の時代を背景に、情感ゆたかに描きあげている。 [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

戦国の女性は、細川ガラシャやお市の方など、戦乱の中で悲劇的な最期を遂げた人が、有名です。しかし、戦乱の世の中で、内助の功を発揮し、夫婦二人三脚で出世の道をひた走る姿には、興味を持つ人が多いのではないでしょうか。 天下分け目の合戦をダイナミックに描いた『関ヶ原』には、私が大好きな武将・大谷吉継が登場します。河井継之助にも通じる「義の武将」で、秀吉が「百万の軍 [全文を読む]

兄上“信之”と、頼もしすぎる舅・本多平八郎が熱い! そしてさらば三成&大谷……『真田丸』第37話「信之」レビュー!!

おたぽる / 2016年09月20日23時00分

先週、わずか40秒で関ヶ原を走り抜け、18日放送の第37話「信之」でも大谷吉継(片岡愛之助)、石田三成(山本耕史)の最期をササッと描いただけで、とうとう真田父子が高野山・九度山へ押し込められる展開を迎えてしまった大河ドラマ『真田丸』(NHK)。大きな戦が終わり、大きく分かれていく登場キャラクターたちの運命を描いた1話となった。 関ヶ原での石田方が敗北。連戦 [全文を読む]

「真田丸」“刑部の介錯人”は愛之助の愛弟子!

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日11時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)9月18日(日)放送では、石田三成(山本耕史)と大谷吉継(片岡愛之助)の最期が描かれる。前回放送では、佐助(藤井隆)の報告の中で三成の敗走と吉継の戦死が語られたが、今回はどのように死を迎えたかが回想の形で明かされる。その中で、切腹する吉継に命じられて介錯(かいしゃく)を務め、その首をはねる家臣・湯浅五助を演じる片岡愛一 [全文を読む]

「真田丸最期が迫る愛之助 刑部と盟友への思い!

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日07時00分

ここまで物語の中核を担ってきた重要人物たちの最期も省略されるのかと思いきや、9月18日(日)放送でその死にざまが描かれる。そこで、大谷吉継役の片岡愛之助に直撃し、吉継役を演じてきた感想や、三成と共に打倒家康に懸けるまでの思いを語ってもらった。――オファーを受けたとき、大谷吉継にはどんなイメージをお持ちでしたか?負けると分かって徳川との戦いに駆け付けた“忠義 [全文を読む]

大河偏愛芸人・松村邦洋が選ぶ『真田丸』名場面BEST5

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

『ブサイクで可哀想な最期を迎えます』って伝えたら、『騙された!』って笑ってましたが、実際にドラマを見たらあのインパクトは凄かった。さすがのエンターティナーぶりです」 【5位/本多忠勝の「鬼父」ぶり】 「本多忠勝の描き方も三谷さんらしい。娘の稲(吉田羊)を心配するあまり輿入れ衆に紛れて様子を窺うところが面白い。『草燃える』(1979年)でしたたかな三浦義村を [全文を読む]

さらば北条氏政! ようこそ伊達政宗、そして開催される“ずんだ餅”パーリィ!? 『真田丸』第24話「滅亡」徹底レビュー!!

おたぽる / 2016年06月21日20時00分

SNS上などを見ても盛り上がっていたのが、やはり最期のときを迎えた一連の氏政絡みのエピソード。信繁相手につぶやいた「どうせ秀吉と一戦交えるのなら、日の本を分ける大戦をしてみたかった……」という独白が実に格好良かった。それを言っている相手が、後に天下人を敵に回して大戦をしてのける信繁だから、なおさらいい。 また、長い間、戦い続けてきた家康、景勝、昌幸の強敵 [全文を読む]

長澤まさみ ツンデレ演技が大不評…「真田丸」撮影現場で「仲間はずれ」に!

アサ芸プラス / 2016年06月19日09時57分

史実上は、信繁の側室となり、最期まで添い遂げた生涯のパートナーだ。その特異なキャラについて、ドラマ解説者の木村隆志氏が語る。「現段階では、信繁に好意を寄せ続け、見込みがないとわかっても付きまとい続けるストーカーキャラ。時代劇でありながら、ドラマでは現代の女性のように描かれていて、『やだ~』とか『知らねぇ~』のように語尾を伸ばす“タメ口”のセリフが印象に残り [全文を読む]

フォーカス