石田三成 小早川秀秋に関するニュース

【好評につき第二弾!】石田三成「辞世の句」ふんどし、関ヶ原に向けての出陣日7月17日(日)より37枚限定発売!

PR TIMES / 2016年07月12日13時22分

SNS等で話題となり3日で完売した幸村ふんどしに続く第二弾!絶大な人気を誇る関ヶ原の戦い西軍の将 石田三成と、近年再び注目を集めるふんどしがコラボしました。自分用にも、プレゼントにも!サムライに特化した(株)DO THE SAMURAI(本社:東京都世田谷区 代表取締役社長:吉田 亮)は(社)日本ふんどし協会とのコラボ商品第二弾となる'石田三成「辞世の句」 [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

貴島誠一郎[TBSテレビ制作局担当局長/ドラマプロデューサー]* * *「敗軍の将、兵を語らず」と言いますが、岩井三四二さんの新刊「三成の不思議なる条々」(光文社)は、関ヶ原の合戦で西軍を率いた石田三成の挙兵の真実にせまる、ノンフィクション風の歴史小説。関ヶ原から30年。江戸の商人がさる人からの依頼で、天下分け目の合戦で敵の東軍武将家臣、三成の側近、若き日 [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】関ケ原古戦場で戦国武将達が残した「夢のかけら」を味わう

GOTRIP! / 2016年11月22日02時00分

毛利輝元が総大将を務め、石田三成が現場指揮官に立った西軍では、どうやら長期戦を想定していた形跡があるようです。 関ケ原の合戦は、関ケ原だけで行われたわけではありません。上杉、真田も協力して徳川家康の手足を少しずつもぎ取っていく。 そうして家康の野望を潰そうという狙いで多くの武将達が様々な活動をしていました。 ・三成の「夢のかけら」 石田三成が陣を置いた笹 [全文を読む]

岡田准一、東出昌大の業界内の“噂”を明かす 恐怖の“東出スマイル”を練習中<関ヶ原>

モデルプレス / 2017年09月05日20時21分

【岡田准一・東出昌大/モデルプレス=9月5日】V6の岡田准一が5日、都内で行われた映画「関ヶ原」の大ヒット記念イベントに、共演の東出昌大、メガホンをとった原田眞人監督、石田三成第15代目子孫の石田秀雄氏とともに登壇した。現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が620万部を超える司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を映画化した同作。戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦 [全文を読む]

石田三成の子孫 「秀秋に恨みない」と小早川家子孫に語る

NEWSポストセブン / 2017年08月26日07時00分

出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとされる“関ヶ原のキーマン”小早川秀秋の子孫・小早川隆治氏(76)、対する西軍を率いた石田三成の子孫・石田秀雄氏(67)と参謀・大谷吉継の子孫・大谷裕通氏(61)の4人だ。石田:私たちは因縁の仲(笑い)。特に小早川さんとは一度お話ししたいと思っていまし [全文を読む]

関ヶ原古戦場・笹尾山で「石田三成のすごさ」を再発見

しらべぇ / 2016年11月15日10時00分

石田三成という人物が、急激に見直されている。彼は最終的には歴史の敗者になってしまったが、じつは戦国有数の高度な頭脳を持つ文官だと一般層にも認知されるようになった。そもそも豊臣秀吉は、諸大名から見れば「小作人だった猿」に過ぎない。ではなぜその「猿」が、各国の猛者たちを配下に置くことができたのか。秀吉の威厳を高めるために、三成が投じた苦労は我々現代人には想像の [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

だが、東軍と西軍それぞれの総大将を正確に言える人はどれだけいるだろうか?東軍の総大将は徳川家康で、西軍は石田三成。そう思っている人は少なくない。だが、それは間違いだ。石田三成はあくまでも前線指揮官に過ぎず、西軍の総大将は当時大坂城にいた毛利輝元である。戦国時代を考察する上で、この人物は欠かせない。織田信長や豊臣秀吉のような派手さはないが、「中国地方の太守」 [全文を読む]

400年以上の時を経て、ついに石田三成が勝利? 9/15「関ヶ原の日」にちなみ、特別映像公開やスペシャルイベントなどが続々!

Movie Walker / 2017年09月14日20時00分

本作の題材である関ヶ原の戦いとは、1600年9月15日に関ヶ原を主戦場として行われた合戦で、“官僚派”の代表格・石田三成と“武断派”の武将たちが、豊臣秀吉が命じた朝鮮出兵をきっかけに対立を深めていったことに端を発する。やがて名だたる大名が、三成率いる西軍と、家康率いる東軍に分かれ、関ヶ原で激突。まさに日本を二分し、今なお“天下分け目の~”と枕詞が通じるほど [全文を読む]

岡田准一、業界内でうわさ?“東出スマイル”暴露 目笑わず口だけで…

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月05日21時05分

豊臣秀吉亡き後の天下をめぐって、徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成率いる西軍が激突した「関ヶ原の戦い」を描きだした司馬遼太郎のベストセラー小説を映画化した本作。興行通信社が発表している全国映画動員ランキングでも2週連続1位を獲得。早ければ明日にも動員100万人突破が期待されている。 しばしばイベントの場で、岡田が原田監督を「鬼」と呼んできたことから、 [全文を読む]

岡田准一『関ヶ原』裏テーマは“お腹痛い” 石田三成の末裔に伝わる

ORICON NEWS / 2017年09月05日19時25分

ゲストとして、岡田が演じた武将、石田三成の末裔(まつえい)・石田秀雄さん(石田三成第15代目子孫)が登場し、三成についてトークを展開した。 【写真】映画『関ヶ原』大ヒット記念イベントに出席した東出昌大 小早川秀秋役の東出昌大から「子々孫々に伝わる石田三成の人物像」を聞かれた石田さんは、お腹が弱かったことを明かし、「私の父も息子も弱い。私は昨日お腹を壊して、 [全文を読む]

V6岡田准一の恨み節に共演者謝罪 有村架純らと願望語る

モデルプレス / 2017年08月26日14時07分

戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを舞台に、主人公・石田三成役を岡田、三成の最大の宿敵・徳川家康役を役所、三成に仕える伊賀の忍びで、女性としても支え続ける初芽を有村が演じる。 “もしタイムスリップをして、関ヶ原の戦いに参加するとしたら、誰として参加したい?”との質問が飛ぶと、福島正則を演じた音尾が「石田三成だけはイヤだな。最後、福島正則に散々蹴られるのがイヤ [全文を読む]

岡田准一&東出昌大が変人対決!「櫻井・有吉THE夜会」

CinemaCafe.net / 2017年08月24日12時30分

豊臣秀吉亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか? そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽との密やかな“愛”の行方は…。権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近、両軍の間で揺れ、勝敗の鍵を握る小早川秀秋など武将たち、彼らを取り巻く女たちの“未来に向けた”戦いが [全文を読む]

役所広司&有村架純&東出昌大のメイキングも!『関ヶ原』特別映像公開

CinemaCafe.net / 2017年07月26日12時00分

豊臣秀吉(滝藤賢一)亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成(岡田准一)と、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか? そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村架純)との密やかな“愛”の行方は…。権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近(平岳大)、両軍の間で揺れ、勝敗の鍵を握る小早川秀秋 [全文を読む]

東出昌大、嫉妬狂い夫の次は裏切り者へ!? 『関ヶ原』でも怪演が止まらない

CinemaCafe.net / 2017年06月28日16時00分

『日本のいちばん長い日』『駆込み女と駆出し男』の原田眞人監督のもと、主人公の石田三成をNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画『蜩ノ記』以来の本格時代劇出演となる岡田さん、意外にも徳川家康役は初めてというベテランの役所さん、本格時代劇に初挑戦し、殺陣などのアクションにも挑んでいる有村さんをはじめ、現代の日本映画界を賑わす豪華キャストが大集結した本作。あの「関 [全文を読む]

岡田准一、役所広司らが“一世一代の戦”へ向けてまなざしギラリ

ザテレビジョン / 2017年06月06日10時00分

8月26日(土)に全国ロードショーとなる岡田准一主演映画「関ヶ原」より、鉄砲隊や騎馬隊が入り乱れる戦火の中、「『愛』と『野望』、激突!」のコピーとともに、これから始まる一世一代の戦を前に、甲冑を身にまとい真剣なまなざしを浮かべる岡田演じる石田三成と、役所広司演じる徳川家康を中心とする世紀の合戦「関ヶ原」へと挑んだ者たちが一堂に会した、本ビジュアルが公式サイ [全文を読む]

<テレビドラマとはフィクションである>大河ドラマ「軍師官兵衛」の史観もエンタテインメントとしてのひとつの見方

メディアゴン / 2014年12月28日02時43分

ところで、司馬遼太郎さんの名作歴史小説「関ヶ原」では、石田三成が主人公に描かれています。「関ヶ原」ファンである筆者は、戰に勝利した徳川史観によって賊軍・反逆者扱いをされることの多い三成の「NHK官兵衛」での扱いや描き方には若干の不満が残りました。これまでの戦国大河ドラマでも、あまり主要人物としては描かれることのなかった黒田官兵衛が主人公ですから、これは当然 [全文を読む]

小早川秀秋は開戦後すぐに裏切った!? 映画や小説によく描かれる関ヶ原合戦の名場面や逸話の多くは、後世に創作されたものだった!

PR TIMES / 2017年09月06日17時00分

その西側には、笹尾山の石田三成以下、島津義弘、小西行長、宇喜多秀家、大谷吉継ら西軍の諸将が鶴翼の陣で待ち構える。その南の松尾山には同じく西軍の小早川秀秋が、さらにその東の南宮山には毛利秀元が陣を敷いている。それに対峙する東軍は、北側の右翼に黒田長政、加藤嘉明、細川忠興らが、南側の左翼には福島正則、藤堂高虎らの諸将が布陣、その後方に徳川家康率いる軍勢が控えて [全文を読む]

東出昌大、岡田准一からの“むちゃぶり”に「今の絶対に書かれる!」

ザテレビジョン / 2017年09月06日05時30分

本作の大ヒットを記念して、9月5日に東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて舞台あいさつが行われ、岡田、東出昌大、原田眞人監督、そしてスペシャルゲストとして石田三成第15代目子孫の石田秀雄氏が登壇した。 石田三成役の岡田は「街を歩いていたら一般の方から“公開おめでとうございます”と言われるようになりました。これは一体どういう現象なのか、街を歩く人のほとんど [全文を読む]

岡田准一、石田三成の子孫とわかり合う! こっそり“お腹が弱い”演技に挑戦

マイナビニュース / 2017年09月05日19時33分

戦国時代に終止符を打った"関ヶ原の戦い"で石田三成(岡田)はなぜ徳川家康(役所広司)に負けたのか、封印された真実をひもとく。三成と淡い恋を育む伊賀忍び・初芽を有村架純が演じ、原田眞人監督がメガホンをとった。2週連続で興行収入1位となり、動員96万7,000人、11億8,000円を記録している。 今回はスペシャルゲストとして石田三成の子孫で、15代目当主の石 [全文を読む]

映画『関ヶ原』の原田眞人監督「石田三成は僕にそっくり」

文春オンライン / 2017年08月24日17時00分

秀吉亡き後、徳川家康(役所広司)率いる東軍が、石田三成(岡田准一)率いる西軍と関ヶ原で戦った史実をもとにした戦国絵巻だ。監督・脚本をつとめたのは、今年68歳になる原田眞人。 「『関ケ原』を題材に映画を撮ろうと考えたのは、実は25年も前のこと。その後、主人公のプランが小早川秀秋、島津惟新入道と変遷し、3年前に石田三成を主役にした映画を撮ろうと決心しました」 [全文を読む]

フォーカス