子孫 石田三成に関するニュース

関ヶ原子孫座談会 徳川、大谷、石田、小早川末裔が“和解”

NEWSポストセブン / 2017年08月22日16時00分

ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌は「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦国武将の子孫 [全文を読む]

石田三成の子孫 「秀秋に恨みない」と小早川家子孫に語る

NEWSポストセブン / 2017年08月26日07時00分

ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌は「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦国武将の子孫 [全文を読む]

岡田准一、東出昌大の業界内の“噂”を明かす 恐怖の“東出スマイル”を練習中<関ヶ原>

モデルプレス / 2017年09月05日20時21分

【岡田准一・東出昌大/モデルプレス=9月5日】V6の岡田准一が5日、都内で行われた映画「関ヶ原」の大ヒット記念イベントに、共演の東出昌大、メガホンをとった原田眞人監督、石田三成第15代目子孫の石田秀雄氏とともに登壇した。現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が620万部を超える司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を映画化した同作。戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦 [全文を読む]

石田三成の子孫 「石田家の男子はみんな腹が弱い『三成腹』」

NEWSポストセブン / 2016年05月07日07時00分

私や父もそうですが、受験の前日とかに限って下すんですよね(笑い)」 ※週刊ポスト2016年5月6・13日号 [全文を読む]

弘前藩の忍者集団「早道之者」組織化に石田三成の子孫関わり? 青森大忍者部研究 ANAが観光ツアーも

産経ニュース / 2017年09月09日11時27分

弘前藩に実在した忍者集団「早道之者(はやみちのもの)」の研究を行っている青森大忍者部は、戦国武将の石田三成の子孫が組織化に関わっていたのではないかとする研究成果をまとめた。著名な武将と同藩の意外な関係性を新たな観光コンテンツにしようと、全日空(ANA)がツアーを企画、広くPRすることにしている。 同大忍者部は、地域の魅力を発信する活動を続けている清川繁人薬 [全文を読む]

岡田准一、石田三成の子孫と対面、“お腹痛”のエピソードに驚く

Movie Walker / 2017年09月05日20時12分

岡田准一、東出昌大、原田眞人監督は、スペシャルゲストとして登壇した石田三成の15代目子孫・石田秀雄から、三成にまつわるいろんなエピソードを聞いて「噂は本当なんですね」と驚いた。 明日にでも観客動員数100万人を突破予定する本作。岡田は「大人の方も楽しめる作品を原田監督は作られているので。また呼ばれることを目標にと。鬼ヒットの上に修羅ヒットというのがあるので [全文を読む]

関ヶ原合戦で敗れた石田三成、処刑され血脈断絶はウソだった!大名と子孫、各地で延命

Business Journal / 2015年07月14日06時00分

ただ、僧侶の身なので妻帯は許されず、子孫を残せぬまま貞享3(1686)年に没した。 しかし、それで三成の血脈が途絶えたわけではなかった。意外にも都から遠く離れた東北は津軽の地に、その血筋が続いているのである。しかもなんと、藩主津軽氏の嫡流になっているのだ。津軽藩は関ヶ原合戦後、三成の遺児を密かに領内にかくまっている。藩祖津軽為信が、三成に多大な恩義があった [全文を読む]

東出昌大、岡田准一からの“むちゃぶり”に「今の絶対に書かれる!」

ザテレビジョン / 2017年09月06日05時30分

本作の大ヒットを記念して、9月5日に東京・有楽町のTOHOシネマズ 日劇にて舞台あいさつが行われ、岡田、東出昌大、原田眞人監督、そしてスペシャルゲストとして石田三成第15代目子孫の石田秀雄氏が登壇した。 石田三成役の岡田は「街を歩いていたら一般の方から“公開おめでとうございます”と言われるようになりました。これは一体どういう現象なのか、街を歩く人のほとんど [全文を読む]

岡田准一、業界内でうわさ?“東出スマイル”暴露 目笑わず口だけで…

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月05日21時05分

そしてこの日は、岡田が演じた石田三成の第15代目子孫となる石田秀雄氏も来場。「今までの石田三成は冷徹なお役人タイプ、小早川秀秋は凡庸なイメージで描かれてきましたが、この作品での三成は人間味を兼ね備えた、幅の広い人間、そして秀秋は利発な武将として描かれていて感心しました。ここから二人の再評価につながれば」と感激した様子を見せた。 その言葉に、「やはり三成公 [全文を読む]

岡田准一『関ヶ原』裏テーマは“お腹痛い” 石田三成の末裔に伝わる

ORICON NEWS / 2017年09月05日19時25分

ゲストとして、岡田が演じた武将、石田三成の末裔(まつえい)・石田秀雄さん(石田三成第15代目子孫)が登場し、三成についてトークを展開した。 【写真】映画『関ヶ原』大ヒット記念イベントに出席した東出昌大 小早川秀秋役の東出昌大から「子々孫々に伝わる石田三成の人物像」を聞かれた石田さんは、お腹が弱かったことを明かし、「私の父も息子も弱い。私は昨日お腹を壊して、 [全文を読む]

「真田丸」山本耕史が田んぼに現れた三成に感激!

Smartザテレビジョン / 2016年07月17日22時27分

実は、田舎舘村のある津軽の地を治めていた弘前藩津軽家は、1600年の関ヶ原の戦いで敗れた三成の子孫をかくまったという歴史があり、その縁もあって今回、田んぼアートとして三成、そして「真田丸」作中でも存在感を放つ真田昌幸が描かれることになった。 見ごろ宣言式は、約200人の来場者が見守る中、村庁舎展望台・4階展望デッキにて山本の他、鈴木孝雄村長、下絵作成者の山 [全文を読む]

岡田准一、東出昌大に無茶ぶり連発「今、東出スマイルしてる?」

映画.com / 2017年09月05日23時45分

イベント中盤には、スペシャルゲストとして石田三成の15代目子孫にあたる石田秀雄さんが登壇。岡田が、役作りについて「原作では『お腹が痛い!』という描写があるので、人間らしい三成を表現をしてきた」と話すと、石田さんは「過敏性腸症候群が15代続いている。私の父も息子も代々。私も昨日そうだったんです。やっと今日は治って、薬で抑えて来た」と腹痛に悩まされていること [全文を読む]

岡田准一、迫力の“東出スマイル”に何度も挑戦 石田三成役の裏テーマは「おなかが痛い」

エンタメOVO / 2017年09月05日21時04分

映画『関ヶ原』の大ヒット記念イベントが5日、東京都内で行われ、出演者の岡田准一、東出昌大と原田眞人監督、石田三成第15代目子孫の石田秀雄氏が出席した。 東出が「子々孫々に伝わっている石田三成の人物像」について質問すると、秀雄氏は「DNAが非常に濃くて。15代延々と続いている過敏性腸症候群。うちでは“三成腹”と言いますが、昨日はちょっとそうでした。薬で抑えて [全文を読む]

岡田准一、石田三成の子孫とわかり合う! こっそり“お腹が弱い”演技に挑戦

マイナビニュース / 2017年09月05日19時33分

今回はスペシャルゲストとして石田三成の子孫で、15代目当主の石田秀雄が登場。「今までずっと石田三成は冷徹、小早川秀秋は凡庸な裏切り人というマイナスイメージがつきまとっていました。今回の作品で払拭されて私も安心しました。再評価が始まると思います」と喜び、「これで死んでも死に切れます」ときっぱり語った。岡田は「個人的にはギリギリな三成を演じたつもりなんですよ [全文を読む]

徳川家の子孫「中等科の歴史の授業で戦国時代を飛ばされた」

NEWSポストセブン / 2017年08月23日16時00分

ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。 出席メンバーは、東軍の大将・徳川家康の子孫である徳川宗家18代目当主・徳川恒孝氏(77)、東軍に寝返ったとさ [全文を読む]

関ヶ原武将子孫座談会 徳川氏遅刻で石田氏の表情険しくなる

NEWSポストセブン / 2017年08月21日16時00分

ここで会ったが417年目──司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が8月26日に公開となり、1600年に行なわれた“天下分け目の戦い”に改めて注目が集まる中、合戦で火花を散らした戦国武将の子孫たちが集結した。時代と恩讐を超えた歴史的会談が実現したのである。 日本列島が猛暑に見舞われた8月某日、本誌・週刊ポストは「関ヶ原サミット」を開催すべく、都内某ホテルの一室に戦 [全文を読む]

阪急交通社で関ヶ原ゆかりの地を訪れ、映画「関ヶ原」を見に行こう!阪急交通社は 映画「関ヶ原」の製作に参画しました

@Press / 2017年07月04日18時15分

また、9月18日(月・祝)には、岐阜県関ヶ原町の関ヶ原ふれあいホールにて、『井伊家の教え』の著者であり、滋賀県彦根市出身の田原総一朗氏による特別講演や、石田三成公の子孫による石田家についての特別講演、武将隊による演舞や大砲隊のデモンストレーションなどの特別イベントを開催します。この特別イベントは、JR大阪駅・京都駅からJR彦根駅まで懐かしの名車両117系 [全文を読む]

阪急交通社で関ヶ原ゆかりの地を訪れ、映画「関ヶ原」を見に行こう! 阪急交通社は 映画「関ヶ原」の製作に参画しました

PR TIMES / 2017年07月04日17時40分

また、9月18日(月・祝)には、岐阜県関ヶ原町の関ヶ原ふれあいホールにて、『井伊家の教え』の著者であり、滋賀県彦根市出身の田原総一朗氏による特別講演や、石田三成公の子孫による石田家についての特別講演、武将隊による演舞や大砲隊のデモンストレーションなどの特別イベントを開催します。この特別イベントは、JR大阪駅・京都駅からJR彦根駅まで懐かしの名車両117系 [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(2)家康vs三成の暗殺勝負!

アサ芸プラス / 2017年01月22日17時54分

『問鉄砲』を命じた家康の判断が勝利をもたらしたとすることで、家康や、その子孫の徳川将軍家の権威を高めようとした江戸時代の作り話の可能性が高いと思います」(安田氏) 同様に徳川の威光を知らしめるために創作されたと言われるのが、石田三成にまつわる話である。 豊臣秀吉の死後、豊臣家内で軍務を担う武断派と、政務担当の文治派が対立。加藤清正、福島正則らの武断派の7人 [全文を読む]

今夜の予習!恋愛・結婚が運命を変える大河ドラマ『真田丸』

しらべぇ / 2016年04月10日19時00分

画像はNHK『真田丸』公式サイトのスクリーンショットなおこの竹林院が産んだ子孫は、大阪夏の陣で信繁が討ち死にした後も、仙台真田家などで現代まで命脈を保っている。■兄・信幸にも新たな出会いが先週の放送では、上田城にほど近い砥石城から騎馬を駆って参戦し、槍を振るって活躍した真田信幸。今は、「こう(清音院)」という病弱な妻を正室としている。清音院は、信幸・信繁兄 [全文を読む]

フォーカス