病気 水嶋ヒロに関するニュース

絢香が第1子出産も水嶋ヒロは“ヒモ状態”…家族の行く末を心配する声も

デイリーニュースオンライン / 2015年06月19日15時50分

今回の出産報告に、ネット上は 「おめでとうございます!!!!絢香おつかれさま!!!!すごい素敵な写真!」 「写真凄く素敵!」 「おめでとうございます!!! ご病気されながらの出産は、同じ病気をされてる方の勇気になると思います!」 「産後のパパのサポートは120%大切です!ママのケアをしてあげてください(^ω^)」 と祝福のメッセージで溢れ返っている。しか [全文を読む]

絢香の妊娠発表に祝福ムード、その裏で夫・水嶋ヒロの「ヒモ化」「引退状態突入」を危惧する声

メンズサイゾー / 2014年12月27日12時00分

水嶋のInstagramなどに「妊娠おめでとう」「二人の子どもだから絶対可愛いよ!」「同じ病気の人達の励みになる」などといったコメントが殺到しており、メディアも祝福ムードで伝えている。 だが、この妊娠をきっかけに水嶋の"ヒモ化"が進んでしまうのではないかと危惧する声がある。 「事務所の実質的な稼ぎ手は絢香だけですから、妊娠・出産があっても長期の休養は難しく [全文を読む]

もはや専業主夫!? 水嶋ヒロが連日「クッキー作り」をブログで報告

アサジョ / 2017年07月25日18時15分

「水嶋は10年に病気治療のために歌手活動を休止した絢香を支えるため俳優業を休止。現在も復帰した絢香のサポートを続けていますが、世間からはヒモ状態と見られてしまっているのが現状。ネットのライブ配信番組に出演するなど芸能活動はしているものの、あまり浸透していないようですから依然としてその見方は変わらないようです。毎日馬車馬のように働いているお父さんたちからすれ [全文を読む]

山本裕典芸能界引退でジワジワ広がる「仮面ライダーの呪い」

アサ芸プラス / 2017年03月30日17時58分

高橋龍輝が16年に病気療養のため芸能界引退。ほのかりんが未成年飲酒で事務所との契約解除。脇役で出演した冨田真由はストーカーからの暴行で瀕死の事態に。『仮面ライダー』シリーズは作品数もキャストも多いので、こういった話が続くと『呪い』と言われやすい部分がありますね」(芸能ライター) ちなみに、昭和のライダーでも「仮面ライダースーパー1」(TBS系・80年10月 [全文を読む]

音楽業界関係者は我慢の限界? スタッフに嫌われている“歌姫”3人を大暴露!!

サイゾーウーマン / 2016年11月28日08時00分

病気療養を経て、11年に活動を再開した絢香も嫌われています。夫の水嶋ヒロともども嫌っている音楽関係者は多いですよ。絢香は、水嶋のイエスマンというか、芸能活動の方針から言動まで、全て彼の意思に合わせているようで、スタッフよりも、夫の顔をうかがっているんです」 12年、年明け早々情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演し、小倉智昭のインタビューに応じた [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

娘が非行に走った時、家族はどうする?『積木くずし』病気で色素が薄く髪色が明るいことからいじめにあい(後に性暴力もあったことが判明)非行に走ってしまった娘を、警察の協力とともに立ち直らせた実在の俳優の著書を元にした『積木くずし ~親と子の200日戦争~』。 両親に愛されながらも、両親のW不倫など複雑な家庭環境から、愛を信じることの出来ない繊細な娘の心が描か [全文を読む]

水嶋ヒロ、“ヒモ夫”状態なのに億ション生活の怪!? 絢香が大金を稼げる理由とは

サイゾーウーマン / 2015年04月10日13時00分

09年に事務所を設立後、絢香は病気によって活動休止を余儀なくされたが、11年末に復帰。昨年3月発表の「にじいろ」がNHK朝の連続ドラマ小説『花子とアン』の主題歌に起用されヒットとなり、同年末の『第65回NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、闘病や妊婦生活の中でも仕事に励んでいるという。しかし一方の水嶋はというと、最近ほとんど仕事をしていないようだ。 「水嶋は [全文を読む]

ギャラ配分で揉めた?江角マキコ事務所退社のウラ事情

東京ブレイキングニュース / 2014年05月21日14時10分

江角がバラエティに出始めたのは弟さんの病気が発覚した頃と一致します。江角は女優としてアーティスト志向が強く、当初はバラエティを毛嫌いしていたのですが、背に腹は変えられなくなった。今や西川史子と共に、バラエティでの嫌われ曲者役で欠かせない存在となっている。それもこれももう一つの家族を養うためなんでしょうね」(前出・週刊誌芸能デスク) 今回、設立した個人事務所 [全文を読む]

『黒執事』脚本にダメ出しの水嶋ヒロ、私生活では絢香の「執事」状態!?

サイゾーウーマン / 2013年01月17日09時00分

病気の絢香を支える良き夫という声も一部にはあるようですが、やはり芸能界では、彼らを疑問視する意見が大半を占めています」(芸能プロ関係者) 今後行われるであろう映画のプロモーション活動でも、マスコミからの監視は続きそうだ。 [全文を読む]

“北”と引き裂かれた在日家族の愛『かぞくのくに』上映開始

NEWSポストセブン / 2012年08月07日16時00分

北にいる兄が病気療養のため短期間だけ許されて日本に帰ってくる。二十五年ぶり。家族は温かく迎える。 しかし、どこかぎこちない。兄はほとんど笑顔を見せないし、口数も少ない。ホンネなど話せる筈もない。それを分かっているから両親も当り触わりのないことしか言えない。自由な日本に育った妹は、そんな状態にいらだつが、兄のあきらめに似た沈黙の前には何も言えなくなってしまう [全文を読む]

フォーカス