明石家さんま 深田恭子に関するニュース

大和ネクスト銀行調べ シニアが一緒にスポーツ・運動を楽しみたい芸能人3位「吉永小百合さん」2位「タモリさん」、1位は?

@Press / 2017年03月30日15時45分

◆シニアがお花見でこの人の一発芸を見たいと思うお笑い芸人2位「ピコ太郎さん」、1位は? シニア男性では「北野武さん」、シニア女性では「斎藤司さん」がTOP5にランクイン また、全回答者(1,000名)に、【お花見でこの人の一発芸を見たいと思うお笑い芸人】を聞いたところ、1位は「明石家さんまさん」(56件)、2位「ピコ太郎さん」(32件)、3位「コロッケさ [全文を読む]

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

Netflixが又吉直樹の芥川賞作品『火花』をドラマ化したのは大いに話題になったし、同社はこの夏に明石家さんま企画・プロデュースで、ジミー大西の半生を描いたコメディードラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』も配信予定だ。 いや、そこまで大がかりじゃなくても、Netflixはフジテレビと組んで、少女コミックが原作の若者向けドラマ『グッドモーニング・コ [全文を読む]

ランキングに変動も! 好感度調査、ガッキーが初のトップ3入り! 男性の1位は?

Suits-woman.jp / 2017年04月10日08時00分

男性タレント 人気度 ベスト20 1位:阿部寛 2位:マツコ・デラックス 3位:錦織圭 4位:明石家さんま 5位:タモリ 6位:イチロー 6位:博多華丸・大吉 8位:所ジョ-ジ 9位:内村光良 10位:相葉雅紀 11位:大泉洋 12位:渡辺謙 13位:桑田佳祐 14位:松岡修造 15位:ビートたけし(北野 武) 15位:阿部サダヲ 17位:中居正広 18 [全文を読む]

もはや歯止めが利かない……福山雅治のタレントイメージが崩壊危機! 新垣結衣の好感度が急上昇

日刊サイゾー / 2017年03月30日23時30分

★男性タレント人気度上位20 1位=阿部寛、2位=マツコ・デラックス、3位=錦織圭(テニス)、4位=明石家さんま、5位=タモリ、6位=イチロー(マイアミ・マーリンズ)、6位=博多華丸・大吉、8位=所ジョ-ジ、9位=内村光良(ウッチャンナンチャン)、10位=相葉雅紀(嵐)、11位=大泉洋、12位=渡辺謙、13位=桑田佳祐、14位=松岡修造、15位=ビ-トた [全文を読む]

亀梨和也「結婚しても料理はやりたい」とアピール

日刊大衆 / 2017年03月14日12時05分

家事好きだという意外な素顔を明かし、司会の明石家さんま(61)や、タレントのマツコ・デラックス(44)らを驚かせる場面が見られた。 この日の企画は“緊急!! 実はヤバイぞ日本”というもので、専門家たちが現在の日本が抱えている問題点を指摘し、トークが繰り広げられた。この中で教育評論家の尾木直樹氏(70)が、日本人男性が世界で最も家事に協力的でないと説明し、ブ [全文を読む]

「さんまのまんま」年2回スペシャル継続の理由はさんまの「ラブメイト探し」!?

アサ芸プラス / 2016年08月05日17時59分

明石家さんま司会のトーク番組「さんまのまんま」(フジテレビ系)が9月25日放送で終了し、31年6カ月の長い歴史に幕を閉じることになった。昨年4月に迎えた放送30周年をひと区切りとし、打ち切るのだという。さんまのレギュラー番組の中でも一番の長寿番組をよくあっさり打ち切りにできたものだが、テレビ誌記者がそのからくりを解説する。「さんまのレギュラー番組は『痛快! [全文を読む]

「しくじり先生」で炎上の新山千春に若者が「そもそも誰なのかわからない」

アサ芸プラス / 2015年10月14日17時59分

今年5月には「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で明石家さんまから大いにイジられるなど、どうやら年上に好かれるタイプのようだ。 それゆえ2004年に黒田と結婚した時は、新山のほうがはるかに知名度が高く、逆格差婚として話題になったほど。2006年に長女の小春を出産し、それを機にママさんタレントとしての出演がメインとなった。『笑っていいとも!』(フジテレビ [全文を読む]

毒舌チャラ男キャラ早くも崩壊! ウーマン村本が元カノに送った恐怖の手紙

messy / 2014年03月06日18時00分

これがかなりのハイクオリティで、MCの明石家さんまもまさかの完成度に驚いてしまうのだった。清水くんは自作のラブソングを歌い終わると、「僕と付き合ってください!」と、改めて11回目の告白をし、盛り上がるスタジオ。しかし、彼女は付き合って4年となる彼氏の存在を明かしたのだった。あらら~、残念! 清水くんは「このままゴールインのタイプっすね!」と開き直って笑い [全文を読む]

フォーカス