父親 森山直太朗に関するニュース

森山直太朗、義兄・小木博明にマジギレ!?

日刊大衆 / 2016年09月27日20時00分

森山がその女性と会ったときは意気投合はしたのだが、「その女性の方が少し会話の中で父親の話っていうのが割とベーシックにあるんですよ。若干ファザコン気味」だったため、会話のほとんどが父親の話だったのだという。 後日、小木からその女性はどうだったか聞かれた森山が、「父親の話ばかりだったのが気になる」と言ったところ、なんと小木がそのことをラジオで話してしまった。 [全文を読む]

カラオケで男の株が上がる! OLたちがキュンキュンする曲とは…

週プレNEWS / 2017年04月07日15時00分

私もうれしかったので、「自信がなくなるアラサー女子に元気を与えてくれてありがとう! 10年後に会いたいね」と胸を押しつけてほっぺにチューしてあげました♪ (身長171cm、体重53kgで帰国子女な広告・29歳) ●父親世代のバラード 父親世代の曲は、意外と小さい頃に聞かされて知っているもの。私好みのしっとり聞けるバラードが多いです。歌のうまい上司が、飲み会 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森山直太朗が語る、親に対する感謝の心。「余すことなく、自分らしく生きていく」

TechinsightJapan / 2014年08月11日19時00分

8月9日放送の『サワコの朝』(TBS系)の司会・ 阿川佐和子は幼い頃から、著名な作家である父親に自分が読書をしている姿を見られるのが、苦痛で仕方がなかったと語る。彼女が読んでいる本を見ては「こんなものを読んでいる時間があったら、日本の古典を読め!」と、いつも父から怒鳴られていたからだ。怒鳴られ続けたことで、読書自体が苦手になってしまったのだ。好きなことを [全文を読む]

「気がつけば、アラフォー子なし夫婦に!」あなたの知らないリアルな妊活の世界

It Mama / 2016年02月22日23時00分

3年間にも及ぶ不妊治療の末に、やっと子どもを授かった『俺たち妊活部―「パパになりたい! 」男たち101人の本音』の筆者・村橋ゴローが自身の妊活エピソードを語りながら、不妊治療を考えている方へ必勝法をやさしく語りかける、短期集中連載スタート!■「あなたの子どもが産みたいの」現在1歳6ヶ月になる、男の子をもつ父親である僕は、3年間にも及ぶ不妊治療の末に、やっと [全文を読む]

電子版同時発売!「文藝春秋」10月号で芥川賞作家又吉直樹氏と羽田圭介の特別対談

ITライフハック / 2015年09月11日09時00分

■阿川佐和子さんによる父親を偲ぶ特別寄稿ほかにも、今年8月に逝去した作家、阿川弘之氏を、ご息女の阿川佐和子さんが偲ぶ特別寄稿、日本を代表するゴルファーに成長した松山英樹選手の独占インタビューなど、いま話題のテーマが凝縮された一冊となっている。■「文藝春秋」9月号電子版は1万5000超のダウンロードを達成「文藝春秋」9月号は第153回芥川賞受賞作の『火花』『 [全文を読む]

松田優作の娘・Yukiは宇多田ヒカルを越えられるか?

アサ芸プラス / 2015年06月09日17時58分

「俳優だったら『確かにこの人は父親と似てる』などと視覚的興味や親子関係そのもので人気につながることがありますが、歌手にとって見た目は二の次。いい音楽を発信しなければ見向きもされません。Yukiが注目されているのは、先にいい音楽を発信した後で血筋を公表したから。彼女はなかなかの実力者です」(大手レコード会社社員) 果たしてYukiは宇多田ヒカルを越えられるか [全文を読む]

花代と点子が日本舞踊を舞う!親子の“卒業晴れ舞台”を応援しよう。

NeoL / 2015年05月17日15時52分

そして、そんな花代とドイツ人の父親の間に生まれた一人娘であり、モデル・女優・アーティストとして活躍する18歳の点子。 娘を幼少期から被写体としてフィルムに収め続け、写真集など様々な作品に起用したり、写真以外の活動やコラボレーション作品も数多く共作している二人だ。この秋から点子がニューヨークの大学へ進学するにあたり、親子での活動はいったん卒業。そんな“共同 [全文を読む]

坂崎幸之助がゲスト登場! 『アコースティック・ギター・マガジン』主催トーク&ライヴ・イベント【本日より一般チケット発売開始】

PR TIMES / 2015年04月17日10時00分

17歳で、父親の旧友でもあるシンガーソングライター・西岡恭蔵のアルバムでセッション・デビューを果たす。スティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者として、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、斉藤和義、くるり、星野源、等のレコーディングやライブで活躍中。ソロ・アーティストとしても今までに5枚のアルバムをリリース。2007年、ヱビス<ザ・ホップ>、プリングルズのT [全文を読む]

音楽専門誌『アコースティック・ギター・マガジン』主催による トーク&ライヴ・イベント第3回ゲストに、押尾コータローが登場

PR TIMES / 2014年10月03日13時10分

17歳で、父親の旧友でもあるシンガーソングライター・西岡恭蔵のアルバムでセッション・デビューを果たす。スティール・ギターをはじめとするマルチ弦楽器奏者として、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、斉藤和義、くるり、星野源、等のレコーディングやライヴで活躍中。ソロ・アーティストとしても今までに5枚のアルバムをリリース。2007年、ヱビス<ザ・ホップ>、プリングルズのT [全文を読む]

ティーナ・カリーナの『あんた』が「泣ける歌」として人気UP

NEWSポストセブン / 2012年11月11日16時00分

父親は関西二期会に所属するオペラ歌手で、中学校の音楽教師(現在は大学講師)。母親はピアノとエレクトーンの講師だ。 「流行りのJ-POPからホーミー(民族音楽)までいろんな音楽を聴いて育ちました。中学高校は吹奏楽部。歌はカラオケで歌う程度だったんですが、中学3年の時、母が“ボイトレ(ボイストレーニング)に行かないの?”って、勧めてくれたのがきっかけです」 聴 [全文を読む]

フォーカス