石原慎太郎 石原裕次郎に関するニュース

7ドルのルノワール絵画と「裕次郎の麻雀牌」から学ぶ日米の法律格差

WooRis / 2014年01月25日12時00分

似たような事例として、以前『石原裕次郎記念館』に展示されていた故石原裕次郎氏所有の麻雀牌を、兄の石原慎太郎元都知事(当時はまだ都知事になる前)が所有権を主張して騒ぎになったことがありました。その麻雀牌は、故石原裕次郎氏が若い頃、石原慎太郎氏宅から黙って持って帰り、自分の宝物として大切にしていたそうです。麻雀牌が自宅から無くなった当時、石原慎太郎氏は傷心の思 [全文を読む]

石原裕次郎 恋人を自宅に招いた時両親は取り乱し、緊張した

NEWSポストセブン / 2012年01月09日07時00分

昭和44年に『スパルタ教育』(光文社)という本を上梓し話題をさらったこともある石原慎太郎・東京都知事(79)にプロインタビュアー、吉田豪氏が石原流子育て論を聞いた。 * * * ――『スパルタ教育』以外にもお母さんの本『おばあちゃんの教育論』(石原光子/昭和61年/ごま書房)も読みましたけど、都知事の子育て論にはお母さんの影響が強いと思うんですよ。「幼い子 [全文を読む]

「松井秀喜は、長嶋茂雄の唯一の理解者」一茂が秘話明かす

Smartザテレビジョン / 2017年05月16日11時00分

5月15日放送の「しゃべくり007 2時間SP」(日テレ系)に、偉大な父、長嶋茂雄、石原慎太郎を持つ、長嶋一茂、石原良純が登場。 石原慎太郎の息子であり、“昭和の大俳優”石原裕次郎の甥でもある良純は、俳優として活動するようになった際、おなじ俳優の大先輩にもなる裕次郎のもとへアドバイスをもらいに行くと、挨拶をしろ、時間を守れ、という2つだけを教えられたという [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(3)石原裕次郎がひた隠しにしたある関係

アサ芸プラス / 2017年01月03日09時55分

約二カ月間、まき子夫人や実兄の石原慎太郎氏、石原プロの関係者をのぞいて、ずっと「面会謝絶」の状態が続き、芸能界の一部には重体説も流れた。そんな六月中旬、二人の美女が相次いで、報道陣を避けるように「面会謝絶」の病室を訪れている。京都・祇園の元芸妓で、現在は祇園の高級クラブ「千子」の千子ママである〉(同号) 芸能人が大好きで、勝新太郎や津川雅彦とも浮名を流し、 [全文を読む]

マツコが「今年は60年に一度の大荒れの年」と言及、実は60年前も凄かった!

アサ芸プラス / 2016年11月28日09時59分

1956年は、映画「太陽の季節」にチョイ役で出演した故・石原裕次郎が、石原慎太郎の短編小説を映画化した同年の「狂った果実」で日活から本格的に俳優デビューし、故・高倉健が「電光空手打ち」で東映から映画デビューを果たした年だ。「ここから石原裕次郎と高倉健は、市川雷蔵、勝新太郎、萬屋錦之介とともに戦後を代表するスターになっていきます。言わば56年は、戦前からの [全文を読む]

石原慎太郎、福田赳夫... 彼らと共に伝説のUMA「ネッシー」を探して/康芳夫インタビュー

tocana / 2015年08月04日18時00分

代表的なオカルトワークといえば、1973年に石原慎太郎前東京都知事を隊長に結成された、国際ネッシー探検隊であろう。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/08/post_6978.html】■石原慎太郎とネッシーを探して「慎太郎さんも先日脳梗塞で倒れちゃいましたね。僕はブログに"もう一回ネッシー行こうよ"って書いておきましたけど [全文を読む]

憲法前文の“てにをは“を攻撃した石原慎太郎の“てにをは“がヒドい!

リテラ / 2014年11月04日19時30分

「日本国憲法は日本語として明らかに間違っている!」 相次ぐ閣僚のスキャンダルで荒れる国会だが、30日の衆院予算委員会で次世代の党の最高顧問である石原慎太郎がこんな理屈で安倍晋三首相に"改憲"を迫った。 石原が問題にしたのは、前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」というくだり。石原によれば、この「信義に」は文法的に間違いで、「信義を」が正しい [全文を読む]

発言や人格ではなく、作品から読み解く「作家」石原慎太郎の真価

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月20日11時50分

東京都知事を務めていたときに「東京へオリンピックを」と言い出した張本人であり、きわどい発言がしばしば取り沙汰される衆議院議員、石原慎太郎氏(ちなみに公式サイトのタイトルは「宣戦布告.net」だそうです……)。しかし石原氏が今も現役の小説家だと知っている人、その作品を読んだことがある人というのは意外と少ないのではないか? また戦後の文学史で重要な位置を占める [全文を読む]

舘ひろし 紅白で石原裕次郎と“共演”を芸能レポーターが期待

NEWSポストセブン / 2012年12月03日07時00分

石原軍団総出演で、もしかしたら、映像で裕次郎さんとの“共演”もあるかもしれない」 ※週刊ポスト2012年12月14日号 【関連ニュース】石原裕次郎 手術直前の遺書「あらゆる物件を妻・まき子に譲る」石原裕次郎 恋人を自宅に招いた時両親は取り乱し、緊張した今年の紅白歌合戦出場者を大胆予想 演歌歌手の数は8割減少紅白出場危機の小林幸子の衣装「メガツリー」構想があ [全文を読む]

石原慎太郎国政復帰「打ち上げ花火で終わる」と鳥越俊太郎氏

NEWSポストセブン / 2012年11月04日16時00分

10月25日、東京都知事を辞任し、国政への復帰を表明した石原慎太郎氏(80才)。テレビや新聞は連日、橋下徹大阪市長(43才)率いる日本維新の会との連携によって、「石原旋風が吹き荒れる」「第三極を結集か?」と大々的に報じている。 しかし、ジャーナリストの鳥越俊太郎さん(72才)は、都知事としての石原氏についてこう疑問を呈する。 「発信力のある人なので、中央官 [全文を読む]

石原裕次郎死去で慎太郎氏が海洋散骨願うも、法律で断念した

NEWSポストセブン / 2012年10月25日07時00分

まず1987年、石原裕次郎がなくなった時、兄の石原慎太郎が、「海を愛していた弟は、海に還してあげたい」と海洋散骨を計画するが、当時の法解釈(刑法190条、墓地、埋葬等に関する法律)では認められず断念。 しかし1991年に「葬送のための祭祀で節度を持って行なわれる限り違法ではない」と法務省が発表。これ以降「他人の土地に無断で撒かない」「散骨場所周辺の住民感 [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

65年の夏木陽介主演の『青春とはなんだ』(ちなみに原作は石原慎太郎の同名小説)を皮切りに、『これが青春だ』、『でっかい青春』、『進め!青春』――等々と続くシリーズ。かと思えば、松竹の制作する森田健作の『おれは男だ!』シリーズもあった。中村雅俊の『俺たちの旅』に始まる“俺たち”シリーズも。いずれも日曜8時枠だった。 もう一つの系譜は、水曜8時枠。こちらは石立 [全文を読む]

石原良純「パトカーでデートした」青春時代の秘話を語る

日刊大衆 / 2017年02月17日18時00分

石原慎太郎さんの子どもで、俳優になったのは石原良純さんだけ。裕次郎さんには子どもがいなかったので、自分と同じ道を選んだ甥の良純さんを、かわいがっていたのでしょう。しかし、当の良純さんは石原プロをすぐに辞めてしまい、現在は気象予報士でありながら、ニュース番組でコメンテーターとして活躍するタレントに。我が道を行くところは、石原家らしさかもしれませんね」(芸 [全文を読む]

遺骨の扱いに困る現在の日本 デヴィッド・ボウイは散骨予定

NEWSポストセブン / 2016年01月29日07時00分

日本では1987年、石原裕次郎(享年52)が亡くなった時、兄の石原慎太郎(83才)が、「海を愛していた弟は、海に還してあげたい」と海洋散骨を計画したが、当時の法解釈(刑法190条、墓地、埋葬等に関する法律)では認められず断念。しかし1991年に「葬送のための祭祀で節度を持って行われる限り違法ではない」と法務省が発表。これ以降「他人の土地に無断で撒かない」 [全文を読む]

小さな地方店だったスタバ、なぜ世界展開?すべては偶然と直感と友情が始まり

Business Journal / 2015年07月04日06時00分

その様子を裕次郎の兄・石原慎太郎氏が『太陽の季節』(新潮社)という小説に描き、芥川賞を受賞。戦後間もない1950年代に突然現れた豊かで自由な若者風俗は、世間を驚かせました。 持って生まれたセンスと育った環境の相乗効果によって、角田氏と鈴木氏は誰も思いつかなかった方法で、ファッションや飲食のブランドを次々と成功させていました。ライフスタイルという言葉を日本中 [全文を読む]

石原良純が示す二世タレントの3つの極意 フジテレビ系『有吉弘行のダレトク!?』(3月3日放送)を徹底検証!

日刊サイゾー / 2015年03月06日19時00分

確かに父親はかの石原慎太郎であり、その弟は石原裕次郎、誰もが道をあける名門中の名門である。そんじょそこらの二世タレントとは比べ物にならない、いわば、二世タレント中の二世タレント。そのイメージは、やはり石原良純に延々とついて回るものなのだ。 二世タレントは大成しない、というジンクスがよく言われる。これはある意味で真実であり、ある意味で誤りである。確かに大成し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪・番外編】“追悼 高倉健さん”を『徹子の部屋』で放送。過去の出演では「温泉に入るだけの映画」と夢を語っていた。

TechinsightJapan / 2014年11月18日14時10分

さらに、『ワイド!スクランブル』から石原慎太郎氏へのインタビューが放送され、石原氏は健さんの訃報に「最後のビッグスターだった」と悲しみを表すと、弟の石原裕次郎さんなど人気者は短命が多い中で「健さんだけはビッグスターの償いを背負わずに健全に長生きした稀有な人だった」と語った。 俳優として最後まで手を抜かずに全身全霊をかけた高倉健さん。FAXには「往く道は精 [全文を読む]

フォーカス