評価 井上尚弥に関するニュース

「7対3でゴンサレス有利だがリスクもある」WBO王者、井上尚弥がライバル王者の防衛戦を予想!WOWOWが独占インタビュー

PR TIMES / 2017年03月07日09時30分

3/19(日)午前10:00~WOWOWライブにて「エキサイトマッチ ゴロフキン&ロマゴン最強王者ダブル世界戦」を生中継![画像: https://prtimes.jp/i/1355/3599/resize/d1355-3599-708641-0.jpg ]階級を超えたボクサーの総合的な実力ランキング「パウンド・フォー・パウンド」で現役最強の評価が定着して [全文を読む]

19歳の“怪物”田中恒成、日本ボクシング史上最短の世界獲りを狙う逸材は井上尚弥を超えられるか?

週プレNEWS / 2014年10月29日06時00分

アマチュア時代からその素質を高く評価され、ここまでプロで3試合をこなしてきた田中恒成(こうせい)。10月30日に予定される次戦で早くも東洋太平洋タイトルに挑戦するが、これに勝てば史上最短記録となる「5戦目での世界獲り」が期待される! 「新記録は狙っていますよ。次の試合に勝ったら、プロ5戦目で世界戦を組むつもりです」 そう明言するのは、畑中ボクシングジム会長 [全文を読む]

日本人ボクサーの明暗――村田諒太と井上尚弥の今後は?

週プレNEWS / 2017年05月31日11時00分

「まったく納得できませんが、とにかく手数だけを評価したということではないでしょうか。ただ、村田選手はベルトこそ手にできませんでしたが、新チャンピオンと同等以上の力があることを世界に証明しました。いずれ訪れるであろう再チャレンジの機会に期待したいです」 一方、21日に5度目の防衛を果たしたWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(なおや・大橋)を、原氏はこ [全文を読む]

井上尚弥、ライバル王者の防衛戦に「リスクのある試合」

Smartザテレビジョン / 2017年03月04日16時02分

今回特に注目を集めているのはやはり、階級を超えたボクサーの総合的な実力ランキング「パウンド・フォー・パウンド」で最強の評価が定着しているゴンザレスの勝敗だ。年内にもゴンサレスとの頂上決戦が期待され、また同番組ではゲスト解説者を務める井上尚弥選手が、ライバル王者の防衛戦を語った。■ ゴンサレスはすべての面でずば抜けている──井上選手は昨年、3度の防衛を果たし [全文を読む]

天才メイウェザー、49連勝の先にあるのは引退?それとも?『フロイド・メイウェザーvsアンドレ・ベルト』9月13日(日)WOWOWにて生中継!

PR TIMES / 2015年09月12日17時34分

一部メディアから「最も挑戦に値しない選手」という嬉しくない評価まで出ている、いわば格下だ。しかし、インファイトでの鋭い強打でKO勝利を稼いだベルトに、判官びいきの期待が集まっているのも事実。特に右のショートアッパーは“もしかしたら”と思わせるに十分な実績がある。“挑戦に値しない”ベルトが世紀の大番狂わせを起こすのか? それともメイウェザーが49勝無敗を達成 [全文を読む]

ロマゴンとの対戦も…最速世界王者を達成した田中恒成の噂される次回ビッグマッチは?

週プレNEWS / 2015年06月10日06時00分

名古屋の中京大学に在籍する現役大学生でもある田中は、アマチュア時代からその素質を高く評価され、“中京の怪物”のニックネームで将来を嘱望(しょくぼう)されてきた。5戦目での戴冠(たいかん)は、現WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(なおや・22歳・大橋)の6戦目を抜く新記録だ。 メキシコの強打者、フリアン・イエドラスと空位の王座を争った田中は、電光石火 [全文を読む]

村田諒太 プロ転向も「課題はスピード不足」と元王者の声

WEB女性自身 / 2013年04月26日07時00分

今回、スーパーホープの井上尚弥のプロ3戦めと合わせて放映しましたが、今年の大晦日にも他局に対抗する番組を作るなかで、早くも2人セットでの試合を放映する噂も出ています」(スポーツ紙記者) そして注目が集まるなか、アマ時代から村田を取材しつづける格闘技ライターも彼の実力を高く評価する。 「世界王座を狙える存在になれる。日本のミドル級の選手にはなにかしら穴がある [全文を読む]

フォーカス