上戸彩 稲垣吾郎に関するニュース

TBSラジオ 「大沢悠里のゆうゆうワイド」 女優の上戸彩さんが生出演!映画「おしん」を語る!

PR TIMES / 2013年10月11日13時52分

大沢悠里のゆうゆうワイド 月~金 8時30分~13時 本日(10/11・金)放送のTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」に女優の上戸彩さんが生出演されました。 大ヒットドラマ「半沢直樹」では堺雅人演じる半沢を支える妻役として好演、そして明日、10月12日より全国公開の映画「おしん」ではおしんの母親役として熱演されている上戸さんにお話を伺いました。 198 [全文を読む]

上戸彩が名作ドラマ『おしん』映画版でSMAP稲垣吾郎と夫婦役“母親キャラ”戦略は成功するか?

日刊サイゾー / 2012年12月03日13時00分

「子役はオーディションで選ばれるのですが、母親役に上戸彩さん、父親役にSMAPの稲垣吾郎さんが選ばれました。クランクインは来年1月で、2月末までの撮影を予定しています。ロケはすべて、ドラマの主な舞台となった山形県で行われるそうです」(映画関係者) おしんは、山形の貧しい農村に生まれ、明治、大正、昭和をたくましく生き抜いた女性の生涯を日本の経済成長と重ね合 [全文を読む]

SMAPの独立メンバー、9月以降の”海外拠点説”が浮上する背景

デイリーニュースオンライン / 2017年06月25日08時00分

番組では共演者のアンタッチャブルの山崎弘也(41)、女優の上戸彩(31)とともに神奈川県の三崎港を探訪。道中で「生きてて自分がどこに向かって歩いていってるかわからない」と発言。加えて、「その日その日で、行先なんて変わるもんじゃん」と語る一幕があった。 『おじゃMAP!!』では、時折このような香取の意味深な発言がそのまま放送されることがある。中にはSMAP騒 [全文を読む]

「結婚寸前」で逆風だらけの田口淳之介!? 「既婚ソロアイドル」の厳しさと、過去の「ジャニタレ破局」の真相

Business Journal / 2016年09月07日09時00分

また、中澤裕子・坂本昌行(V6)、上戸彩・森田剛(V6)、菅野美穂・稲垣吾郎(SMAP)、といった数々のカップルが、結婚間近と言われながらも、ジャニーズ事務所からの圧力が一因となり破局していったとする記事を目にしている人も多いだろう。 「一説では、熱愛が発覚した当人に対し、事務所サイドが結婚前と後のファンの数やグッズなどでの利益が減少することが予想されるデ [全文を読む]

『不機嫌な果実』に『コントレール』“夜メロ”ブーム再び?

NEWSポストセブン / 2016年05月07日07時00分

一昨年、上戸彩主演の『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)がヒットした際には「昼顔妻」なる言葉が流行し、生みの親である『ノンストップ!』の“せきららボイス”のコーナーには度々“経験者”からのコメントが寄せられた。 ドラマの上戸とは異なり、「夫と別れるつもりはないが、愛人との不倫も愉しむ」という意見が大半だったものの、不倫経験「あり」のパーセン [全文を読む]

EXILE USAが結婚を決めた「超お嬢様アイドル」

WEB女性自身 / 2016年03月01日06時00分

「USAと一緒に引退した盟友の松本利夫が2014年に結婚し、2015年にはリーダーのHIROと妻・上戸彩のあいだに子供が生まれた。40歳を目前に、家庭への思いが強くなり、すでに半同棲状態だと聞いている」(前出・音楽業界関係者) 本誌は2月中旬から下旬にかけて、杉がUSAのマンションに「帰宅」、翌朝、マンションから仕事に出かける姿を複数回目撃している。やは [全文を読む]

高部あい逮捕、テレ朝“完全スルー”の怪! 「オスカーとの関係悪化恐れた」と大ブーイング

サイゾーウーマン / 2015年10月31日12時45分

「さすがに米倉や上戸彩が逮捕されれば、編成ストップを押し切ってでも報道したことでしょうが、高部の知名度がそこまで達していないのは事実。しかし一番の理由は、やはりオスカーとの関係悪化を恐れたのでしょう」(同) また、テレ朝は「とにかく事件や裁判など、ダーティーなイメージを嫌う局。他局には出演している民事訴訟中のタレントでも、テレ朝からは基本的にオファーは一 [全文を読む]

役作りにのめり込む黒木瞳と相武紗季 本当に険悪ではとの噂

NEWSポストセブン / 2013年02月07日16時00分

たとえば黒木瞳(52)と相武紗季(27)の『おトメさん』(テレビ朝日系・木曜夜9時~)に、飯島直子(44)と上戸彩(27)が共演する『いつか陽のあたる場所で』(NHK・火曜夜10時~)がある。 黒木瞳と相武紗季がWヒロインを張っている『おトメさん』の場合、2人の役どころは嫁・姑関係なのだが、黒木瞳は『下流の宴』(NHK)から引き続いての“いじめられ役”、相 [全文を読む]

フォーカス