小説 昼顔に関するニュース

【最高視聴率27.3%】伝説のドラマ『失楽園』が17年の時を越え、初DVD化!

PR TIMES / 2014年10月01日19時22分

本商品は、単行本300万部発行のベストセラー小説のTVドラマ版 「失楽園」を全編収録したDVDです。DVD化されるのは今回が初となります。 ドラマ「失楽園」は、1997年読売テレビ(日本テレビ系列)で放送され、衝撃の大胆描写で平均視聴率20%を誇る人気ドラマです。2014年7月期に話題となった「昼顔」(フジテレビ)や「同窓生」(TBS)など、 “不倫ドラマ [全文を読む]

映画版『昼顔』。不倫に敏感な時代に公開する意味を考える

citrus / 2017年06月07日22時00分

が、映画や小説だと、嫌なら行かなきゃいいのだ、買わなきゃいいのだ。まあ、私もこの映画……十中八九行かないんですけどw。『シン・ゴジラ』なんかと違って、わざわざ大画面で観る必然性を微塵とも感じることができないんで……。 [全文を読む]

独女が「不倫女」に変わるとき!道ならぬ恋にハマる女性の特徴ときっかけ

ココロニプロロ / 2017年05月12日11時45分

いよいよ面白い展開になってきました!◆したくて不倫する人はほぼいない?不倫を題材にしたドラマや映画、小説はいつの時代も人気があるもの。しかしこれが現実になると、袋だたきってくらい風当たりが強くなります。確かに人の道にあらず、と書いて不倫ですからね。不倫ドラマにハッピーエンドがほとんどないのを見れば、それもうなずけるというものです。ただし、望んで不倫する人は [全文を読む]

日本に不倫ドラマが多い理由―中国メディア

Record China / 2016年07月10日00時00分

春クールのドラマだけでも、中国のネットユーザーの間で好評を博した「僕のヤバイ妻」のほか、人気小説をドラマ化した「不機嫌な果実」、アイドルグループAKB48の元メンバーである前田敦子がヒロインを務める「毒島ゆり子のせきらら日記」、NHKの「コントレール〜罪と恋〜」など、4作品があった。信息時報が報じた。 この種の日本ドラマを見ると、主人公の浮気の理由や行動が [全文を読む]

斎藤工「女性の好奇心に応えたい」

anan NEWS / 2016年04月16日20時00分

直木賞作家・小池真理子氏の半自叙伝的小説を映画化した『無伴奏』が公開中。人気漫画を実写化した映画『高台家の人々』と『団地』は共に6月4日に公開を控えている。 ◇ジャケット¥40,000(RIVORA/STUDIO FABWORK TEL03・6438・9575) Tシャツ¥12,500(Bernabeu/STUDIO FABWORK) ◇一糸まとわぬ姿で挑 [全文を読む]

【川奈まり子の実話系怪談コラム】辻に建つ家【第三十一夜】

しらべぇ / 2015年12月23日19時00分

『雨月物語』は日本・中国の古典をベースにした怪異小説9篇から成る。『青頭巾』では、屍を喰らう鬼と化した僧を主人公の改庵禅師が解脱へと導く。その際、禅師は僧を庭の石の上に座らせ、被っていた青頭巾をその頭に被せて、公安を授け、公安の句の真意を解くように諭す。一年後、禅師が寺に戻ると、僧はまだ石に座禅を組んで公案の文句を唱えていた。しかし禅師が杖で頭を叩いたとこ [全文を読む]

旬過ぎた……斎藤工の主演ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』“保険”はブレイク中の窪田正孝の起用か

おたぽる / 2015年11月26日12時00分

原作はミステリー作家・有栖川有栖氏の小説『火村英生』シリーズで、脚本はマギー、佐藤友治が担当する。 斎藤は「この犯罪は美しいか?」と殺人現場に快楽を求め、「人を殺したいと思ったことがある」と公言し、究極の犯罪を追い求める、かなりヤバそうな犯罪学者・火村英生役を演じる。 全話平均視聴率13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークするヒット作と [全文を読む]

黒木メイサ、仲間由紀恵、広末涼子・・・女優たちを次々に脱皮させるNHK『ドラマ10』枠の挑戦

AOLニュース / 2015年10月12日12時00分

岡井崇の医療サスペンス小説が原作で、ノーベル賞候補の博士と元陸上選手という夫婦の赤ちゃんが病院の新生児室から連れ去られる。事件の背後に生殖医療の闇が見えてくる展開がスリリングだ。そのなかで黒木が演じる主人公は、妊娠8ヶ月でお腹の大きい刑事。庶務課に異動していたが、捜査手腕を買われて産休前に現場に駆り出されている。 黒木といえば"カッコイイ女性"役のキャステ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】相葉雅紀、斎藤工が「お初」づくし。19年ぶり山口智子、石田ゆり子がやっぱり美しい。フジ新ドラマのキャストが豪華すぎる。

TechinsightJapan / 2015年04月01日22時31分

直木賞作家・池井戸潤の小説が原作で、「池井戸作品史上、最弱のヒーロー」と話題を呼んだ作品だ。気弱で争い事が大の苦手な相葉雅紀演じる主人公・倉田健太が、ある日、仕事帰りの駅のホームで割り込み乗車をしようとした男に注意をする。それを機に健太の身の回りで様々な嫌がらせが起こり始める。時を同じくして寺尾聰が演じる健太の父・太一も会社の不正と闘うことになる。 ヒロイ [全文を読む]

<TBSドラマ「まっしろ」>絶妙なキャスティングの木村多江とナースの階段を登る堀北真希の距離に注目

メディアゴン / 2015年03月06日01時47分

映画の原作となった桐野夏生の同名の小説では、島で一番太った中年女性という設定である。さらに、この原作のモデルとなった「アナタハン島事件」(1945年~1950年)の女性も、残された映像を見る限り美女とか女王蜂とか言われるようなタイプには見えない。島を脱出した帰国後、生活のために出演した映画で見せたダンスシーンは「ジャングル・ブキー」を歌う笠置シズ子を思いだ [全文を読む]

【衝撃事実】75%以上が「周りが不倫している」と回答 いまどき女性の”不倫観”を調査!

ウートピ / 2015年01月11日12時00分

現実はとうに小説の世界を軽く飛び越えて酷いという事を知ってしまったから、自分はしない身近な人の不倫を客観的に見ているからこそ、冷静な判断ができているのかも知れません。不倫経験者の意見 [全文を読む]

フォーカス