第1話 昼顔に関するニュース

アメリカ版「昼顔」!? Dlife「裏切りの二重奏」日本初放送!

PR TIMES / 2015年03月03日20時54分

[画像2: http://prtimes.jp/i/11446/38/resize/d11446-38-194429-1.jpg ] 「裏切りの二重奏」 3月10日(火)放送スタート 〈字〉毎週月曜~金曜19:00~20:00 ■第1話『不実な出会い』ストーリー 写真家のサラ・ハンリーは、ある晩、自分のグループ展の会場で1人の男性と出会う。男性の名はジャ [全文を読む]


「昼顔」×「あなそれ」禁断の恋に堕ちた、ヒロインの行く末は?

Woman.excite / 2017年06月06日13時00分

たとえば第1話で、初恋の男・有島光軌(鈴木伸之)に出会った早々、ほとんど躊躇(ちゅうちょ)なくラブホテルへ。大人の恋愛ドラマだって、そこに至るまでにはかなり悩み、翻弄され、それでも離れられないという揺れまくる心模様があってこそ、初めて体を重ねるという、いわゆる「山場」を迎えるものですが、美都は1話でその壁をなんなくクリア!さらには「うそがヘタな純粋な女性」 [全文を読む]

上戸彩、『アイムホーム』で脱“低視聴率女王”!? 結婚後の快進撃に「女優の常識覆した」

サイゾーウーマン / 2015年05月07日12時45分

現在上戸が出演する木村拓哉主演の『アイムホーム』(テレビ朝日系)は、視聴率が第1話16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話は14.0%と好調で、第3話で13.5%と低迷するも今クールのドラマの中では健闘しており、初回視聴率ではトップを飾った。他局では、“視聴率王”といわれる堺雅人主演の『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)や、佐藤健が役作りで [全文を読む]

大人になった田中麗奈、ヤバい&エロすぎると話題に ベッドシーン、不倫OLを快演

Business Journal / 2015年01月11日19時00分

田中にとってはこれまでの出演作品とは一線を画し“大人の悪女”を演じているわけだが、8日に放送された第1話内では村上とのベッドシーンや際どいセリフなどもこなし、一部インターネット上では「なっちゃん、大人になったな…」「こんななっちゃん、ヤバすぎる」「地味なのにエロい」などと話題を呼んでいる。田中と同じ30代男性が語る。 「正直ストーリー自体は(昨年放送され [全文を読む]

2014年の「濡れ場女王」 大物女優は吉瀬、石田、宮沢を推薦

NEWSポストセブン / 2014年12月09日16時00分

『さよなら私』(NHK)で第1話から濃厚ラブシーンを連発。夫とのディープキスシーンはお互いの唾液が入り交じりそうな熱烈ぶり。 黒いキャミソールと白い肌のコントラストに息を飲む。石田は、来年2月公開の映画『悼む人』でも過激なセックスシーンが控えているという。 『ヨルタモリ』(フジテレビ系)での人気沸騰など、今一番ノッている女優が宮沢りえ(41)。公開中の映画 [全文を読む]

上戸彩 『昼顔』打ち上げで「私生活はもちろん大丈夫です」

NEWSポストセブン / 2014年10月02日07時00分

第1話から最終話までの、『NGシーン集』を流して、みんなで観賞会です。もう、会場中が爆笑の嵐でした(笑い)。上戸さんと斎藤さんのシリアスなシーンで、上戸さんがなぜか笑ってしまい、NGを連発する一幕があったりして。これには上戸さんも“あの時は本当にすいませんでした~”なんて、斎藤さんに謝ってました。 彼も、“オレの顔、そんな変でした?”と笑わせていて。さ [全文を読む]

菅野美穂の不倫描写も?今季チェックしておくべきドラマは!?

It Mama / 2016年10月22日21時30分

筆者も第1話を視聴しましたが、思わず連続録画予約をしてしまうほどに引き込まれてしまいました。ママ友の間では、「家政婦のミタ」を彷彿とさせる松嶋菜々子さんの摑みどころのない怪しい演技が好評です。今期は衝撃の10股不倫!の男性を主人公にした深夜ドラマ『黒い十人の女』も注目されており、また2014年に放送され、社会現象にもなった昼ドラ「昼顔」は来年の映画化が決定 [全文を読む]

2014年「濡れ場女王アワード」は石原さとみ 他の女優を圧倒

NEWSポストセブン / 2014年12月12日16時00分

大物女優では『さよなら私』(NHK)で第1話から濃厚ラブシーンを連発した石田ゆり子(45)と、『ヨルタモリ』(フジテレビ系)での人気沸騰、公開中の映画『紙の月』で男性ファンを魅了した宮沢りえ(41)がノミネート。 また、若手女優では、『昼顔』(フジテレビ系)で不倫に溺れる人妻を演じた上戸彩(29)や、『聖女』(NHK)の家庭教師役で教え子の男子高校生と濃 [全文を読む]

フォーカス