玉置浩二 槇原敬之に関するニュース

billboard classics festival 2017公演の開催決定日本最大級のポップス・ロック&オーケストラの音楽の祭典が誕生~豪華出演者とともに総勢約200名が登場~

PR TIMES / 2016年12月28日19時03分

注目の舞台には、玉置浩二、小野リサ、福原美穂、Aimerに加え、槇原敬之、村治佳織、沖仁、石崎ひゅーい、尾崎裕哉が登場。日本を代表する指揮者、大友直人率いる名門、東京フィルハーモニー交響楽団の華麗な旋律のなかで珠玉の名曲が次々と披露される。そして、合唱団(ソウルバードクワイア、横浜少年少女合唱団)の歌声も加わり、総勢約200名による響きが東京国際フォーラム [全文を読む]

いよいよ明日!一般販売開始日本最大級のポップス・ロック&オーケストラの音楽の祭典、―玉置浩二ら豪華出演者に加え、藤井フミヤの出演も決定―

PR TIMES / 2017年01月23日09時09分

祝祭の大舞台では、玉置浩二と横浜少年少女合唱団との初共演、「清く正しく美しく」等、総勢約200名余が登場。そして、藤井フミヤの「TRUE LOVE」「Another Orion」、槇原敬之「Answer」、父を継承する尾崎裕哉「I LOVE YOU」等、豪華ヒットレパートリーがオーケストラの響きのなかで披露される。 さらに、卓越した歌唱力・演奏力によって [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2017年08月18日15時00分

アレンジは、玉置浩二、槇原敬之らの曲を手掛ける音楽プロデューサーTomi Yo。秦基博からは、歌詞が次々と風景が変わっていくので、それが、しっかり伝わるように歌うことを目指してと言われたいうこの曲…Tomi Yoによる今宵限りのアレンジで、どのような形となるのかにご期待。2曲目は、大原櫻子の憧れの歌手だという絢香の、「みんな空の下」。アレンジは、椎名林檎ら [全文を読む]

ライブチケットが売れない元AKB・高橋みなみ、歌手としての終わりが政治家転身を早める?

messy / 2017年07月26日18時00分

AKB全盛期の総監督であり知名度は抜群だが、前出のソロアルバム『愛してもいいですか?』は玉置浩二、槇原敬之、前山田健一、真島昌利、高見沢俊彦など多くの著名アーティストから楽曲提供を受けたにもかかわらず初週売上が1万枚にも届かない惨状だった。 しかし歌手としての人気は伸び悩む一方で、彼女の知名度を利用したいクライアントは多く、現在もイベントには引っ張りだこで [全文を読む]

元AKB48・高橋みなみ全国ツアーが「ほぼ売れ残り」の窮地!“中森明菜化計画”は大失敗か

日刊サイゾー / 2017年07月19日17時00分

槇原敬之、玉置浩二、岸谷香、高見沢俊彦、HYの名嘉俊など、豪華アーティスト勢が楽曲提供したものの、初週売り上げは1万枚にも届かなかった。 「数曲にタイアップがついていたほか、東名阪でアルバム購入者を対象とした握手会を開催。音楽番組にも出演し、収録曲をフルコーラス披露しましたが、その歌声は“素人のカラオケ”レベル。アイドル時代には“歌ウマ”メンバーとして通っ [全文を読む]

高橋みなみ「中森明菜を目標に」発言はなかったことに!?“元AKB48”の肩書も外せず八方塞がりに

日刊サイゾー / 2017年03月24日20時30分

槇原敬之、玉置浩二、岸谷香、高見沢俊彦、HYの名嘉俊など、豪華アーティストが楽曲を提供したほか、タイアップやリリースイベントも盛んだったが、初週売上げは約1万枚。元AKB48・板野友美や前田敦子のソロ初アルバムを大きく下回り、以降は目立った歌手活動が見られなくなってしまった。 「卒業直後に登壇した音楽イベントでは、事務所サイドから『元AKB48という表現を [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年11月17日17時16分

尾崎裕哉と相対するサウンドクリエイターは、様々な映画やドラマで劇伴製作も務める服部隆之、いきものがかり、aikoらのプロデュースを手がける島田昌典、玉置浩二、槇原敬之らの楽曲アレンジやライブツアーにも帯同するキーボードプレイヤーのTomi Yoの3人。1曲目は、服部隆之とのタッグで、ハナレグミの、「さよならCOLOR」。収録による音楽番組は初めてという、フ [全文を読む]

元AKB48・高橋みなみソロアルバムが大爆死!『MUSIC FAIR』で「素人カラオケレベル」の歌唱力露呈

日刊サイゾー / 2016年10月18日17時00分

プロデューサーの秋元康氏が「高橋みなみとつながりのあるアーティスト、本人の才能をより引き出していただけるアーティストに楽曲を提供してもらう」というコンセプトで制作した同アルバムは、槇原敬之、玉置浩二、岸谷香、高見沢俊彦、HYの名嘉俊など、豪華アーティストが楽曲を提供。数曲にタイアップが付いているほか、15日に出演した音楽番組『MUSIC FAIR』(フジ [全文を読む]

“中森明菜が目標”って……元AKB48・高橋みなみのソロアルバムは「板野友美より売れない!?」

日刊サイゾー / 2016年09月16日20時30分

プロデューサーの秋元康氏が「高橋みなみとつながりのあるアーティスト、本人の才能をより引き出していただけるアーティストに楽曲を提供してもらう」というコンセプトで制作した同アルバムは、槇原敬之、玉置浩二、岸谷香、高見沢俊彦、HYの名嘉俊など、豪華アーティストが楽曲を提供。スマホ向けゲームのTVCMや、NHK Eテレの「いじめをノックアウト」キャンペーンのタイ [全文を読む]

BS-TBS『Sound Inn “S”』

PR TIMES / 2016年09月16日17時44分

その三浦大知が、今宵は、ダンスを封印し、歌のみで魅せる!今宵のサウンドクリエイターは、数多くのCM音楽や宇多田ヒカル、椎名林檎らの編曲を担当してきた斎藤ネコ、いきものがかり、aikoらのプロデュースを手がける島田昌典、玉置浩二、槇原敬之らのアレンジやツアー帯同のキーボーディストTomi Yo。1曲目は、Tomi Yoとのタッグで、三浦大知の新境地でもあるポ [全文を読む]

ASKA、飯島愛と薬物&不倫・肉体関係、映像流出怯え薬物依存との報道 復帰絶望的か

Business Journal / 2014年05月29日01時00分

ASKA逮捕以降、親交のあるミュージシャン・玉置浩二をはじめとする芸能人やファンの一部からは、罪を償った後の復帰を望む声も数多く聞かれたが、今回の「文春」報道により、復帰は絶望的になったとの見方をテレビ局関係者は示す。 「美川憲一や長渕剛、槇原敬之、いしだ壱成など、過去に違法薬物所持で逮捕された芸能人の中には、カムバックして現在も活躍している人も少なから [全文を読む]

フォーカス