現在 鬼束ちひろに関するニュース

定期的に繰り返し実行する簡単ではないお仕事

ガジェット通信 / 2012年07月04日14時00分

(3) 「次回の実行は XXXX分後です」という表示は XXXX = 次回予定実行時刻 - 現在時刻 とやって算出して表示するべきだし、XXXXが0を下回って、かつ、「繰り返し実行する」のチェックボックスにチェックが入っていれば、そのタイミングで再度タスクが実行される。 これで万事うまく行くように思えた。ところが…。 ●■ 3度目のひよこの全滅 このプロ [全文を読む]

「収録スタジオでも名指しで殺害予告!?」鬼束ちひろの"奇行&暴言"はフェイクかガチか......

日刊サイゾー / 2012年07月08日08時00分

鬼束はデビュー当初の清純な雰囲気を「当時の関係者にやらされたもの」として、現在のグラムロック風の姿こそが"素"だとしているが、当時のスタッフは「あれは大ウソ。あの頃の鬼束は私服だって普通だったし、タトゥーだって後から入れたもの」と反論している。 ただ、奇行がただの演出なら、むしろ安心だ。ここのところの鬼束の言動をめぐっては「薬物検査をしたほうがいい」などと [全文を読む]

鬼束ちひろ、「FNS歌謡祭」での異常な震えは和田アキ子と共演しているせい?

アサ芸プラス / 2016年12月11日09時58分

そんな彼女も現在は落ち着きを取り戻し、現在の見た目はデビュー当時に近くなったとの評判だったが、今回のパフォーマンスではトレードマークとなっているハダシでの歌唱ということもあって、他のアーティストたちとはあきらかに一線を画す独特な世界観を見せていた。 しかし、視聴者の誰もがギョッとしてしまったのは、何といっても終始、小刻みに震えていたカラダ。歌の後半になる [全文を読む]

鬼束ちひろが“後輩”の花岡なつみに「私みたいになるな」と自虐エール

デイリーニュースオンライン / 2015年08月13日16時00分

12日に発売したデビュー曲『夏の罪』も鬼束が作詞作曲を担当しており、同局は現在放送中のドラマ『エイジハラスメント』(テレビ朝日系)の主題歌に起用されている。 鬼束は花岡について「エモーショナルで個性的。うまい」と評価し、「自分のデビューライブを思い出し、一緒に裏で歌っていた」とコメント。司会者から花岡への期待を問われると、鬼束は「そんな責任重大なことできま [全文を読む]

「怖くて触れられない物件」鬼束ちひろの最新“ツインテール”画像に恐怖の声

サイゾーウーマン / 2013年10月18日13時00分

「正直、鬼束の現在の活動は、バックボーンもゴール地点もまったく見えないですが、誰かに強制されてあのアーティスト写真を出すはずがない(笑)。最近では胸元を強調しているようですが、普通アーティスト系で売り出している女性は、肌の露出を嫌がるもの。しかし、鬼束の場合は本人がやりたくてやっているということで、間違いないでしょう」(レコード会社関係者) デビュー当初 [全文を読む]

インフォグラフィックで早分かり LTE vs WiMAX モバイルインターネット比較調査

ガジェット通信 / 2012年06月26日12時00分

アンケート対象者の現在のネット接続環境は、72.6%が「固定回線」。固定回線が主であることが分かります。 しかし、今後どのような環境を望んでいるのか聞いてみたところ、「モバイルインターネット」が現在は5.8%のところ今後では27.4%と大幅に利用意向が高まり、「固定回線&モバイルインターネット」が現在は8%のところ今後は14.6%と、モバイルインターネット [全文を読む]

「まるでファンクラブ会報!?」専門誌は絶滅寸前――音楽系メディアの由々しき現状

日刊サイゾー / 2012年05月10日08時00分

「1990年代には10万部以上出ている音楽雑誌もありましたが、現在では比較的売れている情報誌で数万部、グラビア中心の専門誌では数千部しか売れていません。その上、雑誌運営の柱でもある広告が、レコード会社の予算縮小でほとんど入らなくなり、編集協力費名目で一企画あたり数万円入る程度。人件費を削るなどして、赤字幅を減らそうと汲々としているのが現状です」(音楽雑誌編 [全文を読む]

鬼束ちひろ、約6年ぶりとなるオリジナルニューアルバム発売決定!

Entame Plex / 2016年12月06日18時12分

「月光」「眩暈」「流星群」「私とワルツを」、そして最新曲「夏の罪」まで、現在の声で蘇る名曲たち。初期から近年まで変わることのない彼女の絶対的音楽価値を再認識させるような、ファンのみならずとも必聴の仕上がりとなっている。 なお、12月7日には、2016 FNS歌謡祭 第一夜にて、代表曲である「月光」を歌唱することも決定している。 [全文を読む]

廃盤作品や未発表音源CDなどにクラウドファンディングシステムを活用 Muevo Order Store × UNIVERSAL MUSIC STORE オープン!

PR TIMES / 2016年03月14日15時21分

現在では廃盤となり入手困難なアルバムや初CDの作品、また未発表音源やオリジナルBOXセットなど本ストア限定の商品を取扱う予定です。 第一弾は、「月光」などのヒットで知られる鬼束ちひろの初期のアルバム作品5枚を国内プレス盤にて初アナログ化するプロジェクトを3月14日より募集致します。今後も洋楽、邦楽を問わずの新旧の名盤再プレスなどの企画がスタートする予定で [全文を読む]

放送当時の評価はいまいち!?後から高く評価(注目)されたドラマの名作たち!

日本タレント名鑑 / 2016年02月04日14時55分

しかし、現在のドラマと言えば3カ月クールが基本。気が付いたら終わっていた・・・なんて事も多く、後からじわじわタイプの作品も増えています。 人気作にもそれぞれありますが、今回はそんな「じわじわ評価ドラマ」をいくつか集めてみました。 放送前から好評価。放送中にじわじわ!右肩上がりで伝説の作品に!放送中に話題を呼び、大きく人気が上昇した作品といえば、最近ではやは [全文を読む]

夏ドラマに楽曲提供、鬼束ちひろが“普通に戻った”理由とは?

アサ芸プラス / 2015年07月01日09時58分

しかし『アウト×デラックス』でも匂わせていましたが、現在は丁寧に限度を教えてくれる恋人がいるようで、周囲も温かく見守っています」(芸能プロ関係者) かつての迷走ぶりから一転、ドラマの主題歌に抜擢されるほどの復活を遂げた鬼束。これからは本業の音楽活動で注目を浴びてほしいものだ。 [全文を読む]

グラドルさながら!? あの“お騒がせアーティスト”がついに手ブラを披露!

メンズサイゾー / 2014年06月26日17時00分

鬼束の手ブラは現在公式サイトのトップ画面にも表示されていますが、それらの流れを彷彿とさせるショットですね」(芸能ライター) 2000年にデビュー後、「月光」「眩暈」などのヒット曲を飛ばし、透明感のあるルックスで人気を集めた鬼束。しかし、最近はド派手な出で立ちとエキセントリックな言動が注目を集めることが多く、昨年『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演し [全文を読む]

『有吉反省会』『アウト×デラックス』etc…ぶっちゃけ系番組が増殖したワケ

メンズサイゾー / 2014年02月23日14時00分

また、同番組ではグラドルの水樹たまが「DVDと現在の体型が違いすぎる」として出演。有吉弘行から「土偶アイドル」と命名され、ネットで検索数が急増するなど一躍脚光を浴びた。 『アウト×デラックス』では、ピン芸人・こまつがゲイであることをカミングアウト。ほかにも、元タカラジェンヌのACHOU(旧芸名:華央あみり)が「元ヤンキーで世界6カ国の男性と同時に交際してい [全文を読む]

Cocco、鬼束ちひろ……“壊れた歌姫”の復活が相次ぐも「躁状態」を懸念する声

日刊サイゾー / 2013年12月09日11時00分

現在、新曲「キラ星」の告知メッセージ動画がYouTubeの公式チャンネルにアップされており、ファンの間で「元気そう」と評判になっている。 動画では「急に止まったり、突然走り出したり、いつも説明も補足も何も追いつかない状態なのに、それなのに、いつもほんとにみんなありがとう」とファンへの感謝を述べたほか、「自分もみんなも、どんなに北風が強い日でもちゃんと立って [全文を読む]

鬼束ちひろ、自身初のバンド全国ツアーでオーサカ=モノレールと豪華コラボ&ベスト盤ジャケ写公開

okmusic UP's / 2013年11月25日19時00分

また、12月18日にはPS3ゲームソフト『ドラッグ オン ドラグーン3』のテーマソングとして書き下ろした壮大なバラード「This Silence Is Mine」(ソロ名義)と、80'sテイストなPOPチューン「あなたとSciencE」(バンド名義)の、20枚目となるセルフ・スプリット両A面シングルと、2000年のデビューから2013年現在までの音楽活動 [全文を読む]

ポップスの王様を体感せよ!マイケル・ジャクソンのライブ・パフォーマンスが甦る「スリラーライブ」

週プレNEWS / 2012年11月03日17時30分

彼の40年を超えるアーティスト・ヒストリーで生み出されたヒットナンバーを、一流のパフォーマーたちが再現したライブ・ステージパフォーマンス『THRILLER Live/スリラーライブ』が、現在、六本木ブルーシアターで公演中だ。 2006年にロンドンでスタートしたこの『THRILLER Live/スリラーライブ』は、イギリス国内で反響を呼び、翌年には世界ツアー [全文を読む]

鬼束ちひろ「紳助・アッコも殺してえ」のTwitter発言にネット震撼

秒刊SUNDAY / 2012年06月22日22時29分

・ http://www.onitsuka-chihiro.jp」と、やはり鬼束ちひろ本人のアカウントを謳っているが、問題の発言は現在消されている。有名人であるがゆえ、本人は遊び感覚でやったTwitterの発言が思わぬ形で反感を買いそうだ。「有吉の家発見した!」有吉弘行のTwitterの対処法が的確過ぎると話題に [全文を読む]

ハイレゾ音源配信5サイト連合企画【ハイレゾ音源大賞】2017年2月度 大賞候補5作品発表~セレクターに のん氏 決定

PR TIMES / 2017年02月21日15時22分

■ハイレゾ大賞 http://hi-res-award.com■ハイレゾ音源大賞2017年2月度セレクター 「のん」 [画像1: https://prtimes.jp/i/2747/757/resize/d2747-757-419410-7.jpg ]<プロフィール>女優・創作あーちすと93年兵庫県生まれ趣味・特技 ギター 絵を描くこと 洋服作り「この世界 [全文を読む]

レコ大新人賞の花岡なつみって誰?ついに音楽分野でもゴリ押しが始まった!

アサ芸プラス / 2015年11月25日09時59分

彼女は昨年、オスカープロモーションが主催する全日本国民的美少女コンテストで音楽部門賞を受賞し、現在の所属ももちろんオスカーです。デビュー作にしても、先輩の武井咲が主演したドラマの主題歌ですし、ついにオスカーが音楽分野でも“ゴリ押し”を始めたという声もありますね」 ちなみに同ドラマを放送したテレビ朝日は、全日本国民的美少女コンテストの後援とテレビ中継も行って [全文を読む]

知念里奈、榎本加奈子、井上和香など、1980年生まれの女性タレントが再注目され始めた理由

メンズサイゾー / 2014年05月26日10時00分

ほかにも例を挙げれば、現在バラエティで活躍している熊切あさ美や、昨年『アウト×デラックス』(同)で、ぶっとんだ姿を見せた鬼束ちひろなどがいる。 「今のテレビ界では、F2層と呼ばれる35歳から49歳までの女性をターゲットにしたバラエティがよく作られます。何といっても時間があり、お金を持っているのは彼女たちですからね。今ブレイクしているタレントさんは、マツコ・ [全文を読む]

フォーカス