セール 大塚家具に関するニュース

大塚家具、騒動前より売上半減で売上減地獄突入か 揺らぐ久美子社長の経営基盤

Business Journal / 2016年07月20日06時00分

経営権をめぐる混乱に対するおわびとして昨年春に実施した「お詫びセール」と、昨年末の店舗改装前の「全館全品売り尽くしセール」が業績に寄与した。全体の売上高に占める割合が高い応接家具やダイニング家具が伸びた。 しかし、今年に入って、店舗のリニューアルなど本格的なビジネスモデルの転換が始まってからは苦戦が続いている。16年1~3月期の最終損益は10億円の赤字(前 [全文を読む]

大塚家具、すべてシナリオがあったかのような急回復 類いまれな経営継承の成功事例

Business Journal / 2015年07月31日06時00分

一連の経営混乱によって迷惑をかけた顧客に対しては、すぐさまお詫びの意味を込めて「新生・大塚家具『大感謝フェア』」を開催し、最大50%オフとなるセールを実施。セール初日の4月18日には久美子社長も店頭に立つなど話題を呼び、東京・新宿店には1万人を超える顧客が押し寄せ、大盛況となった。 セールの目玉は、「935(クミコ)」にちなんだ93万5000円の高級寝具 [全文を読む]

なぜ値上げした? 迷走するユニクロが犯した価格設定の甘い罠

まぐまぐニュース! / 2016年06月07日20時00分

それに伴ってか、大幅な値下げとなるセールを乱発させていきました。中価格帯への移行とセールの乱発により、ブランドイメージが毀損し客足が遠のいたことで業績が悪化したと私は考えています。 ユニクロを運営するファーストリテイリングは、16年8月期第2四半期(9~2月期)の国内ユニクロ事業の営業利益が前年同期比28.3%減と発表しました。減収減益です。14年に秋冬商 [全文を読む]

大塚家具、赤字で久美子社長が早くも正念場 戦略定まらず迷走?

Business Journal / 2015年11月20日06時00分

●父娘戦争に勝利した大塚久美子社長の正念場 大塚家具は11月7日から、全16店で展示する約34万点の商品を対象に売りつくしセールを始めた。最大で価格を50パーセント下げているという。4月の「お詫びセール」でも絶好調の客足を集め話題となったが、今回も多くの客が訪れて盛況だ。 今回のセールは、「いったん死んでよみがえることに近い」(11月4日の大塚久美子社長発 [全文を読む]

騒動で認知度アップ!?大塚家具「買い物したことない」9割超

NewsCafe / 2015年05月19日12時00分

先月下旬には「騒動のお詫びセール」まで開催されたわけだが…。今後の流れを占うためか、NewsCafeのアリナシコーナーでは「大塚家具で買物したことありますか?」という調査が実施されたらしい。結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。【アリ…9.1%】■金持ちじゃなくても買い物ができたよ。接客も丁寧だったし。■かならず客に店員が付いて案内するシステム。人件費 [全文を読む]

大塚家具 騒動を逆手にとる「父娘CM」第2弾制作の内幕

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

〈今回の騒動では、責任を痛感するとともに、ご期待の大きさを受け止める〉とし、“お詫びセール”の意味合いを広く印象づけた。 また、消費者に強烈なインパクトを植え付けたのが、昨年7月より流したテレビCMだ。店舗の順次リニューアルに合わせて、家族4人が【新しい大塚家具に行ってみた】という設定だが、驚かされたのがその中身。 家具について熱心に語る店員に父(佐藤貢三 [全文を読む]

新生大塚家具 かぐや姫が指揮をとる「脱高級路線」の評価は

NEWSポストセブン / 2015年11月08日07時00分

「騒動以降、久美子社長は自らが広告塔となって『おわびセール』を開催したり、お家祖移動を逆手に取った『自虐CM』を打ったりして、傷ついたブランドイメージや業績悪化を最小限に抑える“止血”に一生懸命でした。 その効果もあり、5~8月までの4か月間は店舗売り上げが前年同月を上回るなど業績は好調でしたが、ここにきてまた伸び悩んでいます。そこで、年末年始の稼ぎ時に [全文を読む]

最大80%オフ! 大塚家具によるアウトレット家具とリユース家具約2万点の大バーゲン

TABROOM NEWS / 2016年11月17日20時46分

通常もお得なアウトレット価格からさらに最大80%オフのスペシャルプライスで提供されるお得なセールです。 本バーゲンに合わせて、大塚家具の職人が丁寧にメンテナンスしたリユース家具も200点以上入荷。会場に併設する大型倉庫の在庫品も大放出します。 さらに日替わりで50%オフになる特価品も登場。22日(火)は「あったかアイテム」、23日(水・祝)は「リビング小物 [全文を読む]

新・大塚家具はニトリに勝てるのか? 経営戦略のプロが「騒動後」を分析

まぐまぐニュース! / 2016年05月11日20時00分

そして、経営権争いが終息した昨年の4月には矢継ぎ早に「お詫びセール」と銘打って、大幅な値引きセールを実施。親子間の経営権争いを多くのメディアがこぞって報道した影響で、このセールの注目度も高まり、久美子社長が先着100名にガーベラの花を直接手渡した新宿店では初日だけで1万257人が来店するなどかつてない賑わいを見せ、期待を大きく上回る結果となりました。 「 [全文を読む]

過去最悪の46億円赤字「大塚家具」に眠っている新たな希望

まぐまぐニュース! / 2017年04月24日05時00分

この原因としては、新生大塚家具の誕生後、経営権を巡るゴタゴタのお詫びの意味での「大感謝フェア」を開催し、最大で通常価格から50%割引するなど、大規模なセールを実施することにより、需要の先食いが起こったことが挙げられるでしょう。また、この大幅な割引セールによって、「大塚家具は高級路線から決別し、ニトリやIKEAと同じような低価格路線に舵を切った」というイメ [全文を読む]

生涯“恋は遠い日の花火ではない”田中裕子の手本のような「女の生きる道」

messy / 2015年05月12日17時00分

さらに大塚家具のお詫びセールとも重なり、新宿は、きっとお金持ちの奥様方で大混雑だったと思います。と、言いたいところですが、実際、桜にはももクロも列席していたし、大塚家具も今までにないお手頃感を打ち出すということで、意外に若者でわいわい賑わっていたかもしれません。 今年の『桜を見る会』は、太田光、光代夫妻が出席したことで大きな話題を呼び、午前中の会の模様が、 [全文を読む]

大塚家具の久美子社長が窮地 父の経営復帰を求める声も

NEWSポストセブン / 2017年03月21日07時00分

創業者の父・大塚勝久氏から経営権を奪取して以降、久美子社長は「おわび」を兼ねた大規模な安売りセールや、勝久氏時代の「会員制・高級家具」路線脱却を掲げ、中価格帯の品揃えを増やして誰でも気軽に入れる“カジュアル店”へと舵を切った。 また、不要な家具を下取りしてクリーニングや修理を施した後に販売する「リユース家具」事業にも力を入れてきた。 しかし、久美子社長に [全文を読む]

大塚家具 円高メリットをお客様に還元!さらに「いいものをお得に」8月10日(水)より約3,600品目を最大25.0%還元、新商品も入荷始まる

PR TIMES / 2016年08月09日14時13分

期間を限定したセールではありません。 2)円高メリット新商品の投入 取扱店舗 全店舗 ※店舗によっては展示がない場合がございます。 商品例 高品質オリジナルマットレス(シングルサイズ) ¥59,900 3人掛け総革張りソファ ¥158,000 デンマークブランド「テカ」社 3人掛け布張りソファ ¥198,000 ※価格はすべて税込価格 以上 新商品のご一例 [全文を読む]

大塚社長、膳場アナ、勝間氏ほか 女子校育ちが活躍する時代

NEWSポストセブン / 2015年11月30日11時00分

ところが父親の勝久前会長に完全勝利した後は、お家騒動を逆手に取って『お詫びセール』などで売り上げを拡大。経営危機どころか6月の中間決算では当初の業績予想を上方修正させた。関係者の間では『女子校育ちゆえのストイックさ』が功を奏したと評価され始めている」(経済誌記者) 周囲に「やな感じ」と疎まれつつも、仕事はバリバリこなして出世していく──そんな女子校出身者 [全文を読む]

企業不祥事連発の2015年 素早い対応で危機乗り切った企業も

NEWSポストセブン / 2015年12月17日16時00分

「4月から始めた“お詫びセール”では久美子氏自ら店頭に立ち、新宿ショールームに1日で1万人が訪れるなど盛況だった。トップが頭を下げる姿を国民が見飽きていた中、久美子氏の行動で示す“謝罪”は大胆で効果的だった」(危機対応コンサルタントの山見博康氏) 同社の今年の売上高予想(2015年12月期・通期決算)は568億円と前年同期より約13億円アップ。営業利益も [全文を読む]

今年起きた有名企業の不祥事と謝罪会見 識者が5段階で採点

NEWSポストセブン / 2015年12月14日11時00分

その後の「おわびセール」は、2015年6月中間決算(1~6月期単体)が上方修正されるほど好評だった。「世間を騒がせたのは事実だが、不祥事とは言いにくい。だが謝罪し、消費者へのお詫びを形にしたため大きな顧客離れを防げた」(小笠原氏)【NHK=3点】 2014年5月14日放送の『クローズアップ現代』で“やらせ”があったとの報道を受け、4月28日、NHK調査委員 [全文を読む]

不適正会計疑惑の東芝、分社・売却のソニーがボーナス商戦で買い時なのはなぜ?

週プレNEWS / 2015年06月15日06時00分

消費者サイドへの影響を考えると、ズバリ『東芝製品がドンドン安くなる!』ということになります」(じつはた氏) 父娘ゲンカで世間をにぎわせた大塚家具の“おわびセール”のようなことだろうか。 「まさに! メーカーとしては、株主のためにも少しでも売り上げを稼ぐ必要がある。さらに量販店としても、メーカーのイメージダウンは気にせざるを得ない。となれば当然、他社の同グレ [全文を読む]

大塚久美子社長 「ふっくらしたようで少し安心した」と知人

NEWSポストセブン / 2015年04月28日16時00分

前出の知人は、「セールのニュースを見たら、久美子さんはようやくふっくらしたようで、少し安心しました」という。 社内では久美子氏による“戦後処理”が進んでいる。同社関係者の話。 「(久美子)社長は総会後に『ノーサイド』なんていっていましたが、(勝久)前会長側に付いた幹部社員の中にはまだ自宅待機の者もいる。社長は前会長にも名誉職を用意するといって対話を呼びか [全文を読む]

フォーカス