伊勢谷友介 母親に関するニュース

松本幸四郎&宮沢りえ&伊勢谷友介、映画『ジャングル・ブック』の吹替出演に喜び 「生きる勇気を与えられました」

AOLニュース / 2016年09月12日12時30分

全世界興収で9億6,400万ドル(約1,000億円)を超えの大ヒット記録! ここ日本でも新祝日"山の日"8月11日(木)に公開され、公開4週目で20億円超のヒットを記録中のディズニー映画『ジャングル・ブック』! その公開を記念して、日本語吹替えを務めた黒ヒョウのバギーラ役の松本幸四郎、主人公の少年モーグリの母親代わりとして深い愛を注ぐオオカミのラクシャ役の [全文を読む]

松本幸四郎・宮沢りえ・伊勢谷友介インタビュー 『ジャングル・ブック』吹替えでリアルな動物たちを熱演!

ガジェット通信 / 2016年08月24日09時00分

このたび、日本語吹替え版の声優を務めた、松本幸四郎さん(バギーラ役)、宮沢りえさん(ラクシャ役)、伊勢谷友介さん(シア・カーン役)を直撃し、各キャラクターを通じた本作の魅力についてインタビューを行った。 ――ご自身が演じたキャラクターについて、それぞれ教えていただけるでしょうか。また、ご自身と似ている点はありましたか? 松本幸四郎さん(以下、幸四郎):黒 [全文を読む]

『ジャングル・ブック』の松本幸四郎、宮沢りえ、伊勢谷友介が語る、生身の役者の必要性

Movie Walker / 2016年08月22日04時00分

本作で、日本語吹替版ボイスキャストとして参加した松本幸四郎、宮沢りえ、伊勢谷友介にインタビュー。革新的な映像や本作に込められた深いメッセージを、彼らはどう受け止めたのか?4月15日の全米公開後、3週連続週末興行成績第1位を獲得した本作。CGで描かれた動物やジャングルのリアルな映像に驚嘆したという3人は、人間もすべてフルCGの実写映画が作られる昨今、役者とし [全文を読む]

人気女優を相次ぎ篭絡?伊勢谷友介の知られざる素顔

デイリーニュースオンライン / 2016年04月22日08時05分

『FRIDAY』(講談社)が俳優の伊勢谷友介(39)と、モデルでタレントの森星(23)の交際を報じた。同誌によると、チワワを連れた森星と伊勢谷友介が、東京・目黒にある桜並木の下を歩いていたという。 身長175センチと180センチの長身カップルにくわえ、4月にも関わらず、半袖に深いスリットの入ったロングスカートの森と、Tシャツに短パンという軽装の伊勢谷は、ひ [全文を読む]

華やかすぎる女性遍歴の伊勢谷友介、プライベートな一面とは

サイゾーウーマン / 2012年03月02日12時00分

モデル出身で現在は映画を中心に俳優として活躍する伊勢谷友介。力石徹役を演じた映画『あしたのジョー』では過酷な減量を行ったことも記憶に新しい。また映画監督としても活動しており、2作目となる映画『セイジ‐陸の魚‐』が2月18日に公開されたばかりだ。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業し、大学4年生時にはニューヨーク大学に短期留学して映画制作を学ぶなどアーティス [全文を読む]

山崎賢人、東方仗助役を演じる苦悩と葛藤ーー『ジョジョ』で見せた“探り”の演技の魅力

リアルサウンド / 2017年08月18日06時00分

しかし山﨑のそういう弛まぬ精神力が実を結んでか、映画のラスト、仗助が血縁上は彼の甥にあたる空条承太郎(伊勢谷友介)にある決意を告げる場面では、俳優とキャラクターとが見事なバランスをとりながら調和していた。海辺で潮風を頬に受ける生身の山崎賢人と勇敢な警察官であった祖父の意志を継ぐと心に誓う東方仗助。そこへ射し込むスペインの陽光が彼らを二重に焼き付け、スクリ [全文を読む]

伊勢谷友介&川口春奈、スマホなしで待ち合わせできるか!?「ガキ使SP」

CinemaCafe.net / 2017年07月17日12時52分

これは「有名な橋と言えば?」「広い公園と言えば?」などの“お題”から連絡を取り合わず集合できるかどうかを競うもので、今回は伊勢谷友介、川口春奈、ピエール瀧、加藤諒、滝沢カレンといったバラエティに富んだ豪華メンバーをゲストに招いて浜田チームと松本チームに分かれて対決が繰り広げられる。 今回は“集合場所にジョーカーがやってきたらやり直し”という「ジョーカー制 [全文を読む]

『ジョジョの奇妙な冒険』がついに実写映画化! ネット上ではスペインロケに鋭いツッコミも

ガジェット通信 / 2016年09月28日20時30分

三池崇史監督、山崎賢人主演で、第4部「ダイヤモンドは砕けない」の映画化が決定したぞォーッ! 都内で開催された製作発表会見では、主人公・東方仗助役を山崎賢人が演じるほか、神木隆之介(広瀬康一役)、小松菜奈(山岸由花子役)、岡田将生(虹村形兆役)、真剣佑(虹村億泰役)、山田孝之(片桐安十郎役)、伊勢谷友介(空条承太郎役)、観月ありさ(仗助の母親役)、國村隼(仗 [全文を読む]

洋画史上初!歌舞伎座でジャパンプレミア開催決定

Smartザテレビジョン / 2016年07月08日04時00分

来日するジョン・ファヴロー監督、ニール・セディの他、モーグリを優しく、時に厳しく導く、黒ヒョウのバギーラ役の松本幸四郎、モーグリの一番の友達、自由で陽気なクマのバルー役の西田敏行、モーグリに深い愛情を注ぐ、母親オオカミ・ラクシャ役の宮沢りえ、「人間」であるモーグリに強い憎しみを抱く、トラのシア・カーン役の伊勢谷友介という、4人の豪華日本語吹き替え版キャス [全文を読む]

10代の若さでパリ社交界デビュー森星 そのお嬢様力は本物

NEWSポストセブン / 2016年04月23日16時00分

広末涼子(35才)、木村佳乃(40才)、長澤まさみ(28才)など、名だたる女優たちとの交際が話題になった俳優・伊勢谷友介(39才)。そんな伊勢谷がこのたび選んだのは、森星(もり・ひかり 23才)だ。『FRIDAY』(4月15日発売号)でふたりの半同棲生活がキャッチされて以来注目の的となっている。 そんな森星とはどんな人物なのだろうか? 星の父は英恵の元で幼 [全文を読む]

瀬戸朝香と竹野内豊、大切な“出会い”に意気投合!

Movie Walker / 2015年11月10日20時02分

映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』(11月21日公開)のジャパンプレミアが11月10日に東京ドームシティ シアターGロッソで開催され、日本語吹き替え版の声優を務める鈴木梨央、瀬戸朝香、伊勢谷友介、滝川クリステル、竹野内豊、ビビる大木、津川雅彦が登壇。2016年に一番、大切にしたいことを発表した。 本作は、サン=テグジュペリによる世界的ベストセラー「星 [全文を読む]

2冊目の「留魂録」が美和の元に!「花燃ゆ」第44回

Smartザテレビジョン / 2015年11月01日07時42分

野村は、美和の亡き兄・吉田松陰(伊勢谷友介)が最後に記した「留魂録」を持ってきたのだった。「留魂録」といえば、美和の亡夫・久坂玄瑞(東出昌大)が戦乱に散った際、一緒に失われたもの。だが、松陰は2冊目を用意していたのだった。 紆余(うよ)曲折を経て奇跡的に戻ってきた兄の言葉を目にし、美和たちは自らも志を果たすことを決意する。楫取は自らの足で県内を回り、美和も [全文を読む]

NHK大河『花燃ゆ』 撮影現場で感動呼ぶ井上真央マジック発生

NEWSポストセブン / 2015年01月18日07時00分

第2話では、兄・吉田寅次郎(伊勢谷友介・38才)の脱藩によって、姉・寿(優香・34才)は決まりかけていた縁談が破断になり悲しみに暮れた。また、伊之助(大沢たかお・46才)は萩に残していた母親を亡くして落ち込む。そんなふたりを見た文(井上真央)は、伊之助への思いを押し殺しながらも「寿姉さまをお嫁さんにしてください」と懇願する。 同作第2話の山場は、伊之助へ [全文を読む]

【ウラ芸能】井上真央、「ライダー方式」のとばっちり

NewsCafe / 2015年01月17日15時00分

ネット上では別名『イケメン大河』『大河版"花より男子"』などと呼ばれてバカにされていますよ」デスク「出てるイケメンって?」記者「まずは井上演じるヒロイン文(ふみ)の兄、吉田松陰を演じる伊勢谷友介(38)とその友人役の大沢たかお(46)です。しかし、伊勢谷は『龍馬伝』の高杉晋作役で魅せた風雲児ぶりの印象が強く、大沢は『JIN 仁』(TBS系)で演じた医師役の [全文を読む]

「花燃ゆ」優香と大沢たかおの婚礼シーン写真を公開!

Smartザテレビジョン / 2015年01月11日20時45分

1月11日(日)放送では、兄・吉田寅次郎(伊勢谷友介)の脱藩によって、寿は決まりかけていた縁談が破断になり悲しみに暮れてしまう。また、伊之助は萩に残していた母親を亡くして落ち込む。そんな伊之助を見た井上真央演じる文は、伊之助に思いを寄せる自分の気持ちを押し殺しながら、「寿姉さまをお嫁さんにしてください」とお願いする。18日(日)放送の第3話で、無事夫婦に [全文を読む]

大河ヒロイン・井上真央のいじめっ子時代

NewsCafe / 2014年12月11日17時00分

井上は松陰の妹・文(ふみ)を演じ、大沢たかお(46)、伊勢谷友介(38)、東出昌大(26)らイケメン俳優に囲まれた井上がどう演じるかが見もの」というのはテレビ誌ライター。 かねてより、幕末・維新期が舞台の大河は視聴率的には苦戦すると聞くが…。 「今回も松陰の妹という歴史的にはほとんど知られていない人物が主人公ですから、視聴者にアピールするのは難しいところで [全文を読む]

ベッキーを超えた!? 今年大ブレイクのSHELLY、熱愛スキャンダルでも好感度アップ

メンズサイゾー / 2013年12月29日13時00分

これまでウワサになった相手は、モデルのハリー杉山や俳優の伊勢谷友介ら高身長のイケメンばかりだったが、今回はぽっちゃりおじさんが相手ということで好感度が上がっているようだ。 「居酒屋もそれほど高級な店ではありませんでしたし、相手もどこにでもいるような小太りの中年男性。イケメンの芸能人やお笑いタレントと共演することも多いのに、それに流されない庶民的な素顔が明 [全文を読む]

フォーカス