ダイエット 手島優に関するニュース

学生時代21kgもの大幅ダイエット成功した手島優、 今度は5週間で5kg減量に成功!減量成功の記録を公開!

PR TIMES / 2013年03月12日10時00分

販売開始から延べ270万人を超える利用者数のロングセラーダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、手島優の「5週間で5kg減量成功の記録」を公開しました。http://mymd.microdiet.jp/campaign/tejima-5kg/グラビアタレントとしてもバラエティタレ [全文を読む]

「何も知らないのに何も言わないで」坂口杏里、激ヤセの理由を明かす

メンズサイゾー / 2014年02月20日22時15分

168cmと高身長の坂口が1位だったことに共演者たちが驚きの声を上げると、坂口は最近ダイエットに成功したことを明かした。同日の彼女のブログによると、ピーク時には60kgあった体重を43.2kgまで減量したと記されている。実際に、この日の坂口はフェイスラインがスッキリして細身のスタイルになっており、以前の丸顔でふんわりとしたイメージは微塵もない。 この坂口の [全文を読む]

「崖っぷちアイドル」尾崎ナナが“マルハダカ”から大反攻開始?

週プレNEWS / 2012年11月27日19時00分

しかし、30歳の誕生日を機に、先日、テレビ朝日系『お願い!ランキング』のダイエット企画に挑戦し見事成功。このグラビアは、そのごほうびというわけだ。 とはいえ、今回の撮影は実に刺激的。なにしろ大半が、一糸まとわぬ“マルハダカ”なのだ! 見せられない部分は手などで隠しながら、形のいいバストや美しいヒップなど、30歳の熟れたカラダを惜しげもなくさらしている。 担 [全文を読む]

星野源は2週間で5キロ減!芸能人が実践した“短期決戦”ダイエット

アサジョ / 2016年11月16日10時14分

Xデーまでの1~2週間、あるいは3~5日間で痩せなければならないとなったとき、なにかいい方法はあるのでしょうか? そこで今回は、みんなが実践した“短期決戦ダイエット”の方法を調べてみました。■「◯◯だけダイエット」よりも「置き換えダイエット」が有効昔はリンゴダイエットなど、一つの食品しか食べない「◯◯だけ」ダイエットが流行りました。でも、最近では3食のうち [全文を読む]

女性芸能人の体重公開で判明した“痩せてる基準”のあやふやさ

messy / 2014年02月19日16時00分

坂口は最近ダイエットに成功し(彼女のブログによると現在の体重は43.2kg)、ピーク時は60kgあったと話したが、それを聞いた最下位の野呂が気まずそうな表情になっていたことから彼女の体重はそれよりも重いのではないかと推測される。 普段なかなか知ることのできない女性芸能人たちの体重が公開されるというこの斬新かつ衝撃的な企画についてネット上からは、「みんな意外 [全文を読む]

手島優は「女芸人の領域」に踏み込みすぎ!? 股間から液体を絞り出すAKBメンバーも…

メンズサイゾー / 2013年01月15日08時00分

今から10年ほど前に「グラドルブーム」を作ったベテラングラドルたちは、軒並み結婚してママドル化し、結婚に至らない面々は女性ファン獲得に向けてダイエット本を出すなど方向転換して生き残りをはかっている者が多い。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などのバラエティ番組で、有吉弘行らが熊田曜子や磯山さやかをイジり倒し、杉原杏璃など新世代グラドルたちもバラドルへ成功す [全文を読む]

人気美女「お局VS若手」仁義なき蹴落としあい(3)グラドル編 手島優がグラビア戦国時代の舞台ウラを激白

アサ芸プラス / 2012年03月15日11時00分

『やわらか~い』とか言っているけど、ニセ乳だったら潰してやろうと考えているんでしょうね」 ――じゃあ、ダイエットなんかに成功した日には‥‥? 「『絶対に彼氏いるっしょ?』『全身整形』『脂肪吸引』とか、いろいろ言われました。こっちは努力して痩せたのに! 何か、グラビアの女のコって、ネチネチまではいかないけど、さっぱりもしてないんですよね」 ――テレビや雑誌か [全文を読む]

女性芸能人の体重公開! 芸能人は「50キロ以下」が命、は本当か?

tocana / 2014年02月21日09時00分

レディ・ガガが"無理なダイエットをやめよう"キャンペーンを行っていたように、そこまで体重に縛られる必要はない。「見た目が普通ならば問題ない」というツイートが多いように、それが世の男性の声である。 (TV Journal編集部) [全文を読む]

北野映画では電気ドリルで頭蓋骨を貫通

アサ芸プラス / 2012年10月24日10時54分

『そうなんですか』と、慌てて俺もダイエットした。映画の命運を賭ける、ラストシーンの重要さを再認識しました」 「その男、凶暴につき」は大ヒットを記録した。そして「殺し屋・清弘」という、当たり役を演じた白竜のもとには、出演オファーが殺到したのである。 「それまでは、『役者がダメでも、音楽があるからいいや』って、いつでもケツまくろうと思ってた(笑)。ところが『そ [全文を読む]

フォーカス