天才 羽生善治に関するニュース

映画『聖の青春』東出昌大が羽生善治に!豪華追加キャスト一挙発表

NeoL / 2016年06月25日12時07分

100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖(さとし)―。病と闘いながら将棋に全人生を賭け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く感動のノンフィクションエンタテインメント『聖の青春』。主人公・村山聖に、人気実力を兼ね備える俳優・松山ケン [全文を読む]

人工知能を相手に羽生善治さんの指が震える時[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年05月24日07時40分

【参考】天才棋士・羽生善治と天才プログラマー・ハサビスの対話[茂木健一郎]先日のイ・セドルさんとAlphaGoの対決では、第2局の37手目のような、従来の常識をくつがえすような人工知能側の手が話題になったが、もともと、羽生善治さんは固定観念にこだわらない、柔軟な指し手で知られる。コンピュータ、人工知能というものの特性、そして現代将棋における意味を理解し尽く [全文を読む]

第2回将棋電王戦 第1局 電王戦記1.2 (筆者:夢枕獏)

ニコニコニュース / 2013年03月28日18時00分

そもそも、将棋のプロ棋士というのは、とてつもない天才である。 小学生の頃に、大人のアマチュア四段、五段と指して負けない。そういう少年が将棋の奨励会に入るのだ。 能力のある者がない者が、どんぐりの背くらべをするのではない。 子供の頃からの天才が、その天才を比べっこしているのが奨励会なのである。 その中から、プロ棋士になるような人間は大天才であり、さらにA級 [全文を読む]

62年ぶりの快挙!14歳2ヶ月のプロ棋士藤井新四段に驚き

しらべぇ / 2016年09月05日11時00分

14歳2ヶ月という記録は「神武以来の天才」といわれた加藤一二三九段を62年ぶりに更新するもので、羽生善治三冠をも超えているだけに、ファンに驚きが広がっている。藤井聡太くんが最年少(14歳2ヵ月)でプロ棋士に。ほんとすごいです。しばらくは将棋界の一大ニュースになりそうです。— 本川卓佐 (@1Kyokyo) September 3, 2016藤井新四段まじか [全文を読む]

サッカー中田・カズが“栄光なき天才”財前宣之を語る

Smartザテレビジョン / 2016年08月12日10時00分

8月13日(土)夜9時からフジテレビ系にて、土曜プレミアム「栄光なき天才たち」が放送される。誰もが知る栄光に満ちた天才たちと、さまざまな理由で評価されなかった栄光なき天才たちの生きざまを紹介することで、幸せな人生の歩み方を学ぶ“幸福追求ドキュメントバラエティ”。 その中でも注目は、サッカー界の“栄光なき天才”財前宣之。日本サッカー界きっての天才といわれた中 [全文を読む]

棋士・村山九段を描いた「聖の青春」公開!身近に天才っている?

しらべぇ / 2016年11月18日21時00分

(画像は『聖の青春』オフィシャルサイトのスクリーンショット)19日、羽生善治現三冠と並び称される天才といわれながら、29歳という若さでこの世を去った将棋棋士村山聖九段の人生を描いた映画『聖の青春』が公開される。■徹底した役作りで話題『聖の青春』は、2000年に元・「将棋世界」編集長の大崎善生氏が執筆したノンフィクション小説の映画版だ。主演の松山は小説を数年 [全文を読む]

稀代の天才が語る、恐れや不安を乗り越え、勝ち続けるための思考法―新刊書籍『迷いながら、強くなる』(著者:羽生 善治)5月20日(金)発売!

DreamNews / 2016年05月30日09時00分

恐れや不安、葛藤のない人などいない―稀代の天才と称される将棋棋士・羽生善治も例外ではないのだ。数多くの対局を経験する中で、もうどうにもならないとさえ思える状況に直面したとき、どのように局面を乗り越え、切り抜け、そして勝ち続けて来たのか。 「迷いやミスがあったからこそ、ここまで来ることができた」(羽生善治) ◎迷ったら「待つ」のも有効な手段◎いつも「半信半疑 [全文を読む]

加藤一二三9段引退 駆け抜けた60年超の将棋人生に賞賛の声集まる

しらべぇ / 2017年01月20日17時30分

— 加藤一二三@1/23ニコ生ひふみん特番 (@hifumikato) January 18, 2017■神武以来の天才1954年、14歳7ヶ月で史上初めての中学生プロ棋士となった加藤は、数々の記録を打ち立て「神武以来(我が国始まって以来)の天才」とたたえられた。記録だけでなく、名人1期、十段(竜王)3期などタイトルを8期獲得。通算勝利数は1,323勝で歴 [全文を読む]

ひふみん?桐谷さん?知名度の高い棋士はやっぱりこの人

しらべぇ / 2016年07月05日21時00分

続いて、かつて神武以来の天才と呼ばれ、最近はひふみんのニックネームで人気の加藤一二三九段が3位に。以下、羽生三冠のライバルで十八世永世名人の森内俊之九段、現在序列ナンバーワンの渡辺明竜王、「桐谷さん」こと桐谷広人七段、棋界きってのエンターテイナー橋本崇載八段、マンモスオヤジギャグの豊川孝弘七段と続く。また、「誰も知らない」と答えた人も2割存在。これは少々悲 [全文を読む]

天才棋士・羽生善治と天才プログラマー・ハサビスの対話[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年05月17日07時40分

茂木健一郎[脳科学者]* * *5月15日放送のNHKスペシャル『天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る』はとてもおもしろかった。さまざまな場面がある中で、白眉は、羽生善治さんが、ディープマインド社の(AI開発者の)ハサビス氏と英語で話し、チェスをするシーンだったように思う。なぜ、羽生さんとハサビスがチェスをするシーンが面白かったのかと言えば、そこに、二人 [全文を読む]

羽生善治三冠が目指す「自由な将棋」が名人戦の大激戦を演出

NEWSポストセブン / 2014年05月20日07時00分

以来、同じ年に生まれた2人の天才は、数十年にわたって棋界の頂点で死闘を続けることになる。早熟の天才・羽生善治三冠(43)と円熟の天才・森内俊之竜王・名人(43)。ともに永世名人同士、実に名人戦にして9度の戦いとなる「第72期名人戦」に作家・大崎善生氏が密着した。5月8、9日に行なわれた第3局の様子を綴る。 * * * 初対決から33年後、この日相矢倉から始 [全文を読む]

「やらせてください」と直訴 松山ケンイチがつかんだ“10年に一度の作品”

anan NEWS / 2016年11月21日21時43分

スーツ¥115,000(タリアトーレ/エストネーション TEL:03・5159・7800) シャツ¥35,000(ジョバンニ イングレーゼ/トゥモローランド TEL:0120・983・522) タイ¥10,000(カラブレーゼ/シップス 銀座店 TEL:03・3564・5547) チーフ¥6,500(ポール・スチュアート/SANYO SHOKAI TEL: [全文を読む]

松山ケンイチが最新作でみつけた「人生の意味」

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日16時13分

本作は、天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山 聖の、病と闘いながら将棋に全人生を懸けた感動のノンフィクション作品。今回、主人公・村山聖を演じる松山ケンイチにインタビューを行い、役作りにあたっての強い思いを聞いた。――元々原作を読まれていて、自分から役に名乗り出たという松山さん。原作の感想はいかがで [全文を読む]

孤高の天才・羽生善治と村山聖が結んだ「特別な関係」。「会いたい」と思い合った知られざる絆とは?

Movie Walker / 2016年11月17日10時00分

「東の羽生、西の村山」と羽生善治名人と並び称されながら、29歳の若さで亡くなった天才棋士・村山聖。彼の実話を描く映画『聖の青春』(11月19日公開)では、村山と羽生のライバル関係にもフォーカス。彼らが2人にしかわからない絆を育んでいたことが明かされる。森義隆監督と原作者の大崎善生にインタビューし、“天才同士の絆”について語り合ってもらった。大崎のノンフィク [全文を読む]

作家・大崎善生氏 怪童・村山聖九段と過ごした奇跡の時間

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

濃密な時間を共に過ごした原作者・大崎善生氏が天才棋士の知られざる素顔を綴る。 * * * その日は大阪で仕事があり、大阪に行ったときは決まってそうするように、夜遅くまで森信雄七段と飲んでいた。関西将棋会館のある福島界隈である。泊まるのはいつも森さんのマンション。東京へ森さんが来たときは必ず私の部屋へ、長い時には1週間以上もともに過ごした。 1987年の2月 [全文を読む]

秦基博から天才へ!想いが詰まった主題歌にトリハダ

Movie Walker / 2016年09月02日07時00分

天才棋士・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、ガンによって29歳の若さで亡くなった実在の棋士・村山聖。病と闘いながら将棋に全人生をかけた男の一生を描く『聖の青春』(11月19日公開)の主題歌が秦基博の「終わりのない空」に決定した。 さらに村山聖を演じる松山ケンイチ、村山のライバル・羽生善治役の東出昌大、村山の弟子・江川貢に扮する染谷将太をは [全文を読む]

トビー・マグワイアと「ラスト サムライ」の監督が贈る、歴史を動かしたチェス頂上決戦の真実 『完全なるチェックメイト』

NeoL / 2015年10月23日00時37分

伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが挑む<世紀のチェスマッチ>の真相にせまる映画「PAWN SACRIFICE」(邦題『完全なるチェックメイト』)が、12月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開。 本作は、米ソ冷戦時代、実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが、チェス最強国ロシアの絶対王者ボリス・スパスキーに挑 [全文を読む]

羽生善治氏と井山裕太氏 将棋と囲碁の天才2人が「8冠対談」

NEWSポストセブン / 2015年02月02日16時00分

将棋では19年前に天才棋士・羽生善治(44)が25歳で史上初の7冠制覇を達成した(現在は4冠)。 そしていま囲碁の世界にも新たな天才が出現した。井山裕太、25歳。一昨年は7大タイトルのうちの6冠を獲得。昨年は王座、天元を失って4冠に後退したものの、「史上初の7冠に最も近い棋士」と期待され、現在、囲碁界最高のタイトル棋聖戦の防衛戦の真っ最中だ。19歳違いの天 [全文を読む]

チェス界伝説の天才の生涯を追った評伝 巻末解説は羽生善治

NEWSポストセブン / 2013年03月29日16時00分

【書籍紹介】『完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯』フランク・ブレイディー著/佐藤耕士訳/文藝春秋/2625円 1956年。13歳のフィッシャーは、全米オープン選手権前チャンピオンとのチェスの対戦で、自らのクイーンを取らせて勝つという勝負を演じる。この〈「世紀の一局」は五十年以上ものあいだ語り継がれ、分析され、賞賛されてきた〉。後に彼はアメリカ人 [全文を読む]

天才棋士・藤井聡太四段 両親ともに将棋はささない新世代

NEWSポストセブン / 2017年04月28日16時00分

天才天才っていわれますけど、そんな報道を見ると、どこか他人事みたいに『へぇ~』って。ピンとこないというか、実感がないんです」 そう笑いながら話すのは、昨年10月、史上最年少の14才2か月でプロ入りした藤井聡太四段(14才)の母・裕子さん(47才)。 藤井四段は、インターネットテレビ局AbemaTVの企画で、非公式戦ながら将棋界の「絶対王者」羽生善治三冠 [全文を読む]

フォーカス