現在 羽生善治に関するニュース

「羽生善治の将棋のお手本~初心者からの定跡講座~」~Google Playで配信開始~

PR TIMES / 2015年07月13日13時28分

本アプリは、2013年2月にiOS版を先行配信しており、現在までランキング入りするロングセラー。将棋を学ぶアプリとして、新たなジャンルを確立する象徴的なアプリになりました。本アプリのテーマは「定跡入門」。駒の動かし方を覚えた程度の初心者が、ゼロから勝つためのセオリー(=定跡)をより手軽に理解すること目指しました。近年増加している「観る将棋ファン」に対しても [全文を読む]

羽生善治監修 日本将棋連盟推薦 iPhone/iPad用アプリケーション

PR TIMES / 2013年08月08日13時19分

将棋を指す上で必要となる基礎知識を、手軽に楽しみながら、自然に覚えることができるアプリで、第1弾は「初心者からの定跡講座」として現在配信されています。第2弾となる本アプリのテーマは「手筋入門」。ルールを覚えた程度の初心者が、駒の効果的な使い方を習得し、手軽に上達することを目指しました。将棋入門書に必ずある「駒の使い方」をメインに学びながら、どういった手が良 [全文を読む]

「羽生善治の将棋のお手本~上達する初心者からの手筋講座~」のAndroid版をGooglePlayで配信開始

PR TIMES / 2015年08月03日13時57分

2013年8月にiOS版が発売され、現在もダウンロードが続くロングセラー。■そもそも手筋とは?手筋とは、有効に駒を使うテクニックのことです。対局で良い手を指したくも、良い手を知らなければ指すことはできません。定跡が「進行のお手本」なら、手筋は「好手のお手本」と言ったところです。例えば定跡を覚えて有利になったとしても、そこからどう指して良いかわからなくなるこ [全文を読む]

天才棋士 羽生善治×各界のトップランナー4 人が語りつくす 『共鳴する頭脳 羽生善治対談集』11 月23 日(土)発売

PR TIMES / 2013年11月19日12時16分

対談相手となったのは、『チーム・バチスタの栄光』など多数のベストセラーで知られる作家・海堂尊氏や、J リーグ創設から現在まで常に中心的な役割を担ってきた日本サッカー協会最高顧問・川淵三郎氏など、活躍する分野が異なる4 人。トップランナー同士による会話は、活躍する分野は違えども、その違いを超えた本質的な部分で共感し、共鳴していきます。人生を豊かにしてくれる言 [全文を読む]

62年ぶりの快挙!14歳2ヶ月のプロ棋士藤井新四段に驚き

しらべぇ / 2016年09月05日11時00分

— 本川卓佐 (@1Kyokyo) September 3, 2016藤井新四段まじかぁ最近の四段勢都成さんくらいしかわかんないけど最年少もやけど一期抜けはすごいなあ— くろひょう (@N2vjX) September 3, 2016記録を敗れられた形の加藤九段だが、Twitterで祝福の言葉と現在の心境を述べた。藤井聡太新四段のご誕生まことにおめでとうご [全文を読む]

ひふみん?桐谷さん?知名度の高い棋士はやっぱりこの人

しらべぇ / 2016年07月05日21時00分

やはり現在の棋界において突出した強さをみせ、テレビCMにも出演経験のある羽生三冠の知名度は絶大のよう。ここでも「羽生強し」といえる。2位には現日本将棋連盟会長で、十七世永世名人の谷川浩司九段が入った。続いて、かつて神武以来の天才と呼ばれ、最近はひふみんのニックネームで人気の加藤一二三九段が3位に。以下、羽生三冠のライバルで十八世永世名人の森内俊之九段、現在 [全文を読む]

稀代の天才が語る、恐れや不安を乗り越え、勝ち続けるための思考法―新刊書籍『迷いながら、強くなる』(著者:羽生 善治)5月20日(金)発売!

DreamNews / 2016年05月30日09時00分

2008年には永世名人(十九世名人)の資格を獲得し、現在、永世棋聖、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将と合わせて、全7タイトル中6つの永世称号の資格を有する。2012年7月、生涯獲得タイトル数が81期となり、歴代1位となった。同年8月、史上5人目となる1200勝を最速・最年少で達成。著書に『決断力』『大局観』『直感力』『羽生善治 闘う頭脳』などがある。 [全文を読む]

羽生善治氏と井山裕太氏 将棋と囲碁の天才2人が「8冠対談」

NEWSポストセブン / 2015年02月02日16時00分

将棋では19年前に天才棋士・羽生善治(44)が25歳で史上初の7冠制覇を達成した(現在は4冠)。 そしていま囲碁の世界にも新たな天才が出現した。井山裕太、25歳。一昨年は7大タイトルのうちの6冠を獲得。昨年は王座、天元を失って4冠に後退したものの、「史上初の7冠に最も近い棋士」と期待され、現在、囲碁界最高のタイトル棋聖戦の防衛戦の真っ最中だ。19歳違いの天 [全文を読む]

ついに山が動く?羽生善治名人と人工知能の対局が実現か

しらべぇ / 2016年05月19日21時00分

なお現在、人間代表の山崎隆之八段とAI代表のPonanzaが対局する電王戦が開催されているが、羽生名人は人間代表を決定する棋戦には参加していない。一部からは「逃げている」などと批判の声もあったが、9日に開かれた番組の取材会で「近々のうちに何かしらのアナウンスができると思う」と発言。初めて対局に前向きな姿勢を見せている。■世間はコンピューターのほうが強いと認 [全文を読む]

「KUMON NOW!」はじめました。

PR TIMES / 2013年09月05日09時23分

OB・OGインタビューとスペシャルインタビューでは、ご自身の生い立ちから、現在の仕事に就くまでのエピソード、仕事に対する思い、これからの夢などをたっぷり語っていただきます。 コンテンツ名 コンテンツ趣旨 と 9月・10月配信内容 OB・OGインタビュー Catch the Dream - 夢をかなえる力 各界で活躍する公文のOB・OGが、「幼少期のこと」 [全文を読む]

将棋界期待の新星!中学生棋士・藤井聡太四段の本当の収入とは!?

アサ芸プラス / 2017年05月29日17時59分

また、藤井四段は公式戦以外に羽生善治三冠との非公式の対局なども行なっていて、現在のところ月収は50万円くらいではないでしょうか」(スポーツ紙記者) 中学生としては破格の年収だ。しかも、この金額でいるのも最初だけ。今後、夢のような年収へ駆け上っていくことは容易に想像がつく。「竜王戦にしても、6組で優勝したので次の5組への昇級は確定していますから、来年の賞金額 [全文を読む]

佐藤康光九段、3度目の優勝に虎視眈々

NHKテキストビュー / 2017年04月28日17時00分

「戌年の長老、加藤治郎名誉九段を囲む会でした」(森内)当時から現在に至るまで、戌年だけがこのような会をやっていたわけで、佐藤が戌年の棋士が多いと感じたのは無理もない。「これだけ変わってしまう人も珍しい」(森内) というほど佐藤の棋風が変化したのも、きっかけは戌年の羽生善治三冠だった。佐藤は自著で、30代になって対羽生戦で大きく負け越したことが棋風改造の発端 [全文を読む]

名人がソフトに完敗の将棋電王戦…「歴史的役割」は終わった?

しらべぇ / 2017年04月07日10時00分

内容的はPONANZAの圧勝で、佐藤名人も記者会見で「現在のプロ棋士を超える実力を持っている」と認めるほど。将棋関係者やファンも薄々わかってはいたものの、やはり現実を突きつけられたことにはショックの声もでた。対局場の日光東照宮といえば、将棋を愛した徳川家康ゆかりの地。家康公も草葉の陰で、地団駄を踏んでいたかもしれない。■電王戦は今期で終了数々の熱戦を繰り広 [全文を読む]

映画『3月のライオン』前編が公開!覚えたい将棋用語4選

しらべぇ / 2017年03月18日18時00分

■漫画やTVアニメが高い人気『3月のライオン』は現在教育テレビでTVアニメとして放送中で、こちらも高い人気を持つ。ストーリーの良さはもちろんだが、棋士の心理描写などが忠実であるうえ、棋譜もプロの公式戦で指されたものが登場。そのため矛盾点がほとんどなく、コアな将棋ファンが見ても楽しめ、勉強になる内容になっているのだ。そんな『3月のライオン』の世界観を実写映画 [全文を読む]

命をかけるほど頑張ったことありますか? 映画『聖の青春』に見る短くも濃い生き方

Suits-woman.jp / 2016年11月30日10時00分

そんな彼の人生を描いた映画『聖の青春』が現在、大ヒット上映中。今回は、村山の壮絶な将棋人生と、この映画の魅力を分析します!生きること=将棋村山聖(松山ケンイチ)は、幼少から「ネフローゼ」という難病を患い、常に高熱と全身のだるさと闘っていました。彼が病床で出会ったのは、父が買ってくれた将棋セット。村山は将棋の魅力に引き込まれ、将棋の名人になることを決意。日々 [全文を読む]

「アヒル」だらけ! 羽生善治の妻・畠田理恵の奇妙すぎるTwitterが話題沸騰

日刊サイゾー / 2016年10月13日21時00分

10月8日現在でフォロワーの数は2万6,000人を超え、急速にその数を増やし続けている。 最初に「こちらのアカウントは大量の【あひる】と【うさぎ】と【犬】のリツイート画像が流れます」との断わりがあるのだが、覗いてみると、本当に「アヒル」と「うさぎ」画像のオンパレード。しかも、1日平均190ツイートと、尋常じゃない回数だ。 「とにかく、かわいいアヒルとうさぎ [全文を読む]

将棋電王戦は棋士が完敗!雪辱を期して羽生名人が出陣へ

しらべぇ / 2016年05月25日21時00分

羽生名人は現役最強棋士で、現在四冠王であることから優勝にもっとも近い存在。山崎八段が完敗だっただけに、「羽生にリベンジしてほしい」と考えている人は多い。■ファンからはさまざまな反応電王戦の結果や羽生名人の叡王戦参戦について、ファンに聞いてみると...「山崎八段は事前研究よりも棋士としての感覚にかけたのだと思います。それが山崎八段の棋風なので仕方ないかなあと [全文を読む]

羽生善治名人、ついにコンピューター将棋と対決か―「電王戦」予選に出場

インターネットコム / 2016年05月23日16時15分

電王戦は現在、棋士同士が競う「叡王戦」、コンピューターシステム同士が競う「電王トーナメント」それぞれの優勝者が、2番勝負を行う方式となっている。次回は2016年5月下旬から順次予選が進み、人間と機械の対決は2017年春を予定している。 その叡王戦の出場棋士リストに、羽生善治名人の名前が載っているとあって話題だ。ほかにも有力棋士があまた参加しているため、必 [全文を読む]

マツケン主演映画で人気上昇?将棋を愛する人の『魅力』に迫る

しらべぇ / 2016年03月07日16時00分

(1)羽生善治名人現役最強の棋士で、現在5つのタイトルを保持。ほぼ通年でタイトル戦に出場し、勝利を続けている。追いこまれるほど力を発揮し、難解な局面から逆転勝利することが多く、その様子は「羽生マジック」と呼ばれる。(2)森内俊之九段羽生善治名人のライバルで、永世名人の称号を羽生名人より先に獲得。鉄板流と呼ばれる受けの強さで強さをみせる。物腰柔らかな性格も [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 郷田真隆九段 対 豊島将之七段 (内田晶)

ニコニコニュース / 2015年10月22日14時00分

現在、ソフトのうまい使い方を模索しているそうだ。従来になかったスタイルを確立し、新時代を担う代表的な棋士として、さらなる進化を遂げるのだろうか。今後も目が離せない存在になりそうだ。■トップ棋士としての矜持 叡王戦は公式戦初となるエントリー制が採用された。羽生善治名人や渡辺明棋王ら、出場を辞退した5人以外の棋士が参加を表明したのだが、筆者にとって郷田がエント [全文を読む]

フォーカス