伝説 羽生善治に関するニュース

映画『聖の青春』東出昌大が羽生善治に!豪華追加キャスト一挙発表

NeoL / 2016年06月25日12時07分

人間の知の限界に挑戦し続けた伝説の将棋指しの人生を、師匠、ライバルほか周囲から愛された記憶と共に、愛情豊かに描き出す。 【あらすじ】 1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)七段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患 [全文を読む]

松山ケンイチが最新作でみつけた「人生の意味」

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日16時13分

伝説の棋士・村山 聖(さとし)の29年の生涯を描く映画『聖の青春』が11月19日に公開される。本作は、天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山 聖の、病と闘いながら将棋に全人生を懸けた感動のノンフィクション作品。今回、主人公・村山聖を演じる松山ケンイチにインタビューを行い、役作りにあたっての強い思いを [全文を読む]

松山ケンイチと東出昌大が「生き方に惹かれた」伝説の棋士とは?

Movie Walker / 2016年10月28日14時00分

今年の東京国際映画祭でクロージング作品にも選ばれた本作の公開が待ち遠しい!【Movie Walker】 [全文を読む]

チェス界伝説の天才の生涯を追った評伝 巻末解説は羽生善治

NEWSポストセブン / 2013年03月29日16時00分

※週刊ポスト2013年4月5日号 [全文を読む]

映画「聖の青春」に涙腺崩壊する人続出「これから見に行く人、ハンカチ必須です!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日11時00分

若干29歳という若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖の姿を描いた映画「聖の青春」。2016年11月19日(土)に公開されると号泣する人が続出する事態となり、「これはハンカチ持って行かないとダメ!」との声が多く上がっている。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 同作は2000年に発表された大崎善生の同名ノンフィクション小説が原作。羽生善治とならび、「東 [全文を読む]

羽生、村山、森内…将棋界「羽生世代」の青春

日刊大衆 / 2016年11月25日21時00分

29歳で夭折し、伝説になった男。盤上で彼らはいかに戦ってきたのか――。 正確な読みで“天才”と呼ばれながら、29歳で逝去した村山聖九段。その壮絶な生涯は大崎善生の小説『聖の青春』で知られ、このたび松山ケンイチ主演で映画化、11月19日に公開された。ライバルの羽生善治を東出昌大が演じることも話題となった。 村山は1969年生まれ。70年生まれの羽生善治三冠を [全文を読む]

羽生善治のライバル・村山聖の愛読書はあの名作少女漫画だった? 映画『聖の青春』には「怪童」の意外な一面もわかるほっこりシーンも登場

AOLニュース / 2016年11月13日17時00分

『聖の青春』は11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開<関連動画はこちら>(C)2016「聖の青春」製作委員会 ■『聖の青春』公式サイトsatoshi-movie.jp ■今読まれています ・トランプ氏を警戒しまくるニャンコが面白すぎるwww 【動画】 ・【知られざるトランプ伝説】プロレスで培った「アオり系演説パフォーマンス」 ・ロバ [全文を読む]

【松ケン主演映画『聖の青春』】将棋界最高峰のタイトル「名人」を命がけで目指した伝説の将棋棋士の一生

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月05日11時00分

幼少より難病を患いながらも、鬼気迫る執念で、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し続けた伝説の棋士をご存じだろうか。その名も村山聖(さとし)。「死か名人かその2つに1つを選択しようとしているようや」――将棋に全身全霊を注ぐ彼の姿を見た周囲の棋士たちは心底そう感じたという。圧倒的な強さで「東に天才羽生がいれば、西に怪童村山がいる」と世間から注目を集めながらも [全文を読む]


数々の伝説を持つ天才棋士、“ひふみん”こと加藤一二三のすべてがわかる!『将棋世界Special vol.4「加藤一二三」~ようこそ! ひふみんワールドへ~』11月30日(土)発売

PR TIMES / 2013年11月22日11時53分

ほかにも、長年加藤将棋を見続けてきた観戦記者による加藤一二三論や、さまざまな加藤伝説を解説する「ひふみん7不思議」、「ひふみん○×クイズ」、中原誠十六世名人と勝又清和六段による豪華対談など、魅力あふれる加藤一二三像をお届けします。 棋士・加藤一二三のすべてがわかる決定版。すべての将棋ファン、ひふみんファンにおくる一冊です。 ---------------- [全文を読む]

谷川浩司が羽生七冠達成時述懐「この人は違う。自分は自分」

NEWSポストセブン / 2012年10月21日07時00分

将棋界には“死闘”と呼ぶに相応しい伝説の名勝負が数多く存在する。谷川浩司王将対羽生善治6冠(いずれも当時)との間で争われた第44期王将戦(1995年)もその1つ。ルポライターの高山武将氏が、当時の模様を綴る。 * * * 青森県奥入瀬はまだ深い雪に覆われていた。1995年3月24日。十和田湖畔のホテルは、異様な熱気が充満していた。第44期王将戦七番勝負の最 [全文を読む]

松山ケンイチ 26kg激増熱演にあった村山聖さん両親との対面

WEB女性自身 / 2016年12月02日12時00分

「作中で松山さんが髪の毛を切るシーンを見たとき、『聖の生き写しだ』と思いましたね」 伝説の棋士 村山聖さん(享年29)の母・トミコさん(83)は、現在公開中の映画『聖の青春』についてこう語った。腎臓の難病・ネフローゼを患いながらも将棋に人生を賭けた聖さんは 東の羽生・西の村山 と言われ、あの羽生善治(46)と並び称された天才棋士。作中では松山ケンイチ(31 [全文を読む]

「3月のライオン」人気キャラ・二海堂のモデルは羽生善治のライバル棋士・村山聖だった! 村山の29年の生涯を描いた映画『聖の青春』公開中

AOLニュース / 2016年11月26日21時30分

実はこの二海堂、現在劇場公開されている映画『聖の青春』の主人公である村山聖(むらやま・さとし)がモデルとなっていることはご存知だろうか? 村山は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、29歳にして亡くなった伝説的棋士だ。"怪童"とも呼ばれた彼は、病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた。 そんな村山は [全文を読む]

『聖の青春』で羽生を演じた東出昌大「この映画は恋愛モノ」

NEWSポストセブン / 2016年11月18日16時00分

病と闘いながら将棋に人生を捧げ、29才という若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖(松山ケンイチ)の生涯を描いた映画『聖の青春』が11月19日に公開される。この作品で、村山聖の最大のライバルと称された羽生善治を演じたのが東出昌大(28才)だ。役者としても転機となったという、この作品への想いを東出が語る。 * * * この映画はある種、恋愛モノだと思っているんで [全文を読む]

松山ケンイチ&東出昌大『聖の青春』が役者人生に与えた多大なる影響

Movie Walker / 2016年11月18日09時00分

羽生を追い詰めた伝説の棋士・村山。本作は、村山が病と闘いながら全力で駆け抜けた、29年の生涯を描く人間ドラマだ。松山は、「30代に入る時に、全身全霊をかけて役を作ってみたい。自分のすべてをかけて、限界を超えたところで見える景色を体験してみたいと思っていました」と前のめりの姿勢を明かす。「大河ドラマ『平清盛』はそういうことができた作品だった」と言い、「もう一 [全文を読む]

松山ケンイチ、東京国際映画祭で「パワーと勇気をもらえた」

Movie Walker / 2016年11月02日20時50分

本作は、大崎善生のノンフィクション小説を原作に、天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながらも29歳の若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖の実話を描く人間ドラマ。「勝負の世界で頂点を目指して闘う」という映画の内容から、リオデジャネイロ五輪でも活躍した女子レスリングの吉田選手と重量挙げの三宅選手、カヌーの羽根田選手がゲストとして招かれた。 すでに [全文を読む]

金髪パンチで対局、謎の行動も…異色すぎる橋本八段の魅力

anan NEWS / 2015年11月13日12時00分

この日から、ハッシー伝説は始まった。勝利した橋本さんは、番組が終わる瞬間も、チラッチラッとカメラ目線という謎の行動を…。 ※『anan』2015年11月18日号より。写真・松木宏祐 イラスト・タテノ カズヒロ [全文を読む]

トビー・マグワイアと「ラスト サムライ」の監督が贈る、歴史を動かしたチェス頂上決戦の真実 『完全なるチェックメイト』

NeoL / 2015年10月23日00時37分

伝説の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが挑む<世紀のチェスマッチ>の真相にせまる映画「PAWN SACRIFICE」(邦題『完全なるチェックメイト』)が、12月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開。 本作は、米ソ冷戦時代、実在の天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが、チェス最強国ロシアの絶対王者ボリス・スパスキーに挑 [全文を読む]

思わず納得! リアル車将棋の駒となるトヨタの名車が判明!!

clicccar / 2015年01月28日16時00分

FRの操縦性が今でも伝説になっており、このクルマの人気があってこそ現在のトヨタ86があるといっても間違いありません。レビンは「稲妻」という意味で電光石火の飛車にぴったり。 【角行には1960年発売のランドクルーザー40系】 3代目ランドクルーザーとして登場した40系は、初登場から50年以上が経過する今でも世界中で活躍するヘビーデューティーな4輪駆動車。陸の [全文を読む]

ここ20年将棋界を牽引している40代 羽生世代が未だ君臨

NEWSポストセブン / 2012年10月19日16時00分

その後の研究会ブームの先駆となった伝説的な研究会だ。原点を知る主宰者、島朗九段に「羽生世代」の強さの理由を、ルポライターの高川武将氏が聞いた。 * * * まだ奨励会にいた森内さんと佐藤さんを誘って研究会を始めたのが1986年の夏でした。当時、二人は16、17歳。私は23歳で六段でしたが元々一番志向がなく、満足しているところがあって(笑)。このままでは生き [全文を読む]

フォーカス