名誉 羽生善治に関するニュース

映画『聖の青春』東出昌大が羽生善治に!豪華追加キャスト一挙発表

NeoL / 2016年06月25日12時07分

自分も出てくるので気恥ずかしいところもありますが東出さんに演じて頂いたのはとても名誉な事だと思っています。 将棋を知らない人達にも楽しんで感じて観てほしいと思います。 ・森義隆監督 −−東出昌大さんについて 人類を代表する知性、しかもいまだ現役で棋界のトップを走る羽生さんを演じるということは、どんな俳優にとっても大きな重圧だと思います。しかし、東出昌大とい [全文を読む]

稀代の天才が語る、恐れや不安を乗り越え、勝ち続けるための思考法―新刊書籍『迷いながら、強くなる』(著者:羽生 善治)5月20日(金)発売!

DreamNews / 2016年05月30日09時00分

2008年には永世名人(十九世名人)の資格を獲得し、現在、永世棋聖、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将と合わせて、全7タイトル中6つの永世称号の資格を有する。2012年7月、生涯獲得タイトル数が81期となり、歴代1位となった。同年8月、史上5人目となる1200勝を最速・最年少で達成。著書に『決断力』『大局観』『直感力』『羽生善治 闘う頭脳』などがある。 [全文を読む]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

【柳原朔太郎→米長邦雄永世棋聖と加藤一二三九段 】 (現役最年長棋士であった) 映画は、神宮寺(中原誠十六世名人モデル)さんとコンビだからか、棋士に例えると、ライバルだった米長邦雄名誉棋聖寄りになっておりますね。今だと、加藤九段が近いと思います。 ※映画の将棋監修は、先崎学九段、村中秀史六段、藤森哲也五段のプロ棋士を含む4名体制で行われました。 『3月の [全文を読む]

佐藤天彦名人が「貴族」のニックネームについて思うこと

NHKテキストビュー / 2017年02月10日08時00分

* * *■Q/私は竜王を獲得したとき地位も名誉も収入も得て満足感がありました。現在はどんな心境ですか? A/藤井先生と違い、私は3回目のタイトル挑戦で名人位を獲得しました。しかもその3回が短期間にありましたので、名人うんぬんよりもタイトルを獲得できたことへの安堵(あんど)感はありました。それが名人だったというのには驚いています。確かに地位も名誉も収入も得 [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(6)羽生を負かすことに慣れた

アサ芸プラス / 2013年03月21日09時54分

竜王を除く六冠の永世称号と96年の全七冠制覇は将棋界初であり、4連覇中の一般棋戦NHK杯(通算10回優勝)の名誉選手権者でもあるのだ。 棋士生活13年の渡辺は、03年に獲得した竜王を9連覇中。09年、21歳9カ月での九段昇段は最年少記録で、通算タイトル獲得数10期は10位につけている。 [全文を読む]

佐藤康光九段、3度目の優勝に虎視眈々

NHKテキストビュー / 2017年04月28日17時00分

「戌年の長老、加藤治郎名誉九段を囲む会でした」(森内)当時から現在に至るまで、戌年だけがこのような会をやっていたわけで、佐藤が戌年の棋士が多いと感じたのは無理もない。「これだけ変わってしまう人も珍しい」(森内) というほど佐藤の棋風が変化したのも、きっかけは戌年の羽生善治三冠だった。佐藤は自著で、30代になって対羽生戦で大きく負け越したことが棋風改造の発端 [全文を読む]

フォーカス