インタビュー 羽生善治に関するニュース

人工知能を相手に羽生善治さんの指が震える時[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年05月24日07時40分

ところで、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で羽生善治さんをインタビューしたとき、強烈な印象に残ったのが、羽生善治さんの感情力だった。羽生さんは、緊迫した局面で勝利を確信すると、駒を指す手が、震えるのである。羽生さんと対局していて、駒を指す羽生さんの手が震えると、相手は、「ああ、負けたな」と悟る。そう言ってもいいくらい、羽生さんの感情は烈しい。そして [全文を読む]

AIの脅威に直面するトップ棋士たちの苦悩…淘汰か共存か?

週プレNEWS / 2016年10月11日11時00分

だったら棋士にじっくりとソフトについて話を聞こうと、羽生善治(はぶ・よしはる)三冠ら11人のプロ棋士にインタビューし、その反応をまとめてみようと考えたんです。 ―ソフトの台頭によって、将棋界は変わるのでしょうか? 大川 すでに対局の風景が変わりつつあります。例えば、対局中は携帯電話の電源はオフにするということがルールになっている。何しろ、今の将棋ソフトは無 [全文を読む]

「KUMON NOW!」はじめました。

PR TIMES / 2013年09月05日09時23分

天才棋士・羽生善治さん、発達心理学の第一人者・藤永保先生にインタビュー ■変動期の「いま」、外部の方たちとごいっしょに、教育や学びについて見つめ直したい このたび株式会社 公文教育研究会(代表取締役社長・角田秋生 )は、9月3日より、新webニュース『KUMON NOW !』(コンテンツは次項をご参照ください)の配信をスタートしました。 配信の背景は、「い [全文を読む]

デビュー18連勝! 将棋界期待の星“スーパー中学生”藤井聡太四段 強さは果たして本物なのか?

日刊サイゾー / 2017年05月19日00時00分

インタビューの受け答えなどを見ると、14歳とは思えぬ落ち着きぶりを発揮しており、大物の素質は十分。将棋界や将棋ファンは、羽生さんが全七冠を制覇した“羽生フィーバー”以来の盛り上がりを期待しています」(同) 超新星の快進撃は、いつまで続くのか――。 [全文を読む]

松山ケンイチが最新作でみつけた「人生の意味」

Smartザテレビジョン / 2016年11月18日16時13分

今回、主人公・村山聖を演じる松山ケンイチにインタビューを行い、役作りにあたっての強い思いを聞いた。――元々原作を読まれていて、自分から役に名乗り出たという松山さん。原作の感想はいかがでしたか。元々将棋が好きで読んだのですが、本と出合ったのが29歳の頃で、村山さんも29歳で亡くなったというところが気になっていましたね。こんなに激しく生きた人がいるのかと思いま [全文を読む]

海外留学時の三浦知良 雑誌『Momoco』を取り寄せていた

NEWSポストセブン / 2016年04月17日16時00分

アイドルへの直球インタビューも人気を博した。“中学生の妄想”的な質問が多かった『BOMB!』に比べ、登場するアイドルの年齢も少し高めの『Momoco』は、さらに“生々しい”インタビューで攻めた。その中に、ブレイク前の山口智子に敢行した衝撃のインタビューがある。「ファースト・キッスは?」の質問に「(小さい声で)高2のときかなあ……」という回答を引き出すと、 [全文を読む]

振り駒は野球殿堂入りの古田敦也氏『電王戦 × TOYOTA「リアル車将棋」』詳細発表

ITライフハック / 2015年01月28日17時00分

公式サイトでは、それぞれのチームの白熱したインタビュー動画も公開中だ。<羽生陣営>監督・ドライバー:早稲田大学自動車部チームサポート棋士:長岡裕也五段<豊島陣営>監督・ドライバー:トヨタ自動車精鋭テストドライバーチームサポート棋士:船江恒平五段■将棋界、自動車業界、スポーツ界から集結した出演者陣(順不同)<出演者>糸谷哲郎竜王、森内俊之九段、中村太地六段、 [全文を読む]

金髪パンチで対局、謎の行動も…異色すぎる橋本八段の魅力

anan NEWS / 2015年11月13日12時00分

まぁ、あまりにヤバすぎて、誰も何も言えなかったのかもしれないけど(笑)」 その後も、将棋講座の番組に浮輪を持って出演したり、勝つとカメラ目線でドヤ顔をしたり、羽生善治名との対局前のインタビューで他の棋士の物まねでふざけてみたりと、何かとネタを提供し続けている。 「その前の対局のとき、インタビューで普通に受け答えをしたら、“なんか普通ですね、橋本さんらしくな [全文を読む]

“あの方”の正体をポロリ!? 『名探偵コナン』青山剛昌インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月18日12時00分

取材・文=松井美緒/ダ・ヴィンチ5月号「祝! 連載20周年『名探偵コナン』特集」 [全文を読む]

『将棋世界』初の子ども向けムック『将棋世界キッズ』を12月20日(金)に発売 ~12月21日(土)開催の刊行記念イベントには、羽生善治三冠が登場!~

PR TIMES / 2013年12月11日13時29分

《主なコンテンツ》◆巻頭は羽生善治三冠と里見香奈女王・女流名人へのインタビュー。将棋を始めたきっかけや、子どものころの話を伺いました。◆将棋界のしくみの解説のほか、覚えてすぐに指せる戦法・囲い方・詰め将棋・次の一手といった、将棋が強くなるためのコーナーも充実。全国の将棋大会の情報も詳しく掲載しました。◆<特別付録>盤と駒を切り取って遊べる!特別デザインの「 [全文を読む]

羽生善治VS渡辺明、将棋界「新ライバル戦記」(10)トップクラスは月給80万円

アサ芸プラス / 2013年03月27日09時54分

将棋道場などでのアマチュアの指導料、将棋イベントの出演料、戦術本を執筆しての印税、講演料、雑誌のインタビュー取材などだ。中堅棋士が明かす。 「会社の将棋サークルで指導すれば1回3万円前後。タイトル戦とは縁のない下位の棋士でも、回数をこなせばかなりの収入になる」 将棋連盟の規定では、稽古料(指導料)は四段で1回だけなら4万2000円で、七段は10万5000円 [全文を読む]

「将棋界の一番長い日」名人への挑戦権をかけた順位戦A級最終戦をスマホ/タブレットで!

インフォシーク / 2013年03月01日14時00分

「TVの視聴率が通常の3倍になった」「カメラを意識しすぎる棋士としてダウンタウンの番組で“タイホ”された」などなど数々のエピソードを持ち、つい最近もインタビューの言動をきっかけにブログが大炎上するなど絶好調?だが、そんなお騒がせもそこは当然ながら20代でA級昇格という、実力の裏付けあってのものだ。そういう意味では彼にとっても強さの象徴であるA級棋士の座は譲 [全文を読む]

孤高の天才・羽生善治と村山聖が結んだ「特別な関係」。「会いたい」と思い合った知られざる絆とは?

Movie Walker / 2016年11月17日10時00分

森義隆監督と原作者の大崎善生にインタビューし、“天才同士の絆”について語り合ってもらった。大崎のノンフィクション小説をもとに、病と闘いながら、将棋の道をまっしぐらに駆け抜けた村山聖の実話を描く本作。村山役を松山ケンイチ、羽生役を東出昌大が演じる。最強のライバル関係を描く上で、森監督がキーワードとしたのが「孤独」だと言う。「天才性のある2人。天才とそこに及ば [全文を読む]

対局は意外な結末 久保九段―豊島七段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月04日17時00分

竹部女流三段「先生、本当にソツがないですよね」 中村六段「ここはソツがあってはいけないんですよ」 佐藤紳哉七段がテレビ対局のインタビューで、豊島のことを「序盤、中盤、終盤、隙がない」と述べたのが知られているが、中村六段もまた隙がない。さすがだ。 対局者を待つにあたって、途中で席を外したりあぐらになったりしても問題はないが、豊島はほとんど身動きせずに正座の [全文を読む]

ニコニコカドカワ祭り2016 KADOKAWAの電子書籍×角川映画 フォロー&RTで10組20名様に『聖の青春』ムビチケカードをプレゼント!松山ケンイチ&東出昌大ロングインタビューも掲載!

PR TIMES / 2016年10月25日18時06分

また、「ニコニコカドカワ祭り2016 参加作品2万5千点超の、KADOKAWA史上最多作品数の電子書籍キャンペーン!」では、今輝いているあの人に、自分について、読書について、未来についてを訪ねるインタビュー企画「ドクショノミライ アサヤケナノカ ユウヤケナノカ」を実施中です。 第4回10月20日(木)更新分には『聖の青春』で羽生善治役を演じる東出昌大さんが [全文を読む]

将棋ソフトはトップ棋士を越えたのか? 羽生善治らプロ棋士たちが明かすプライドと将棋の未来

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月24日06時30分

将棋ソフトが人間を上回ったとき、それでも棋士という職業は成立するのだろうか? そして、これからの棋士はどんな姿をファンに見せていくべきなのか?『不屈の棋士』(大川慎太郎/講談社)はプロ棋士11名に将棋ソフトについてのインタビューを行い、それらの問いへの答えを明らかにしようとした一冊である。ソフトという将棋の概念を覆しかねない存在を前にして、棋士たちが紡ぐ [全文を読む]

AIにより働き方はどう変わるのか『R25』が特集を展開

PR TIMES / 2016年08月15日16時20分

〈特集記事タイトル〉・「30年以内に仕事をAIに奪われる」会社員6割が危機感・人工知能学者 松原仁氏が語る!「AIで仕事は○年後に変化する」・AIによる人事査定は「人間以上に“温かい”」?・日立・矢野氏「AI時代の働き方、“変化の許容”が肝」・2020年に全国展開…「AIドクター」全自動診療の可能性・AI教師が登場! 人間の先生は今後いなくなる?・人工知能 [全文を読む]

サッカー中田・カズが“栄光なき天才”財前宣之を語る

Smartザテレビジョン / 2016年08月12日10時00分

いつ“光”と“影”は入れ違ったのか? 財前、中田にインタビューを敢行し、そのワケに迫る。さらに“キングカズ”こと三浦知良選手も財前と中田について語る。 そのほか、アップル社の象徴スティーブ・ジョブズとアップルのパソコンの原型をたった1人で作り上げた、あるもう一人の天才や、最強の天才棋士・羽生善治と、ある運命を背負いながら闘い続けたもう一人の天才の知られざる [全文を読む]

将棋男子は意外にモテる?イケメン棋士5人を紹介

しらべぇ / 2016年01月23日16時00分

棋士らしからぬインタビューを受けるなど、砂糖のように甘い言葉で多方面で活躍中。ちなみに、頭髪が取り外し可能である。結局、イケメンなら趣味はなんでも良いのではないかとの気もするが、棋士にも「良い男」は存在している。これを気に将棋男子のイメージを変えてみてはいかがだろう。(文/しらべえ編集部・佐藤 俊治)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査 [全文を読む]

『花子とアン』高梨臨、将棋にハマったきっかけは棋士の顔

WEB女性自身 / 2014年07月03日07時00分

「対局のときに寝癖がついていたり、インタビューではちょっと天然っぽい発言があったり。対局中の真剣な表情とのギャップが好きになって、いまでは携帯電話の待ち受け画面に設定するほどの大ファンです」 対局を観戦していると、少しでも解説が理解できるように、今度はルールを覚えたくなるもの。「それで羽生さんが書いた初心者用の本を買ってきて、勉強を始めたんです。一回指した [全文を読む]

フォーカス