思想 小林よしのりに関するニュース

『ザ・議論!』井上達夫・小林よしのり著

プレジデントオンライン / 2017年04月29日11時15分

本書は、保守の小林氏とリベラルな井上氏の思想の差異を明らかにする趣旨で組まれている。通常、保守やリベラル概念の解説本では、何が「真正の保守」か、といった説明が主体になる。何が正しい価値観で、何がそうでないのかを丁寧に解説することで、あなたも立派な保守やリベラルになれるといったふうにだ。 しかし、本書は対立する両者を平等に配置しながら、あくまでも穏やかに互 [全文を読む]

特別対談 小林よしのり×ケント・ギルバート「日本よ、自分の領土は自分で守れ」

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日10時00分

例えばオーストラリア……最近ちょっと変な思想が入ってきたんでアレだけど。あとフィリピン、ベトナム、マレーシア、シンガポール、できればインド。それでタイはオブザーバーにして、あと日本。……韓国には招待状だけ出しておいて、参加するかどうかはそっちの勝手にするで、放っておいて(笑)。これをNATOではなくて“APTO”っていうのかな、“アジアパシフィック条約機構 [全文を読む]

小林よしのり氏 安倍首相の靖国参拝は英霊を侮辱したと批判

NEWSポストセブン / 2014年01月31日16時00分

明治以来の近代化のなかで国家観をどのように持って、どうやって尊王攘夷の思想を持って、脱藩して国を意識してきたか──そういう人たちを描いたのが『大東亜論』だ。 ※小林よしのり氏『大東亜論 巨傑誕生篇』特別動画より ■特設サイト(http://sgk.me/1b0HluJ)で小林よしのり氏の動画公開中 ■動画フルバージョンはこちら(http://sgk.me/ [全文を読む]

小林よしのり氏が田原総一朗氏に「ポジショントーク?」

NEWSポストセブン / 2016年04月10日16時00分

おまえたち権力者は「思想・言論の自由を保障すること」っていう意味なんですよ。それなのに、自民党の議員たちは国家から国民への命令だと考えているんですよ。根本的なことがわかっていない。 田原:各局がそう言えば、高市早苗なんて、憲法を知らないバカな女だね、で終わりなわけです。 【プロフィール】田原総一朗:1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、岩波映画製作所 [全文を読む]

小林よしのり氏「国を守る気概あれば米依存から抜け出せる」

NEWSポストセブン / 2016年01月07日11時00分

でも日本は思想を輸入する過程で、思考体系を汲み取らなかった。現実の中で鍛え抜かれないままに言葉だけが定着してしまいました。小林:そのとおり。それなのにSEALDsの連中は民主主義を、よっぽどありがたい価値かのように信仰している。民主主義の起源のアテナイ(ギリシャ首都アテネの古名)では、選挙に参加できる人間は国を守る兵士だった。本来民主主義は国民意識、つまり [全文を読む]

田原総一朗が東條英機邸で見たモノは?小林よしのりと『日本のいちばん長い日』トーク

ソーシャルトレンドニュース / 2015年08月01日12時00分

「それぞれの思想や正義が入り混じり、誰も戦争の終わりを決められない。そこで天皇陛下に最終的な判断をお願いする。本来ならば聖断を仰ぐ(天皇陛下に決めていただく)のはルール違反だ」と小林氏が述べた。「危機があるなら、それを直視しないといけない。それを打開するためには武力での抑圧しかないのだろうか……ということまで、しっかりそれぞれの国民の頭で考えないといけない [全文を読む]

小林よしのり氏の「AKB“卒業”宣言」でファン離れ加速か

メンズサイゾー / 2013年06月13日18時00分

その後『ゴーマニズム宣言』(幻冬舎)で天皇や戦争など、社会的なテーマに関する自らの思想を漫画で著す独自のスタイルを確立し、現在に至るまでそのスタイルは続いている。近年は、自身のブログにAKBについての持論を掲載し、各誌にAKB関連の連載を持つなど“AKB論壇”の第一人者としての活動が目立っていた。自らファンとしてどっぷりAKBにハマりつつも、独自の視点でA [全文を読む]

小林よしのり氏 虐げられた弱者が排外主義になる理由を説明

NEWSポストセブン / 2013年03月14日07時00分

そこには何の思想もなく、ただストレートな反感を示す。若者が右傾化しているという指摘があるが、そのような左右イデオロギーの区分は意味がない。『戦争論』すら読んでいない彼らは「右」が何かもわかってはいないからだ。ただ排外主義化している。 残念ながら彼らを教育し、啓蒙する場はない。かつてはマスメディアが啓蒙の場としてそれなりに機能していたが、彼らは新聞や本をろく [全文を読む]

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

リテラ / 2017年06月03日19時00分

「彼の思想的背景ってどういうものですか」「なぜ日本だけにそれを言うのか」「特別報告者って何者なんですか!?」「実は日本の左翼が国連に働きかけているんですよ! わかりませんけど!」 [全文を読む]

天皇の生前退位で右派が内ゲバ! 小林よしのりは日本会議や渡部昇一に「天皇を奴隷化する国賊」と激烈批判

リテラ / 2016年08月20日12時00分

移動の自由、転居の自由、思想信条の自由、表現の自由から選挙で投票する自由まで、我々が持っている自由のほとんどがない。 天皇は国民ではないのだ。見ようによっては、天皇は国民の奴隷ではないのか? 天皇は民主主義の「自由」と「平等」という価値に反している。よってリベラル知識人の中には天皇を「被差別者」と見て、「天皇を開放すべきだ」という意見を持つ者もいる〉(引用 [全文を読む]

「おぼっちゃまくん」が22年ぶりに帰ってきたぶぁい!

アサ芸プラス / 2016年07月21日05時59分

小林氏はそれ以前も『東大一直線』をヒットさせるなど、ギャグ漫画に天才的な才能を発揮する漫画家ですが、92年からは思想漫画的な『ゴーマニズム宣言』をヒットさせ、以降は長くギャグの世界から遠ざかっていました」(漫画誌編集者) しかし、当時少年だったファンにとって「おぼっちゃまくん」は“茶魔語”とともに記憶に刻まれた名作で、復帰を望む声は大きかった。「今回は読み [全文を読む]

小林よしのり氏 「自虐史観」から「自尊史観」の急変を嘆く

NEWSポストセブン / 2015年08月15日16時00分

それから、おそらくは、福岡という土地の中で、子供のころからそれをどれだけ聞いていたかわからないけど、大アジア主義における「黒龍会」(頭山満の玄洋社から派生した団体)などの流れもあって、やはり、評価すべきものは評価していかなきゃいけないという思想があったんじゃないかと思うんですけどね。小林:そうですね。展示も見ましたけど、結局、わしの小学生ぐらいのころは『0 [全文を読む]

朝日だけじゃない! “新聞サマ”はすでに死んでいる……論客ご意見番たちがメッタ斬り

週プレNEWS / 2014年09月16日06時00分

新聞も企業である以上、思想的な部分と商売的な部分があるわけですが、部数減による権威失墜と同時に『権力批判』という原則論がだんだんと希薄になり、企業の論理が優先されるようになってきてしまいました。実際、今の新聞社は不動産収入のウエートが高くなっているといわれています」(篠田氏) 篠田氏は、新聞の衰えを肌で感じた瞬間があるという。 「朝日は慰安婦問題の訂正を [全文を読む]

編纂から1300年の『古事記』原文 文庫本換算で100ページ弱

NEWSポストセブン / 2012年02月24日07時00分

作品として素直に味わってほしいと思いますね」(古代文学研究者の山田永氏) ※週刊ポスト2012年3月2日号 【関連ニュース】ビジネスマン正解率4% 「二番目はなんだクイズ・歴史編」昭和天皇の思想形成、政治や戦争との関わりについて迫った書パク・ヨンハ「最後のドラマ」の裏側で見せたリアルな姿小林よしのり「愛子さまが皇太子になれるよう皇室典範改正を」あなたの知ら [全文を読む]

フォーカス