米倉涼子 小芝風花に関するニュース

『魔女の宅急便』キキ役でブレイクした小芝風花の初水着ショットが可憐にそそる!「人前に着て出る日がくるなんて…」

週プレNEWS / 2015年10月22日18時30分

米倉涼子さん、上戸彩さん…事務所の先輩にも大勢、人気女優がいますよね。 小芝 皆さん、尊敬する方ばかりです。剛力(彩芽)さんはよく事務所でお見かけするんですけど、いつも話しかけてくれて。すごく励みになります。お芝居の面だけでなく、あんな風に優しい方になれたらって。でも今は誰かを目指すより、いろんな役をやってとにかく勉強したいです。 ―スケート同様、地道 [全文を読む]

ひるむ米倉涼子の危機 離婚協議入りか いつもの堂々とした態度失い、異例の振る舞い

Business Journal / 2015年04月08日21時00分

3月31日付スポーツニッポンの一面で、2歳年下で広告代理店経営者の夫・Aさんとの別居を報じられた米倉涼子。米倉の所属事務所は、独身時代のマンションである別宅の存在は認めつつも、「夫婦喧嘩のレベル」として別居報道を否定。米倉本人は沈黙を貫いている。過去に数々の熱愛や破局が報じられた米倉だが、そのたびに報道陣の前で臆することなく堂々と自身の考えを語る姿勢は、メ [全文を読む]

身長173cmの巫女さん! “ミス美しい20代”是永瞳「日枝神社広報大使」に就任

ORICON NEWS / 2017年10月18日17時27分

『ドクターX』の主演は事務所の大先輩・米倉涼子。「一緒のシーンはあまりない」と残念そうだが、「ご挨拶すると“背が高いね~っ!”って毎回言われて、ちょっと照れくさくなります。“ありがとうございます”ぐらいしか返せなくて、米倉さんとは緊張して何も話せなかったです」と初々しい一面を覗かせる。ちなみに173cmの長身の是永、「今日も一番大きい衣裳を用意していただ [全文を読む]

もう勘弁して!剛力彩芽、4月ドラマでの「ゴリ押し主演」はメリットなし!?

アサ芸プラス / 2017年02月24日05時59分

剛力が所属する大手事務所には有名タレントや女優が数多く在籍していますが、視聴率を稼げる女優は米倉涼子と上戸彩以外に見当たりません。そのため事務所側は剛力をはじめとして武井咲、小芝風花、忽那汐里、河北麻友子などを次世代の米倉・上戸クラスに育てるために必死なんです。武井や小芝は演技力もついてきて、視聴者からのウケも悪くない。忽那は第37回日本アカデミー賞新人俳 [全文を読む]

山崎、菅田、土屋…今旬の俳優&女優たち かつては学園ドラマの生徒の一人だった

日本タレント名鑑 / 2016年05月19日13時55分

山崎さん、菅田さんはじめ今旬の俳優、女優が多数出演していた伝説のドラマ『35歳の高校生』山崎さんは、米倉涼子さん扮する35歳の女性が高校生になるという設定の『35歳の高校生』(日本テレビ系、2013年放送)にも生徒役で出演。演じた阿久津涼は、いつも白い大きなヘッドフォンで音楽を聴いていてクラスの動きに“我関せず”という態度を見せながら、裏でクラスを牛耳っ [全文を読む]

福岡出身の吉本実憂「一刻も早い復旧を願っています」

Smartザテレビジョン / 2016年04月16日15時00分

10代の上戸彩、大学生の菊川怜、さらに女優デビュー間もないころの米倉涼子など貴重なカットが収められたメモリアルムック。また、武井咲、剛力彩芽、吉本らの水着姿なども収録されているという。 吉本は「グランプリをいただいた2カ月後、すぐ沖縄に行って撮った写真なんですけど、右も左も何も分からない状態の写真です。その中で精いっぱいストーリーを考えて撮った写真になっ [全文を読む]

オスカーの“無名女優ゴリ押し会”の実態――“袖の下”握らせるやり口に「マスコミも苦笑」

サイゾーウーマン / 2016年03月28日12時45分

実は、2000年から06年まで行われていた行事で、これまで米倉涼子、菊川怜らが、この「女優宣言」から女優業をスタートさせており、今回10年ぶりに再開されたという。 今年はミス・ユニバース2013日本代表の松尾幸実、ミス・ワールド2013日本代表の田中道子、ミス・アジアファッションモデル2015の和田安佳莉、そしてミス・ワールド2015日本代表の中川知香と、 [全文を読む]

米倉涼子、別居報道に笑顔見せるも何も語らず

WEB女性自身 / 2015年04月07日00時00分

離婚危機が報じられている女優・米倉涼子(39)が7日、都内で行われた映画『バードマン』のジャパンプレミアに登場。「別居は?」「夫婦仲は?」と報道陣から飛び交う質問に対し、笑顔のまま無言を貫いた。 同作は、かつてスターだったが、落ちぶれてしまった中年俳優が再起をかけてブロードウェイに挑戦する様子を描いた作品。2012年にミュージカル『シカゴ』でブロードウェイ [全文を読む]

「また“ゴリ押し”ですか?」巨匠・宮崎駿引退の裏で白眼視される、実写版『魔女の宅急便』

日刊サイゾー / 2013年09月11日09時00分

オスカーといえば、米倉涼子を筆頭に上戸彩、武井咲、剛力彩芽ら人気女優を次から次へと生み出しているが「その手法は一貫していて、売り出したい子をまずはタダ同然のギャラで連ドラに主演させ、箔を付ける。その後、連ドラ主演の看板を武器に、CMなどの広告で回収するんです」(芸能プロ関係者)という。 だが、最近では世間一般にも「オスカー手法=ゴリ押し」の解釈が定着。と [全文を読む]

宮崎駿引退の裏で実写版「魔女の宅急便」に白い目

アサ芸プラス / 2013年09月06日10時00分

オスカーといえば、米倉涼子を筆頭に、上戸彩、武井咲、剛力彩芽ら有名女優を次々に生み出しているが、最近はその“ゴリ押し”ぶりが批難の的になっていると、ある芸能記者は言う。 「オスカーの手法は一貫していて、売り出したいタレントをタダ同然のギャラで連ドラに主演させて箔をつけさせる。テレビ局には、オスカーの社長を含めた重役クラスがわざわざ営業に足を運び、次々とド [全文を読む]

フォーカス