東芝 堀江貴文に関するニュース

日本の未来をよくするカギは「タンス貯金」にあり

Forbes JAPAN / 2017年05月03日17時00分

半導体部門を売却する決断を下した東芝。シャープのように、外資系企業に買収されるのか? 筆者は、日本の未来のためにも自宅に眠る「タンス預金」を使うときがきた、と訴える。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が、シャープを買収する契約を結んだのが2016年の4月初めだった。当時の鴻海のシャープ株の取得価格は1株当たり88円。郭台銘(テリー・ゴウ)董事長の手腕もあり、株 [全文を読む]

ホリエモン×ひろゆきが考える「東芝の不正会計疑惑でわかった日本の刑事裁判ならではの“面白い現象”」

週プレNEWS / 2017年02月02日11時00分

不正会計問題によりり巨額赤字に転落した東芝。 経営陣の責任問題も問われるなか、『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が注目する検察の動向とは――? * * * ひろ 2015年に発覚した東芝の不正会計問題(09年から14年の間に合計2248億円の利益を水増しし [全文を読む]

<東芝・不正経理問題>東芝は全てを無視した「社会より、会社を重んじ、会社より、身を重んずる人の群れ」

メディアゴン / 2015年07月23日07時00分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *東芝の不正経理のニュースを聞いて、筆者はある人と論争したことを思いだした。論争の相手は日本の大手銀行のニューヨーク支店長を務めた経済アナリストS氏である。経済の知識などほとんどない筆者が無謀な論争を挑んでしまったのには訳がある。S氏の発言を聞いて「その発言には承服しかねる」とつい熱くなってしまったか [全文を読む]

ホリエモン×ひろゆきがDAZNと比較して指摘する日本企業の問題点とは

週プレNEWS / 2017年03月20日10時00分

ひろ 渦中の東芝みたいなケースもありますしね……。 (構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル) ●堀江貴文(ほりえ・たかふみ) 1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中 ●西村博之(にしむら・ひろゆき) 1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元 [全文を読む]

「大きな夢を世界で叫べ!」 堀江貴文が語る日本のスタートアップが世界で勝つ方法

Forbes JAPAN / 2016年09月27日08時00分

ウッザマン:ソニーや東芝のような大企業を作るためには、日本でスモールIPOを目指すのではなく、やはりグローバルを狙っていく必要があります。日本は人口も減ってきているので、そこを狙っていかないと、今後はユーザー数の担保が難しくなっていくでしょう。谷本:グローバル化する上で、日本からスタートして世界に出ていくやり方もあるし、メルカリのように最初から世界に向けて [全文を読む]

東芝が旧経営陣に3億円賠償訴訟 堀江氏は336億円請求された

NEWSポストセブン / 2015年11月19日11時00分

11月7日、東芝は一連の不正会計問題をめぐり旧経営陣5人に計3億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。 東芝の現経営陣には“これでひと区切り”という空気が漂っているが、むしろこの訴訟によって株主からの風当たりは強まっている。 提訴の根拠とされたのは、同9日に公表された旧経営陣の関与などを検証した「役員責任調査委員会」による報告書だ。この中 [全文を読む]

東芝、不正1千億超でも“甘い”処分?ライブドアは“たった”53億粉飾で経営陣逮捕

Business Journal / 2015年07月29日06時00分

東芝の不正会計をめぐる問題が、ライブドア事件と比較されるかたちで話題になっている。東芝が行った利益の過大計上は、現段階で総額1562億円に上り、さらに2000億円近くに達するのではないかといわれている。調査を行った第三者委員会は、歴代の3社長が現場に圧力をかけるなどして、「経営判断として不適切な会計処理が行われた」「経営トップらを含めた組織的な関与があった [全文を読む]

成毛眞氏 日本の家電業界復活のカギはスマホ連動

NEWSポストセブン / 2016年05月21日07時00分

台湾の鴻海精密工業に買収されたシャープ、不適切会計問題に揺れる東芝など、日本の家電メーカーには厳しいニュースばかりが続いている。しかしながら、長年培ってきた技術力、商品開発力は伊達ではない。訪日中国人が欲しがるのも、やっぱり日本の家電だ。いま一度、「日の丸家電」の強みを見直そうではないか。 マイクロソフト日本法人の元社長、現在は本の紹介サイトHONZ代表で [全文を読む]

粉飾決算が罪になるのは金額ではなく「犯行結果」次第?

シェアしたくなる法律相談所 / 2015年08月04日12時06分

東芝が不正会計を行ったとして連日メディアを賑わせています。不正会計、不正経理などと呼ばれていますが、粉飾決算というとよく聞く言葉かも知れません。粉飾決算とは、不正な会計処理によって企業の経営成績や財務状態を飾り付け、実体と異なった決算を報告することです。分かりやすく言えば、儲かっていないのに儲かっていると報告する、儲かっているのに儲かっていないと報告をする [全文を読む]

全世界で話題のGoogle人事トップが書いた『ワーク・ルールズ!』ついに発売!

PR TIMES / 2015年07月31日10時57分

話は、昨今メディアを賑わせている東芝や両氏が揃ってアドバイザーに就任したJリーグにおける組織やチームのあり方にまで及び、会場のボルテージは最高点に達しました。 今後も弊社では、『ワーク・ルールズ!』を起点に、あらゆるビジネスパーソン、働いている方々とともに、未来社会における「新しい働き方」について考えていきたいと思っています。常識にとらわれない創造性を生み [全文を読む]

フォーカス