堀江貴文 堀江氏に関するニュース

堀江貴文 10年ぶりクイズ番組出演も想定内?

Smartザテレビジョン / 2015年03月19日22時04分

3月26日(木)に放送される、さまざまなジャンルのプロフェッショナル10人が集結し“博学No.1”を決めるクイズバラエティー「THE博学」(テレビ朝日系)の第3弾に、東京大学出身の実業家・堀江貴文氏が出演することが分かった。堀江氏がクイズ番組に出演するのは約10年ぶりとなる。 出演に当たって、堀江氏は「ボクは科学技術系は得意ですが、音楽などの分野は全然ダメ [全文を読む]

“拝金主義”といわれた堀江貴文が語る「お金よりも大事なもの」とは

Business Journal / 2014年01月15日16時00分

日本では、堀江貴文氏が宇宙事業に対して熱心に取り組んでいる。 しかし、堀江氏はどうして宇宙への挑戦に熱意を燃やしているのだろうか。 今、話題の『ゼロ』(ダイヤモンド社/刊)の“原点”の一つともいうべき2009年出版の著作、『夢をかなえる「打ち出の小槌」』(青志社/刊)にフィーチャーして、堀江氏のブレない考え方をお送りするこの記事。今回は『夢をかなえる「打ち [全文を読む]

炎上楽しいじゃん!ホリエモン声優ファンに『誤読』だと一喝!

秒刊SUNDAY / 2013年06月17日15時36分

元ライブドア社長堀江貴文さん(以下堀江氏)がご自身のツイッター上で「声優って実際そんなにスキルいるんか?」と発言し声優ファンから多大なるバッシングを浴びた問題で、本日投稿されたツイートは謝罪ではなく「単なる誤読でキレ気味の人が殆ど。」と対抗姿勢を強調したものだった。結果声優ファンと堀江氏の全面対決は免れない状況となった。ただし堀江氏は「炎上楽しいじゃんw」 [全文を読む]

堀江貴文氏 関東連合元リーダーに襲われそうになった事件

NEWSポストセブン / 2016年10月25日16時00分

そんな中、コラボ書籍『ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!』の中で、自身に命の危険が迫った過去を打ち明けているのが堀江貴文氏だ。 同書によると、2002年頃、東京・六本木で堀江氏の誕生日パーティが開かれた時、突然、会場に「目つきのおかしい身体の大きな男たちが数人、入ってきた」という。堀江氏の知り合いというわけではなく、後にわかったことだが、そ [全文を読む]

堀江貴文氏 「本田圭佑は誤解されている」

NEWSポストセブン / 2016年09月07日16時00分

その精神的支柱でもある本田圭佑を、「次元の異なる存在」と評価するのが堀江貴文氏だ。堀江氏は新著『ウシジマくんvs. ホリエモン 人生はカネじゃない!』の中でも、自身の経験と比較しなら本田の心情について独自分析している。堀江氏が語る。 「本田圭佑の発想は、抜きんでて先を行っている。しかし、30歳の今、サッカー界での自分のポジションに納得がいかないのだろう。本 [全文を読む]

「てめー」「気を付けろや」ホリエモンVS東国原の“1カ月抗争”にネット民が釘付け

アサ芸プラス / 2016年04月27日17時59分

松本人志や渡辺えりなど、ここにきてやたらと敵が増えてきた感のあるホリエモンこと堀江貴文氏だが、ネット民たちはツイッター上で繰り広げられる東国原英夫氏との戦いに興味津々のようだ。 この2人のバトルが勃発したのは、3月23日に放送された「橋下×羽鳥の新番組(仮)」(テレビ朝日系)での堀江氏の発言が発端だった。同番組で堀江氏は、この番組で8年ぶりにバラエティ番組 [全文を読む]

<「サンデー・ジャポン」で爆笑問題・田中がツッコミ>「1回10万円で堀江貴文と寿司を食べる会」にしどろもどろのホリエモン

メディアゴン / 2015年08月20日07時00分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事]* * *堀江貴文氏はしどろもどろであった。2015年8月16日、爆笑問題「サンデー・ジャポン」(TBS)に堀江氏がコメンターターとして出演した時のことである。堀江氏は爆笑問題・田中にこう突っ込まれた。 「10万円取って高級寿司食べる会やってるらしいじゃないの」「ぼったくりじゃないの」これに対し堀江氏は「寿司 [全文を読む]

奥菜恵を「寝取った」のは斎藤工!? “ホリエモン”堀江貴文氏の暴露話にネット騒然!

日刊サイゾー / 2015年06月25日09時00分

元ライブドアの堀江貴文氏が19日に収録されたテレビ大阪『たかじんNOマネーBLACK』の中で、現在大ブレーク中の俳優Sが、知人男性の妻を「寝取った」と大暴露。このSが斎藤だとネット上で話題となっているのだ。 事のあらましはこうだ。 「最後のゲロゲロ座談会」と題したコーナーに出演した堀江氏は、今だから言える話として「実は、僕の友達が寝取られたんですよ」と衝撃 [全文を読む]

「働くこと」に悩むすべての人に贈る、堀江貴文からの処方箋!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月05日12時00分

かつて強欲な金の亡者などという批判を受けたホリエモンこと堀江貴文氏は、刑期を終えた後、『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)という本を執筆した。この本を読めば、堀江氏のイメージだけでなく、「働くこと」への考え方がガラリと変わる。すべてを失い、ゼロの地点に立ち返った今、「ホリエモン」としてではなく、「堀江貴文」として、彼は自身の半 [全文を読む]

堀江貴文氏 「世界最低性能」のロケット開発への思い

NEWSポストセブン / 2017年08月08日07時00分

堀江貴文氏(44歳)の創業した宇宙ベンチャー「インターステラテクロノジズ」が7月末、小型ロケット「MOMO」(全長約10メートル、重さ約1150キロ)の打ち上げを実施。しかし、直後にロケットからの通信が途絶えたため、エンジンが緊急停止され、宇宙空間(高度100キロ以上)には達しなかった。 この結果について堀江氏は「打ち上げ自体は成功だが、宇宙に到達できなか [全文を読む]

船越英一郎をかばった?ホリエモン”NO WAR Tシャツ”で物議

デイリーニュースオンライン / 2017年07月14日11時40分

“ホリエモン”こと堀江貴文(44)が7月12日、『ごごナマ』(NHK)に“ヒトラーTシャツ”を着て生出演した。堀江氏は大炎上したが、同番組の司会をつとめ、松居一代(60)との離婚騒動で注目される船越英一郎(56)から話題をかっさらう格好となった。 今回問題になったのは、ヒトラーの顔を大きく前面に描いた黒いTシャツ。「NOWAR」という文字とピースマークも描 [全文を読む]

堀江貴文が語る、日本が“激安”になった今こそ捨てるべき価値観とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月04日15時00分

この間に30回以上海外に行き28カ国58都市を巡り、世界を見てきたという堀江貴文氏。本書『君はどこにでも行ける』(徳間書店)は、そんな世界を知る堀江氏が綴った、日本と日本人、特にこれからの日本を支える若年世代に対する熱いエールである。【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! 日本の現状から [全文を読む]

山本と堀北“40通のラブレター”は結構ヤバい? 成功したら美談、失敗したらストーカーの違いは…

週プレNEWS / 2015年09月08日11時00分

『週刊プレイボーイ』本誌で対談コラム「帰ってきた!なんかヘンだよね」を連載中の“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏も、山本耕史が自ら明かした“猛アタック”ぶりには驚いたという。今回、ふたりが言及したのは、特に反響を呼んだ「手紙40通」のエピソードだ。 堀北と山本は2009年、堀北が主演したフジテレビ系ドラマ『アタシんちの男子 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高橋真麻の恨み節にも、ホリエモンはどこ吹く風。「堀江さんのせいで給料が下がった」

TechinsightJapan / 2014年11月08日16時15分

アシスタントの高橋真麻が、古巣を揺るがせたゲストの堀江貴文氏に対し、フリーになった今でも冷静さを保てなかったからである。 堀江貴文氏は2005年ニッポン放送株の大量取得を発表し、ニッポン放送を通して子会社だったフジテレビを買収しようとした。これによりフジテレビを出禁になった堀江氏は、レギュラーだったバラエティ番組も降板させられるなど同局との関係が悪化した。 [全文を読む]

堀江貴文・茂木健一郎・金杉肇氏がラップを収録 紅白目指す

NEWSポストセブン / 2014年08月08日11時00分

8月6日(水)に東京都内の音楽スタジオで、堀江貴文氏が参加する音楽バンド「ハッカーズ」の新曲レコーディングが行われた。同バンドのメンバーは堀江氏と脳科学者の茂木健一郎氏、音楽/ゲーム/メディアなどのクリエイター金杉肇氏だ。今年1月10日にデビュー曲のレコーディングを行い、7月22日に初ライブを行ったハッカーズが6日にレコーディングした新曲は4曲目にあたり、 [全文を読む]

堀江貴文氏が明かす「ネオヒルズ族」与沢翼氏の実像

NEWSポストセブン / 2016年09月27日16時00分

こうした与沢氏の浮き沈みについて、元祖“ヒルズ族”と呼ばれた堀江貴文氏は以下のように分析している。 「彼が展開したのは、カネを儲けるノウハウを売って儲けるという『プロダクトローンチ』と呼ばれる商法の一つ。目先の欲に目が眩んでいる人たちからカネを巻き上げる手口としてはまあまあ効率的で、あれはあれで画期的だった。だが、肝心なところで自分自身が目先の欲に目が眩み [全文を読む]

ホリエモンとウシジマくんがコラボ オラオラ系ヤンキーに?

NEWSポストセブン / 2016年08月15日16時00分

「これは、漫画『闇金ウシジマくん』の作者である真鍋昌平さんが、ホリエモン(堀江貴文氏)をイメージして描いたイラストで、堀江氏の新著のカバーイラストに使われています。緻密な取材とリアルな描写に定評がある真鍋さんが描いたがゆえに、様々な憶測を呼んでいます」 堀江氏といえば、現在、放送されているTVドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』では、光宗薫に刑務所か [全文を読む]

ビートたけしの震災空き巣「射殺しろ」発言に堀江貴文氏が噛み付くも、「自分棚上げ」と非難......天才だけに見てる側は残念?

Business Journal / 2016年04月26日19時00分

ここ数日、実業家の堀江貴文氏界隈の発言がとにかく世間で話題だ。主に熊本地震発生時からといえるが……。 堀江氏は、自身のTwitterで、出演予定だったネットでの麻雀番組が放送自粛をしたことに対し「熊本の地震への粛々とすべきだが、バラエティ番組の放送延期は全く関係ない馬鹿げた行為」「アホな放送局」とツイート。この発言に対し、教育評論家の尾木直樹氏が「(自粛は [全文を読む]

<滅びる?生き残る?それとも?>堀江貴文氏が考える生々しいテレビの未来

メディアゴン / 2016年03月18日07時40分

メディアゴン編集部* * *堀江貴文氏がテレビの未来について朝日新聞のインタビューに答えている(2016年3月16日「リレーおぴにおん」)。その昔(2005年)ラジオ局ニッポン放送の株取得を介して、フジテレビを買収しようとした人物として、刑務所でテレビばかり見ていた人物として、そして最近では「テレビによく出ている人物」として堀江氏はどう答えるのだろう。 堀 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】堀江貴文氏、飲食店で料理撮影NGの気持ち理解できず「慣れますよ」

TechinsightJapan / 2015年05月02日21時15分

そんな声に「何が嫌なんですか?」と首をひねるのが、実業家の堀江貴文氏である。 堀江貴文氏は自身が手がけているグルメサイトがあるため、外食先で運ばれてきた料理を撮影するのも仕事だとの考えだ。しかし月1レギュラーの『5時に夢中!』(TOKYO MX)で共演している中尾ミエは彼と会食した際、写真撮影だけでなく食事中もスマホをいじっていたと呆れ顔。一方、堀江氏は、 [全文を読む]

フォーカス