秘密 東野圭吾に関するニュース

山田孝之や玉木宏も! 東野圭吾原作の映画で見るイケメン俳優たち

dmenu映画 / 2017年09月17日07時00分

『容疑者Xの献身』/発売元:アミューズソフトエンタテインメント/販売元:ポニーキャニオン/価格:DVD¥3,800(本体)+税、Blu-ray¥6,700(本体)+税/(C)2008 フジテレビジョン アミューズ S・D・P FNS27社 夫と父の間で揺れる、小林薫の渋い演技が胸を突く…『秘密』(1999年) 小林薫が演じる主人公・杉田平介はバス事故で妻 [全文を読む]

東野圭吾 書き下ろし最新作『祈りの幕が下りる時』 9月13日刊行決定!

PR TIMES / 2013年08月08日17時29分

1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞を受賞。本書は「加賀シリーズ」8作目であり、最新作は『麒麟の翼』(講談社)。近著に『虚像の道化師』『禁断の魔術』(ともに文藝春秋)、『夢幻花』(PHP研究所)などがある。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

実写化、リメイクでさらに注目度アップ!“東野圭吾・原作”の映画たち

dmenu映画 / 2017年09月24日07時00分

そのとき一人の男の取るべき行動とは-「秘密」 母娘が帰省途中に事故に遭ったことで娘の体に母親の人格が宿り、一つの家族が奇妙に形を変えていく様を描いた衝撃作「秘密」。国内での人気はもちろん海外でも高評価を得ています。 日本では1999年に実写映画が公開され、当時女優としての才能を開花させた広末涼子を主人公に、その父親役には小林薫を迎え注目を集めました。原作に [全文を読む]

東野圭吾「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」 新刊『ラプラスの魔女』は作家デビュー30周年記念作品

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月10日22時40分

以降、『秘密』『白夜行』『手紙』など、数々のヒット作を生み出してきた東野氏。また、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』などの「ガリレオ」シリーズなど、映像化となった作品も多い。 そんな東野氏の30周年を飾る記念碑的作品『ラプラスの魔女』に付けられたキャッチコピーは「彼女は計算して奇跡を起こす。」――圧倒的スケールをもって描かれるミステリ長編だ。 本作に対して東 [全文を読む]

flumpool 山村隆太インタビュー「読み手に考える余白を残しているのが小説の素敵なところ」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月06日11時20分

山村隆太さんの写真やもっと詳しい情報はこちら 「しっかりと意思を持って小説を読んでみようと思ったのが、この『秘密』だったんです」と山村さんは言う。 きっかけは単純なもので、ただ本人にとっては語るのに少々照れくさいものだった。 「ちょうどflumpoolとしてデビューする前ぐらいの年だったと思うんですが、そろそろいい大人だし、小説の1冊や2冊は読んでおかな [全文を読む]

なぜ?日本映画が中国市場で存在感、人気が出るのはアニメだけ―中国紙

Record China / 2017年09月13日17時30分

その他、東野圭吾の「秘密」や「あの頃の誰か」、「白夜行」、日本ドラマ「僕のヤバイ妻」や「最高の離婚」などのリメイク版製作権も、中国の製作会社が手に入れている。今年上半期、俳優・蘇有朋(アレックス・スー)がメガホンを握った東野圭吾の小説を原作とする「容疑者Xの献身」、俳優・黄磊(ホァン・レイ)がメガホンを握った中国版「家族はつらいよ」などが公開された。梁家輝 [全文を読む]

大島優子も爆笑!関ジャニ∞の大倉忠義、アレが早くて人生得してる!?

Woman Insight / 2016年11月17日18時30分

劇中、隠された秘密兵器が出てくることから「隠していた秘密兵器」について聞かれると大倉さんは「言うことじゃないかもしれないけど……お手洗いが尋常じゃないくらい早いです。お手洗いでの滞在時間が人より早いので人生得してると思います」と話すと「あれ? こういうことじゃないのかな?」とみんなの反応を探っていました。 大島さんはこの撮影で温泉地に滞在していたため「温 [全文を読む]

土屋太鳳主演作に伊原剛志、本郷奏多、戸次重幸が出演

Smartザテレビジョン / 2016年01月23日08時00分

連続テレビ小説「花子とアン」('14年、NHK総合ほか)で土屋と親子役で共演した伊原は、「私の演じる緋田宏昌という男がこのストーリーの秘密を握っています。ミステリアスに、そして親としての愛情を表現したいと思います。今回は、土屋太鳳と再び親子での共演、これも楽しみの一つです」とコメント。 また、映画「ストレイヤーズ・クロニクル」「進撃の巨人―」(共に'15 [全文を読む]

東野圭吾の新作 松本清張の世界を思わせる古典的ストーリー

NEWSポストセブン / 2013年11月08日16時00分

松本清張のミステリーの特色は、成功した人間が、人に知られたくない、暗い過去の秘密を持っていて、それを知る人物が現われた時に、やむなく殺人を犯してしまうこと。いわば追いつめられた殺人、理由のある殺人。『ゼロの焦点』『砂の器』、短篇の『顔』『共犯者』などとくに初期の作品に多い。いまは恵まれた生活をしている人間が、貧しい時代、苦しい過去を知られたくないために秘 [全文を読む]


関ジャニ∞・大倉忠義らの雪上アクションが公開!

Smartザテレビジョン / 2016年07月23日14時52分

先日行われた本作のクランクアップ会見で「世の中で、東野圭吾さんの作品が映像化されたのは『秘密』や『容疑者Xの献身』のような真面目な作品が多いですが、実は、それ以外に書かれた作品の中ではコミカルな作品も多く、そう言った東野圭吾さんの作品が大好きです」と語った吉田監督の熱いコメント通り、サスペンスミステリー映画でありながらも、コミカルなユーモアが随所に盛り込 [全文を読む]

土屋太鳳主演ドラマに本郷奏多&戸次重幸ら出演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年01月23日08時00分

伊原は「私の演じる緋田宏昌という男がこのストーリーの秘密を握っています。ミステリアスに、そして親としての愛情を表現したいと思います」とコメント。また、「今回は、土屋太鳳と、再び、親子での共演、これも楽しみの一つです」とNHK連続テレビ小説「花子とアン」('14年)で土屋と親子役を演じたことにも触れ、再共演を喜んだ。本郷は物語の鍵を握る病院暮らしの青年・上条 [全文を読む]

東野圭吾氏本人が語る「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」の意味とは?作家デビュー30周年記念作品『ラプラスの魔女』、5月15日発売決定!

PR TIMES / 2015年03月11日09時47分

以降、『秘密』『白夜行』『手紙』など、数々のヒット作を生み出してきた東野氏。また、作品の映像化も積極的に行われ、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』などの「ガリレオ」シリーズの映像化は、書籍・映像ともにメガヒットとなり、エンタテインメント界の一大ムーブメントとして、歴史に名を刻んでいる。 そんな東野氏の30周年を飾る記念碑的作品『ラプラスの魔女』に付けられたキ [全文を読む]

東野ミステリの最高峰『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が早くも90万部を突破 !

PR TIMES / 2014年12月12日13時04分

次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるのか!? 人生最大の岐路に立った人間たちが、ページを繰るごとに一本の線でつながり合い、張り巡らされた伏線が奇蹟のように結びついていく構成は圧巻。ラスト1ページですべての謎が解けたとき、体験したことのない感動が読者を包み込む。一か八かの大勝負 [全文を読む]

中国でも大人気の作家、東野圭吾の意外な過去―中国メディア

Record China / 2017年07月15日21時40分

「復蘇人」や「秘密調査師」などの作品がある有名ミステリー作家の永城氏は、「東野圭吾氏の小説が人気を集めるのは2つの特徴があるからだ。1つは推理が緻密で、ストーリーのプロットがしっかりしていること。もう1つは人間の本質を見つめていることだ。東野氏にとって推理小説は人間の本質を描き出すツールに過ぎない。一部の作品は厳密には推理小説とはいえないが、ミステリー的な [全文を読む]

日本の人気小説の知的財産権に照準絞った中国―中国紙

Record China / 2017年04月28日14時40分

また取材から東野圭吾の小説「秘密」や「ナミヤ雑貨店の奇蹟」なども中国版の映画化が決まっていることが明らかになっている。近年、中国では日本の人気小説のIP(知的財産権)購入がピークを迎えている。(文:張暁涵 蘇玉。済南日報掲載)〇クオリティの高い作品と低い作品が混在する中国近年、中国では人気小説の映画化がブームになっており、「三生三世十里桃花(Ten gre [全文を読む]

山田涼介が“東野圭吾史上最も泣ける感動作”で主演決定!

Smartザテレビジョン / 2016年12月03日08時00分

そして、次第に明らかになるナミヤ雑貨店の秘密と、そこに集まる人々をつなぐ運命…。時空を超えて、人々の思いとその運命がつながっていく「一晩だけの奇蹟」が起こす物語が今、実現する。メガホンを取るのは、映画「余命1ヶ月の花嫁」('09年)、「PとJK」('17年予定)など、幅広い観客層に受け入れられるクオリティーの高い作風に定評がある廣木隆一監督。抒情的に描き上 [全文を読む]

映画『疾風ロンド』吉田照幸監督インタビュー 「スタッフに“つまらない”と言われて『GoPro』を使うアイディアが出てきた」

ガジェット通信 / 2016年12月02日11時00分

でも『秘密』から世間が知り始めて、『白夜行』『容疑者Xの献身』から本当に大作家になっていますよね。 東野先生の大好きなところは、イタズラ心があるところ。犯人がわからないとか、ブラックな展開もあって、そういうところが自分がやってきた事と近かったので、いつもすごく楽しみに読んでいました。ですから、大好きな作家の一人の原作を映像化することは、すごくうれしかったで [全文を読む]

天才スキーヤー役の土屋太鳳、女優の才能について語る

Smartザテレビジョン / 2016年03月27日11時00分

本作は元五輪選手の父を持つ天才アルペンスキーヤー・風美(土屋)の才能、そして出生の秘密をめぐり事件が起きるサスペンスだ。土屋といえば'15年に連続テレビ小説「まれ」(NHK総合ほか)、「下町ロケット」(TBS系)、映画「orange-オレンジ-」とヒット作に立て続けに出演。ことしはアニメ「僕だけがいない街」(毎週木曜深夜0:55-1:25ほか、フジテレビ系 [全文を読む]

土屋太鳳がスキーヤーのタイトなユニフォーム姿を披露

Smartザテレビジョン / 2016年02月11日06時00分

実は風美の出生には大きな秘密があった。 全日本の強化合宿では、風美の他、同じく“スポーツ遺伝子”を「持つ」がスキーに興味がない伸吾(高杉真宙)、「持たない」が実績のある恵里香(真野恵里菜)、和真(森永悠希)、年齢的な限界を迎えている翔太(矢野聖人)ら若者たちが、さまざまな思いを抱きながら練習に臨んでいた。 ところが、そこへ「緋田風美をメンバーから外せ。さも [全文を読む]

フォーカス