宮部みゆき 東野圭吾に関するニュース

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

1冊は、東野圭吾の『危険なビーナス』で、もう1冊は、「東野圭吾が強く推薦!」「宮部みゆきが認めた忘れられない1冊」という宣伝コピーがついた直木賞受賞作の『海の見える理髪店』(荻原浩著)だった。 書店で話を聞いていると傍らを高校生が「あっ、出てる。買わなきゃ」と言いながら通り過ぎた。どの本を手にするのか気になって目で追うと、『危険なビーナス』を1冊手にとっ [全文を読む]

読書の夏!小説に関する3万人調査(マクロミル調べ)

PR TIMES / 2017年07月25日10時21分

そこで今回は、「小説」の好みや購買のきっかけなどについて、15~69歳の3万人を対象に調査しました![画像1: https://prtimes.jp/i/624/342/resize/d624-342-585803-1.jpg ]■Topics2人に1人が“普段から「小説」を読んでいる”、好みのジャンルは「推理」がトップ!“小説作家の認知度ランキング”、1 [全文を読む]

東野圭吾が2冠! ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2014」発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月05日12時00分

■小説ランキング部門(※誌面には50位まで掲載) 【1位】『マスカレード・イブ』(東野圭吾/集英社文庫) 【2位】『天の梯 みをつくし料理帖』(髙田 郁/角川春樹事務所ハルキ文庫) 【3位】『ペテロの葬列』(宮部みゆき/集英社) 【4位】『明日の子供たち』(有川 浩/幻冬舎) 【5位】『銀翼のイカロス』(池井戸 潤/ダイヤモンド社) ■コミックランキング [全文を読む]

2014年文庫ランキング発表! 東野、池井戸、百田が安定した人気

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月13日11時30分

異例の大ヒット! 人外×少女ラブストーリー『魔法使いの嫁』 ■文庫ランキング部門(※誌面には21位まで、23作品を掲載) 【1位】『マスカレード・ホテル』(東野圭吾/集英社文庫) 【2位】『海賊とよばれた男』(上・下)(百田尚樹/講談社文庫) 【3位】『ルーズヴェルト・ゲーム』(池井戸 潤/講談社文庫) 【4位】『白ゆき姫殺人事件』(湊 かなえ/集英社文 [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『honto9月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2014年10月07日11時48分

-書籍 通販 電子書籍のハイブリッド書店サービス「honto」-~東野圭吾「マスカレード」シリーズが 宮部みゆきの最新文庫『ソロモンの偽証』を抑えて1位!~ ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、honto提携書店の丸善、ジュンク堂、文教堂とhontoサイトで購 [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

名もなき毒(宮部みゆき) 2013年7月、TBS系「月曜ミステリーシアター」にてドラマ化された「名もなき毒」。宮部みゆきの長編推理小説「杉村三郎シリーズ」の1作目『誰か Somebody』と2作目『名もなき毒』が原作になっています。 ドラマの主人公である杉村三郎を演じたのは、宮部みゆきさんから指名され起用された小泉孝太郎さん。また、前半のヒロインを深田恭 [全文を読む]

今年のヒット作か!?根強い人気を誇るロングセラー作品か!?日本最大級の中古ネット書店ブックオフオンラインが独自集計した「2015年 ブックオフオンライン年間ランキング」を発表

@Press / 2015年12月02日15時00分

この他、池井戸潤、伊坂幸太郎、東野圭吾、湊かなえ、宮部みゆきなどの大人気作家の作品が多数ランクインする結果となりました。8位『伝える力』、14位『金持ち父さん・貧乏父さん』、35位には『ハリー・ポッターシリーズ』など、発売から時間の空いている作品も多数ランクインしているのは、中古ランキングならではの特徴です。また、ソフトランキングも非常に特徴的で、ゲームで [全文を読む]

どこにも出かけてくない冬こそ一気に読みたい長編小説 4選

IGNITE / 2015年02月20日14時00分

■模倣犯 宮部みゆき 宮部みゆきさんによる長編小説「模倣犯」も映画化もされた作品です。 彼女のミステリー小説は、愛好家も多く、ベストセラーもたくさんあります。 その中でも模倣犯は、休日にこそゆっくり読みたい長編小説。 1部から3部までの構成で、真犯人を追い詰めていきます。 長編小説は、たっぷり時間があるときに読みたいものです。 週末はいつもは読めないよな [全文を読む]

20代・30代に聞いた「あなたの徹夜本は?」 圧倒的人気のシリーズと作家とは?

しらべぇ / 2015年11月15日07時00分

20代から多かった伊坂幸太郎、30代から多かった宮部みゆき、女性票が目立った湊かなえ...。そして、京極夏彦、西村京太郎という名前も散見されます。やはり、ミステリーは世代を問わず強いようですね。そして、毛色の異なるところでは、『電車男』を挙げる人も複数。これはまさに、世代といえるかもしれませんね。(文/しらべぇ編集部・西藤まさき)【調査概要】 方法:インタ [全文を読む]

2014年No.1小説は東野圭吾『マスカレード・イブ』!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月06日11時30分

コミックランキングはこちら■小説ランキング部門(※誌面には50位まで掲載)【1位】『マスカレード・イブ』(東野圭吾/集英社文庫)【2位】『天の梯 みをつくし料理帖』(高田 郁/角川春樹事務所ハルキ文庫)【3位】『ペテロの葬列』(宮部みゆき/集英社)【4位】『明日の子供たち』(有川 浩/幻冬舎)【5位】『銀翼のイカロス』(池井戸 潤/ダイヤモンド社)【6位】 [全文を読む]

みんなが選んだ、今年のブックランキング第1位は? 「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2014 発表!

PR TIMES / 2014年12月05日14時34分

「ダ・ヴィンチ」BOOK OF THE YEAR 2014 発表! 小説ランキング部門 第1位『マスカレード・イブ』東野圭吾 第2位『天の梯 みをつくし料理帖』高田郁 第3位『ペテロの葬列』宮部みゆき 第4位『明日の子供たち』有川浩 第5位『銀翼のイカロス』池井戸潤 ※本誌には50位まで掲載 コミックランキング部門 第1位『進撃の巨人』諫山創 第2位『O [全文を読む]

日本作家の世界進出支援 作家の世界チャレンジを後押し 宮部みゆき氏の小説「模倣犯」英訳版電子書籍を世界配信

PR TIMES / 2014年03月17日09時51分

第1弾は小説家 宮部みゆき氏。小説「模倣犯」を初めて英訳し、今秋アメリカやイギリスをはじめとした英語圏で電子書籍として配信されます。日本の書籍は、世界レベルにありながら言語や地理的な障壁、商習慣の違いから、世界のベストセラーは数作品ほどです。当社は2010年に上海現地法人を設 立。東野圭吾氏の「真夏の方程式」(文藝春秋刊/上海訳文出版社刊)をはじめ、中国、 [全文を読む]

2013年No.1小説は村上春樹も超えたあの作品!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月14日18時20分

同じく宮部みゆきも『ソロモンの偽証 第3部 法廷』『桜ほうさら』『泣き童子 三島屋変調百物語参之続』で3冊、東野圭吾も『夢幻花』『祈りの幕が下りる時』『禁断の魔術 ガリレオ8』と3冊入賞。三浦しをん、池井戸潤は2冊ランクインしている。さらに7月号で発表した「上半期ブック・オブ・ザ・イヤー」一般小説ランキング20にランクインした小説が、半年後の今回も13冊も [全文を読む]

大島優子は「共喰い」。集英社文庫『ナツイチ』キャンペーンでAKB48の読書感想文・課題図書が発表!

週プレNEWS / 2013年06月26日04時00分

■チームA 伊豆田莉奈/「言えないコトバ」益田ミリ 入山杏奈/「鉄道員」浅田次郎 岩田華怜/「終末のフール」伊坂幸太郎 大島涼花/「永遠の出口」森 絵都 川栄李奈/「蒼い時」山口百惠 菊地あやか/「年下の女友だち」林真理子 兒玉遥/「平成大家族」中島京子 小林茉里奈/「幸福論」アラン 佐々木優佳里/「ハニー ビター ハニー」加藤千恵 佐藤すみれ/「六花の [全文を読む]

中居正広、本人が語らない「メモ魔の素顔」

日刊大衆 / 2016年11月27日16時00分

『模倣犯』の映画のオファーが届いたときは、偶然にも宮部みゆきの原作を読んでいる最中だったという。本屋に行くと3時間ぐらい見て回り、大量に本を購入することもある。 SMAPとして活動していくうえで、中居が参考書としていたのは、プロ野球の名監督、野村克也の著書『野村ノート』(小学館)だ。野村が語る、チームを勝利に導くための方法、分析、戦略などのノウハウは、SM [全文を読む]

巨匠・森村誠一の新たな代表作が誕生! 作家生活50周年記念作品『運命の花びら』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月03日15時00分

<復刊した8作品>『人間の証明』(宮部みゆき推薦)/『野性の証明』(今野敏推薦)/『高層の死角』(湊かなえ推薦)/『超高層ホテル殺人事件』(東野圭吾推薦)/『腐蝕の構造』(林真理子推薦)/『終着駅』(北方謙三推薦)/『吉良忠臣蔵』(上・下)(京極夏彦・上田秀人推薦) 圧倒的なスケールを誇る50周年記念作品『運命の花びら』は、通算398冊の著作となる森村の、 [全文を読む]

巨匠・森村誠一氏の新たな代表作が誕生。作家生活50周年記念作品『運命の花びら』10月30日(金)発売!!

PR TIMES / 2015年10月30日09時54分

<復刊した8作品>『人間の証明』(宮部みゆき氏推薦)/『野性の証明』(今野敏氏推薦)/『高層の死角』(湊かなえ氏推薦)/『超高層ホテル殺人事件』(東野圭吾氏推薦)/『腐蝕の構造』(林真理子氏推薦)/『終着駅』(北方謙三氏推薦)/『吉良忠臣蔵』(上・下)(京極夏彦氏・上田秀人氏推薦)森村氏の縦横無尽の活躍には、時代を共に創ってきた作家からも絶賛の声が寄せられ [全文を読む]

有名作家を多数輩出!!「『このミステリーがすごい!』大賞」が本当にすごい4つの理由

ソーシャルトレンドニュース / 2015年09月26日15時00分

人気のある本の指標としてテレビや雑誌で取りあげられることの多いこの賞は、東野圭吾や宮部みゆきといった著名な作家が上位に名を連ねることで有名です。一方で名前がよく似た「『このミステリーがすごい!』大賞」というものがあります。こちらは「エンターテイメントを第一義の目的とした広義のミステリー」を対象に、毎年作家の卵たちから多くの応募を集めている新人賞です。直木賞 [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

現在、選考委員は浅田次郎さん、伊集院静さん、北方謙三さん、桐野夏生さん、高村薫さん、林真理子さん、東野圭吾さん、宮城谷昌光さん、宮部みゆきさんの9名。また、正賞は懐中時計、副賞は100万円となっています。 そして芥川賞。各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された作品の中から、こちらは純文学が対象です。授賞時期は同様ですが、掲載されるのは『文藝春秋』。選考 [全文を読む]

子供が本を読むようになるには(前編)【溜池ゴロー、子育てこそ男の生き甲斐】

しらべぇ / 2014年11月26日11時30分

並んでいる作家名を記すと……横溝正史、沢木耕太郎、森村誠一、東野圭吾、宮部みゆき、森博嗣、伊坂幸太郎、川村元気……などである。見ればお分かりの通り、普通大人が読むような作家ばかりのものを次々と読破している。 今回は、なぜワシの息子が読書好きになったかを分析しながら、「子供が本を好きになるための方法」を考察しようと思っている。もちろん、ワシのこれから述べる [全文を読む]

フォーカス