一覧 長瀬智也に関するニュース

吉岡里帆とホテルで…『ごめん、愛してる』第9話で注目された部位

しらべぇ / 2017年09月11日17時30分

注目です!《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→視聴率対策?『ごめん、愛してる』に『池袋ウエストゲートパーク』が…(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

『ごめん、愛してる』身長差キスに歓喜!意外にいる180cm超のジャニーズ

しらべぇ / 2017年08月28日19時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也の腕枕にファンが沸かなかった理由 (取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

視聴率対策?『ごめん、愛してる』に『池袋ウエストゲートパーク』が…

しらべぇ / 2017年09月04日18時30分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也の腕枕にファンが沸かなかった理由 (取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

夏ドラマ「現場メシ」番付 瑛太の大盤振る舞いがヤバすぎる

しらべぇ / 2017年07月08日11時00分

《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》《これまでに配信した『ウチの夫は仕事ができない』記事一覧はこちら》《これまでに配信した『コード・ブルー』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒月9『コード・ブルー』出演の馬場ふみか ナース服に期待する男性続出中(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤) [全文を読む]

「コード・ブルー」クランクアップで山下智久が涙/小森純、涙の激白 今週一番読まれたニュースは?【総合TOP10】

モデルプレス / 2017年09月23日19時00分

◆1位:「MステウルトラFES」出演順発表<全57組楽曲一覧>18日に放送されるテレビ朝日系『ミュージックステーション ウルトラFES 2017』(ひる12時~)の全57組の出演順が発表された。(modelpress編集部)【Not Sponsored 記事】 [全文を読む]

『ごめん、愛してる』大波乱の最終回! 長瀬智也のメッセージにファン号泣

しらべぇ / 2017年09月18日15時00分

長瀬くんからのメール読んで泣きそうになった、、#ごめん愛してる— ゆか•ᴥ• (@tokio_2107) September 17, 2017R.I.P Ritsu. 安らかに眠れ、律!(泣)《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→吉岡里帆、感極まったクランクアップ写真 思わず涙腺ゆるむファンも(取材・文/しらべぇ編集 [全文を読む]

『ごめん、愛してる』長瀬智也の腕枕にファンが沸かなかった理由

しらべぇ / 2017年08月21日19時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は…(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

エロいだけじゃない! 『ごめん、愛してる』長瀬智也のハグの魅力

しらべぇ / 2017年08月14日18時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は…(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

リメイク作品は大抵微妙? 「オリジナル原理主義者」の割合は…

しらべぇ / 2017年08月10日16時30分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒『ごめん、愛してる』長瀬智也がアレを抱く姿にファン悶絶(取材・文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美 イラスト/ミキシマ)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20~60代の男女1342名(有効回答数) [全文を読む]

『ごめん、愛してる』長瀬智也がアレを抱く姿にファン悶絶

しらべぇ / 2017年07月31日15時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は…(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

『ごめん、愛してる』長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は…

しらべぇ / 2017年07月25日22時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也の流し前髪は『白線流し』以来? ファン歓喜 (取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ) [全文を読む]

「日9」ドラマでまさかのシンクロ フジもTBSも「頭に銃弾が…」

しらべぇ / 2017年07月10日21時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》《これまでに配信した『警視庁いきもの係』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒『警視庁いきもの係』ドラマ初出演のだいすけお兄さんに視聴者絶賛(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤) [全文を読む]

『ごめん、愛してる』坂口健太郎が吉岡里帆に「ナニ見られても…」

しらべぇ / 2017年07月10日18時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒『ごめん、愛してる』長瀬智也は「おっちゃん」? 演出にファン傷心(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)【調査概要】 方法:アンケートサイト「みんなの声」調査期間:2014年11月17日~2014年12月1日対象:投票数13793票(有効回答数) [全文を読む]

『ごめん、愛してる』長瀬智也は「おっちゃん」? 演出にファン傷心

しらべぇ / 2017年07月10日11時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒吉岡里帆は「魔性の女」で「サイコパス」? 大竹しのぶが素の姿語る(文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原) [全文を読む]

『ごめん、愛してる』今夜初回 ヒロイン・吉岡里帆に癒やされる予感

しらべぇ / 2017年07月09日12時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒『フレンドパーク』坂口健太郎の活躍がスゴい 「持ってる男」の声も(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤 参照:『ごめん、愛してる』公式サイト)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日対象:全国20~60代の男女1 [全文を読む]

『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』などクドカン人気作品9点ついに電子書籍化

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月08日17時30分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら <配信一覧> ■『親ゆび姫×占っちゃうぞ』 著:宮藤官九郎 価格:1,300円 発売日:2015年8月25日(火) 出版社:KADOKAWA 深夜連続ドラマ「コワイ童話」シリーズ(全6回)のうちの1話。好きな男の子を小人化し、飼ってしまうという少女の狂気を描いたホラー作品。『悪いオンナ「占っちゃうぞ」』は売れっ子 [全文を読む]

吉岡里帆って美人? かわいい? 男性ウケの良さがスゴすぎる

しらべぇ / 2017年10月18日11時30分

《これまでに配信した「女優ルックス調査」記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→吉岡里帆、どんぎつねの耳の秘密を公開 「心臓もたない」とファン悶絶(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の吉岡里帆を知っている男女739名 (有効回答数) [全文を読む]

吉岡里帆のダサジャージ姿がかわいすぎ 「中学生?」の声も

しらべぇ / 2017年07月25日11時00分

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら》・合わせて読みたい⇒『ごめん、愛してる』坂口健太郎が吉岡里帆に「ナニ見られても…」(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤)【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日対象:全国20~60代の男性673名(有効回答数) [全文を読む]

7月クールは豊作?イケメン祭に歓喜するドラマウォッチャーも

しらべぇ / 2017年07月24日06時30分

《これまでに配信したドラマ記事一覧はこちら》・合わせて読みたい→『カホコ』竹内涼真演じる麦野の胸にダイブしたい女子が大量発生(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ) [全文を読む]

武井咲、嵐・相葉雅紀主演の月9ヒロイン内定! ジャニーズ御用達女優として「脱ゴリ押し」

サイゾーウーマン / 2017年01月30日08時00分

ただ、テレビ局側がリストアップした共演タレント候補の一覧で、武井は毎回OKが出るんだとか。これまで、ジャニーズタレントと熱愛のウワサが出ていないのも、プラスになったのかもしれませんね」(芸能プロ関係者) すっかり深夜ドラマの女優となった剛力彩芽、テレビではほとんど姿を見なくなってしまった忽那汐里と、同僚の“ゴリ押し女優”たちが失速していく中、武井は最もおい [全文を読む]

フォーカス