作詞作曲 長瀬智也に関するニュース

TOKIO新曲「fragile」5年ぶりにあの特典

Smartザテレビジョン / 2016年01月07日11時35分

長瀬智也が作詞作曲を手掛けた同シングルは、フジテレビ系ドラマ「フラジャイル」(毎週水曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09)の主題歌として、1月13日(水)よりオンエアされる。 同曲は、咲いては散っていく桜を命と重ね合わせて表現しており、はかなさや切なさの中にも力強さが感じられる楽曲で、ストレートに胸に響くロックナンバーだ。 初回限定盤 [全文を読む]

国分太一「TOKIO解散危機」告白に、ファン感動!

日刊大衆 / 2017年08月01日15時05分

最近では、長瀬智也(38)が作詞作曲を担当することもあり、7月に出演した『僕らの音楽』(フジテレビ系)で長瀬は、“メンバーの個性をすごく考える”“個性が生きたうえでできたものが一番いい”と、TOKIOの音楽について説明しています。バラエティ番組でもそうですが、やはり音楽でも“グループの絆”というものが中心にあるのでしょうね」(芸能誌ライター) 座談会の最後 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】堂本光一「KinKi Kids」の命名に「恥ずかしかった」

TechinsightJapan / 2016年07月23日22時47分

そんなKinKi Kidsが7月20日リリースしたニューシングル『薔薇と太陽』は吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)が作詞作曲を手掛けている。歌詞に『ガラスの少年』や『愛されるより愛したい』に関連したフレーズもちらつかせる心憎い作品だ。堂本剛は「セクシー、けだるさみたいな感じをどう表したらよいかすごく迷った」、堂本光一は「『青空に咲いたよ』とい [全文を読む]

男が惚れる男!?同性人気の高い芸能人の特徴を考えてみた!【男性編】

日本タレント名鑑 / 2015年11月28日09時55分

しかし、ギターを覚え作詞作曲をこなし、体も鍛えメインボーカルとしても貫禄が出てきた現在。今ではすっかり、才能豊かなマッチョイケメンにシフトし、年齢を重ねることで男性人気も絶大なものとなりました。 『池袋ウエストゲートパーク』『タイガー&ドラゴン』など、宮藤官九郎さん作品への出演によって「男くさい」イメージが強くなった事が影響しているのかもしれません。『ザ! [全文を読む]

TOKIO・城島茂、皐月賞で「馬券と真剣ににらめっこ」! 競馬ファン松岡昌宏の助言とは

サイゾーウーマン / 2014年05月25日09時00分

「LOVE,HOLIDAY.」は、メンバーの長瀬智也が作詞作曲を手がけ、JRA「60周年記念」CMソングに起用された楽曲だが、5月20日付のオリコンデイリーランキングでは初登場5位。 「オリコンランキングでは3位までしか売り上げが発表されないため、詳しい数字は不明ですが、同日発売で3位のAimer(エメ)が、7,583枚を売り上げていたため、TOKIOはこ [全文を読む]

フォーカス