時代 黒木瞳に関するニュース

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしているのに、その気配すら感じさせない人もいます。 その代表として篠原涼子さんが各設問で上位に浮上してきました。 ■アンケ [全文を読む]

女性の上位が入れ替わり「北斗晶」さんが三冠,男性は「つるの剛士」さん今年も強し。 -有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2014【こそだて】

DreamNews / 2014年12月03日14時00分

メディアを通して見るその姿には、父親や母親を始め、見る者や今の時代の家庭や家族を映し出しているとも言えます。実際に子育てをしながら仕事をしている人もいれば、役柄として母親や父親役をしている人もいます。あるいは実際には、しっかりと子育てをしているのに、その気配すら感じさせない人もいます。 今年も北斗晶さん佐々木健介さん夫妻、つるの剛士さんらのイメージが強かっ [全文を読む]

黒木瞳が三重県・志摩へ! 冬ならではの絶景に癒される電子雑誌「旅色」2017年2月号を公開

@Press / 2017年01月25日10時30分

そのほか、ジャズピアニストの松居慶子さんの連載コラムの最終回、時代を超えて受け継がれてきた名建築に触れる“テーマのある旅”、2月に行きたい節分まつりなど、この時期ならではの国内の旅の魅力をさまざまな切り口で紹介します。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/120536/img_120536_1.jpg■ 表紙・巻頭 [全文を読む]

【医師たちのリアル恋愛事情】ナースじゃない!? 医大教授の意外な不倫相手

デイリーニュースオンライン / 2015年04月24日11時50分

リアルな大学病院における「教授の愛人」といえば、昭和時代には確かに「教授秘書」と「看護師」が多かった。「クラブのママ」もいたのかもしれないが、その手のプロの女性たちはそうそうシッポを掴まれるようなヘマはしないせいか、私自身は遭遇したことがない(水商売にハマるのは、どちらかと言えば開業医に多いような気が……)。まあ、教授の愛人が「クラブのママ」というのは、 [全文を読む]

声優の鈴村健一&神谷浩史、歴史ある東映カレンダーに初登場

ORICON NEWS / 2017年09月29日13時53分

「東映スターカレンダー」は、制作当初、東映所属の時代劇スターといわれる片岡千恵蔵・市川右太衛門・月形龍之介・大友柳太朗などがカレンダーに登場し、その後も中原ひとみ・高倉健・佐久間良子・梅宮辰夫・千葉真一ら東映ニューフェイスの面々や仁侠映画の鶴田浩二、藤純子、格闘映画に出演していた志穂美悦子、91本もの東映映画に出演していた美空ひばり、『野菊の墓』(198 [全文を読む]

『白い巨塔』の変遷にみる 日本の希薄化【後編】

文春オンライン / 2017年08月30日07時00分

薄味のリメイク版 話を時代に合わせるためにディテールをいじってはいるものの、ストーリーは基本的に原作小説や映画版と同じである。話は安心の面白さなので最後まで観るには観たが、どうにも納得がいかないのはキャスティングである。とにかく出てくる人のキャラクターと演技があっさりと薄口になっている。 新旧を対比するとこうなる(旧は66年の映画版。左側が旧作のキャスト [全文を読む]

邦画の質低下 女優の体当たり演技減少が重大な要因か

NEWSポストセブン / 2017年06月26日16時00分

ヘアも解禁されていなかった時代に“性表現の限界”に真正面から挑んだ大島監督はもちろん、日本初の「本番撮影」に臨んだ藤竜也と松岡暎子には感服するほかない。とりわけ自らの秘部への男根の“抜き差し”まで露わにした松岡の女優魂は、時代を超えても決して色あせることはないだろう。 体当たりで濡れ場を演じていたのは、彼女だけではない。過去には人気絶頂の有名女優も、若手の [全文を読む]

稲垣吾郎がSexy Zoneマリウス葉を発掘!?2人をつないだ意外な人物とは?

アサジョ / 2017年02月06日10時14分

「お母さんの宝塚時代の同期には、黒木瞳さんや真矢ミキさんほか、今でも芸能界で活躍している人がズラリといるのですが、そのなかの1人に人気の男役である三城礼さんがいました。彼女のご主人が、タクシーの会社・グリーンキャブ創業者の次男で起業家の高野公志さん。稲垣吾郎がSMAP時代、アヤしい関係と噂された“ヒロくん”が、彼なんです」。 マリウスは幼少期、ドイツで過ご [全文を読む]

【ウラ芸能】嫌な女・黒木瞳、監督進出で分かったこと

NewsCafe / 2016年03月10日06時00分

デスク「女優、黒木瞳(55)が映画初監督作品『嫌な女』(6月25日公開予定)の宣伝でテレビに出まくってるな」記者「主演ドラマ版(NHKBSプレミアム)の先行放送の番宣を兼ねてます」デスク「ドラマでは、彼女の薄くなった頭皮にばっかり目がいっちゃうよ」記者「高画質化になり、減った髪の毛の分け目や、加齢による首や目じりのシワ、法令線、手に浮いた血管を隠せないとい [全文を読む]

松崎しげる主催イベント「黒フェス~白黒歌合戦~」が大盛況のうちに幕

okmusic UP's / 2015年09月07日00時00分

「Can't take my eyes off of you」「夢で逢えたら」を熱唱した後、「昭和から平成に時代は変わりました。時代が変わっても名曲は受け継がれます。僕がデビューしてから一番いっぱい仕事をした尾崎紀世彦…キヨのためにも歌います。『また逢う日まで』!」と旧友の名曲を歌いあげた。同じく時代を越えて愛される松崎最大のヒット曲「愛のメモリー」では、 [全文を読む]

中高年のなりたい顔トップは?

NewsCafe / 2013年12月24日14時00分

鏡に映る自分との戦いはいつの時代でも人間の心の中で「コンプレックス」という名を持って続いてきたわけであるが、この「コンプ」と真っ向から向き合う団体がある。美容整形のパイオニア、高須クリニックだ。人間の外見・コンプレックスとの戦いを見つめてきた医療集団。だからこそNewsCafe編集部は単純に思った。「高須クリニックにちょっとだけ質問してみたい」と。決意した [全文を読む]

黒木瞳、松坂慶子、浅香光代…著名人が愛した熟女TOP10発表

NEWSポストセブン / 2012年03月21日16時00分

“美熟女”の時代到来との声もある昨今、男性を魅了している美熟女は誰なのか。著名文化人23人にアンケートを実施した結果BEST10を以下に発表する。なおアンケート方法と選考委員については後述する。 1位:黒木瞳(51) 2位:五月みどり(72) 3位:松坂慶子(59) 4位:吉永小百合(67) 5位:鈴木京香(43) 6位:川上麻衣子(46) 7位:池上季実 [全文を読む]

「フェリシーと夢のトウシューズ」舞台挨拶 黒木瞳が宝塚時代のエピソードを披露 土屋太鳳も驚き

アニメ!アニメ! / 2017年08月12日19時00分

フェリシーがオデットと行う猛特訓について話題が移ると、黒木は宝塚時代のエピソードを披露。初めて台詞のある役をもらったとき、動きながら台詞を言うために、毎日「ハー」とだけ言って教室をぐるぐる回る特訓を2週間近くも続けていたことを告白する。 それを受けて、舞台の準備中だった土屋は「なるほど…。今すごくそれで悩んでいる時だったので勉強になります!」と思わぬアド [全文を読む]

土屋太鳳、憧れの人は元宝塚女優 初対面に「胸いっぱい」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月12日15時42分

オデットに絡めて、宝塚時代に自身が特訓を受けたエピソードも明かし、「最初に思い出すのは宝塚で初めて役がついた時に、動きながらセリフを言うために教室の隅っこで『ハア』だけを言いながら、何週も部屋を回ったこと。いい特訓になりました。意外と(セリフを言う時は)動けないものなので」とコメント。隣で土屋は「今それで悩んでいたところなのですごく勉強になります。いろん [全文を読む]

大胆過ぎて見ていられない!? 名優同士が“禁断の関係”を演じた作品を覗き見!

dmenu映画 / 2017年06月01日07時00分

しかし、実生活でタブーとされるからこそ、妻、夫がいるもの同士の関係を描いた作品は、いつの時代も観客を魅了して止みません。そこで今回は、名優同士が不倫関係を演じた映画をご紹介します。 役所広司と黒木瞳出演の衝撃作『失楽園』(1997年) かつて敏腕編集者であった久木祥一郎(役所広司)と、書道の美人講師である松原凛子(黒木瞳)は、偶然の出会いを機に密会を重ねる [全文を読む]

真矢ミキのダース・ベイダー姿に「帝国軍入りします!」の声 マツコ発言で、性格悪い疑惑は尽きず?

おたぽる / 2016年09月30日12時00分

男役トップスターとして宝塚歌劇団で活躍していた頃は、同期の黒木瞳や涼風真世に負けず劣らずの絶大な人気を誇っていた真矢だが、最近では、レギュラーMCを務める『白熱ライブ ビビット』(TBS系)でのズバズバとした物言いでも注目を集め、宝塚時代からの女性ファンはもとより、「真矢さんに叱られたい」というMっ気のある男性ファンも多い。 「真矢は、宝塚時代、金髪ショ [全文を読む]

雨宮塔子、亜希 「シミもしわも隠さない」女の生き方

NEWSポストセブン / 2016年08月07日07時00分

局アナ時代は『どうぶつ奇想天外!』や『チューボーですよ!』などバラエティー番組を中心に活躍していたが、人気絶頂の1999年に退社し、渡仏。2002年にはパティシエの青木定治氏(48才)と結婚し、翌年には長女を、2005年には長男を出産している。青木氏とは2015年3月に離婚したが、その後も2人の子供たちとパリに在住。しかし今回の復帰にあたり、子供を残して [全文を読む]

現場でも、やっぱり『嫌な女』……黒木瞳に“監督失格”の烙印

日刊サイゾー / 2016年06月23日11時00分

公式サイトによると、今月に入り、公開前までに各局の情報番組をはじめ、宝塚時代の盟友・大地真央とトークを繰り広げた『ボクらの時代』(フジテレビ系)、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)など15番組に出演。紙媒体でも、ファッション誌から地方の情報誌まで、インタビューを受けまくって作品をPRしている。 「映画のW主演は吉田羊と木村佳乃だが、吉田はHey!Say!JU [全文を読む]

吉田羊 女性マネージャーに寵愛されすぎで下半身に「乾燥警報」!

アサ芸プラス / 2016年01月02日17時57分

「下積み時代から同い年だという女性マネージャーと二人三脚で行動してきました。早くから吉田の才能にほれ込み、アルバイトだけで生活費が足りない時は事務所が工面していました。マネージャーとしては急に有名になり、今が大事な時期ということで、過去の“悪友”が寄りつかないように、なるべく仕事を入れるようにしているそうです」 演劇業界では、吉田とマネージャーの仲がよすぎ [全文を読む]

天海祐希、健康より悩むあの不安

NewsCafe / 2015年05月22日17時00分

絶対おもてへん!』と関西弁で完全否定するなど、宝塚時代からの関西のファンにサービスをしていましたね」 なるほど…。徐々に本格復帰という感じだろうか。 「舞台あいさつは4日間で東京、鹿児島など全国5カ所で行われ、常に体調万全をアピールしていましたが、実は彼女、今は不安のどん底にいるんです」 どういうこと? やはり健康面が不安なの? 「それも多少はあるでしょう [全文を読む]

フォーカス