性格 黒木瞳に関するニュース

『白い巨塔』の変遷にみる 日本の希薄化【後編】

文春オンライン / 2017年08月30日07時00分

性格や力量の方向性がまるで違うだけに、お互いがお互いを認め、頼りにするような間柄だったのである。教授選や誤診裁判が起きなければ、敵対することはなかったはずだ。 東が自分のプライドやその裏返しとしての財前への嫉妬、引退後の影響力の確保、はたまた未婚の娘の婿探しなどといった個人的で矮小な利害にとらわれず、能力第一で財前助教授をさっさと後任教授にしておけばそもそ [全文を読む]

~ 多様化する美の基準、「美しい人」は生き方も美しい人 ~ クチコミプラットフォーム「buzzLife」アンケートレポート

@Press / 2012年05月25日15時30分

『品格の高さ、知的レベルの高さ、性格の良さ、などが全て全身から醸し出されている(男性40代)』『容姿はもちろんのこと、立ち居振る舞いや言葉遣いまでが気品を感じさせるから。また、俳優という仕事に対しても、プロであろうとする姿勢が美しさを感じさせる。(女性20代)』『若いころからずっと水泳などで体を鍛え、内面からの美しさも備わっている。(女性60代)』 [全文を読む]

三田佳子VS黒木瞳「ばばママ」バトル現場!(2)悪評の黒木を一方的に嫌悪

アサ芸プラス / 2017年07月29日17時57分

「もともと性格的には水と油で、撮影が終わったあとに御飯を食べに行ったりすることも当然ありません。どうも撮影前から三田さんの耳に、黒木さんの現場での悪評が耳に入ってきて、一方的に毛嫌いするようになったようなんです」 確かにこれまで黒木といえば、共演者との遺恨が多い女優としても知られてきた。03年のドラマ「GOOD LUCK!!」(TBS系)では、柴咲コウ(3 [全文を読む]

真矢ミキのダース・ベイダー姿に「帝国軍入りします!」の声 マツコ発言で、性格悪い疑惑は尽きず?

おたぽる / 2016年09月30日12時00分

現在でも、『白熱ライブ ビビット』で、自分の主張をはっきり押し通す姿に、『憧れる』『上司になって欲しい』という女性ファンは多いようです」(芸能関係者) 08年に、バレエダンサーの西島千博との結婚を発表してから、男性ファンは減少傾向にあるものの、“理想の女上司”“女性が選ぶカッコイイ女性タレント”などといったアンケートが行われる度に、黒木や天海祐希ら、宝塚O [全文を読む]

黒木瞳初映画監督「娘はどうなった」、斎藤佑樹が弱音、桂文枝不倫相手の本性……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月27日13時00分

業界のアチコチでお高くとまった性格の悪さを指摘されている黒木ですし、おあつらえ向きなのでは。デスクY 最近は以前ほど出演してなかったけど、ここへきてまた登場か。思ったより老けてないな。記者B ネット上では「相変わらずの若作り」と話題ですよ。ドラマに対しての興味はほとんどないようですが、とにかく多い「指摘」が一つありまして……。デスクY なんだそれ。記者B [全文を読む]

黒木瞳初映画監督「娘はどうなった」、斎藤佑樹が弱音、桂文枝不倫相手の本性……週末芸能ニュース雑話

日刊サイゾー / 2016年02月26日13時00分

業界のアチコチでお高くとまった性格の悪さを指摘されている黒木ですし、おあつらえ向きなのでは。デスクY 最近は以前ほど出演してなかったけど、ここへきてまた登場か。思ったより老けてないな。記者B ネット上では「相変わらずの若作り」と話題ですよ。ドラマに対しての興味はほとんどないようですが、とにかく多い「指摘」が一つありまして……。デスクY なんだそれ。記者B [全文を読む]

「性悪でも売れる」女優と「性格重視」のMC芸人

メンズサイゾー / 2013年02月10日08時00分

「嫌われタレント性悪現場」として7日に配信された同サイトの記事によれば、老若男女世代を問わず好感度の高い女優として知られる松嶋菜々子(39)が、関係者いわく「本人はとても気性が荒く、言いたいことを言わないと気が済まない性格」で、「雑誌の撮影後はとにかく『シミを消せ。シワを消せ』とうるさいなんてもんじゃない」というから驚き。また、アラフィフを代表する美貌の [全文を読む]

高畑充希『過保護のカホコ』自己最高の14.0%終幕も拭えなかった”もやもや感”

デイリーニュースオンライン / 2017年09月16日13時00分

いつの間にかママ・泉の性格にも似てきたカホコが家事を頑張っているシーンも描かれていたが、これは洗濯も料理も苦手だったカホコが1年経って成長したということなのか。 そもそもが、過保護な女子大学生という設定だったにも関わらず、学校が出てくると言えば、初のアトリエシーンくらい。そもそもの就職先も、運よくパパ・正高(時任三郎)の実家ですることになった事業にカホコが [全文を読む]

人気沸騰の竹内涼真、共演者からの不評…知られざる過去を知人が明かす

Business Journal / 2017年09月06日20時00分

『カホコ』ではそんな性格とは裏腹に感情的な青年・麦野初を演じ反響を呼んでいるが、「国民的俳優」になる日もそう遠くはないだろう。 (文=編集部) [全文を読む]

『カホコ』竹内涼真の男泣きギャップ萌えで女子の母性本能が炸裂

しらべぇ / 2017年08月31日06時30分

じいじが何度もはじめくんを言い間違えた「たもつくん」呼び、あれ伏線だったんだね……びっくりしたよ……麦野くん「俺みたいに性格の悪い子は誰ももらってくれないし」って言っていたから、きっとあの少年本当に、幼い頃の麦野くんだったんだなあ、、 #過保護のカホコ— もちゃりす (@mochalice) August 30, 2017また、このたもつを演じている子役・ [全文を読む]

竹内涼真 現場騒然!スマホ待ち受けにしていた“謎の年下美女”

WEB女性自身 / 2017年08月30日06時00分

浮いた話も全然聞きませんし、とにかく真面目な性格ですからね」(竹内の知人) 待ち受け画面を妹にしていた竹内だが、そんな 家族想い な一面も好感を呼んでいる。 「長男の竹内くんには、4つ下の妹さんと8つ下の弟さんがいるんです。少し年が離れているということもあり、竹内くんは幼い頃からしっかり者のお兄ちゃんだったみたいですね。妹さんはSNS上でその美人ぶりが話題 [全文を読む]

三田佳子VS黒木瞳のバトル勃発で「過保護のカホコ」スタッフが困惑

アサ芸プラス / 2017年07月24日05時59分

「もともと性格的には水と油で、撮影が終わった後にご飯を食べに行ったりすることも当然ありません。どうも撮影前から三田さんの耳に黒木さんの現場での悪評が耳に入ってきて、一方的に毛嫌いするようになったようなんです」 7月24日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月3日号)では、三田と黒木の「ばばママ」バトルを詳報。凍りつくような現場の空気に高畑もさぞかし困惑していること [全文を読む]

ドラマ共演の黒木瞳と三田佳子に周囲の忖度が働きまくり

NEWSポストセブン / 2017年07月21日07時00分

役柄のためのプロ意識はあるでしょうが、どうやら、三田さんの衣装のほうが華やかに映ると感じていたみたいで」(前出・ドラマ関係者) そんな空気を察してか、年齢の割に芸歴が長く、元来物怖じしない性格の高畑でさえ撮影現場では2人にかなり気を使っている。「2人の前ではなんとなく表情もこわばっていますし、一際大きな声で挨拶したりしています。そもそもは『家政婦のミタ』( [全文を読む]

高畑充希『過保護のカホコ』11.6%の好発進も主人公の設定に難あり

デイリーニュースオンライン / 2017年07月15日16時00分

しかし一方で、愛情を十分に注いでもらっているためか、就活で落とされたとしても能天気に生活できるような、朗らかな性格を手にしているようだった。 そんな時に目の前に現れたのが、加穂子と同じ大学に通い画家を目指している麦野初(竹内涼真)。加穂子とは真逆の苦学生で、のんきに母親手作りの弁当を食べている加穂子に対し、「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ!」「お [全文を読む]

“ダブル不倫”報道のNHK與芝由三栄アナは不倫肯定派!? ベッキー騒動に「ニュースで取り上げるのバカみたい」発言も

日刊サイゾー / 2017年04月17日07時00分

そんなアグレッシブな性格なので、もし不倫肯定派なら、自らの不貞にも躊躇がなかったのかもしれないですね」(同) また、お相手の源氏も、監督デビュー作がまさに不倫を題材にしたものだった。テレビプロデューサーを経て独立、05年の『東京タワー』で映画監督に転身後、NHKではBSプレミアムの番組を多数手がけており、その際に與芝アナと知り合ったようだが、こちらもまた1 [全文を読む]

カカア天下の岩手県、家事メンNo.1は京都府

NEWSポストセブン / 2016年12月29日16時00分

県民性? ハイハイ、どうせ「京都人はいけず」「埼玉はダサい」「秋田は美人が多い」とかでしょ? 読まなくてもわかってるわと思ったあなた、本当に全ての傾向を網羅できている? 『新出身県でわかる人の性格』などの著書がある岩中祥史さん(66才)に聞きました。 ◆カカア天下No.1(夫より妻が先に就寝する率1位)【岩手県】 51.8%が「妻が先に就寝することが多い」 [全文を読む]

三浦友和、“就職活動”がテーマのホームドラマに挑む

Smartザテレビジョン / 2016年11月10日11時00分

水希はおっとりとした性格でありながら、“家族のため”と頼りになる一面も持ち合わせる私立中学の国語教師。念願のマイホーム購入を夢見ていた矢先に衝撃的な出来事に直面してしまう。黒木は「家というのは、家族がそこで暮らし、そこから外に出ていってそれぞれの社会で過ごし、そしてまたそこに帰ってくる、という場所ですよね。そこでは家族に本当の姿を見せつつも、ある部分は偽ら [全文を読む]

【連載コラム】稚菜、竹内まりやの「いのちの歌」をカバー

okmusic UP's / 2016年07月08日18時00分

高校生くらいまでは本当に人見知りな性格でした。 人前ではあまり喋らない方でした。 …これを今の友達に言ったら誰も信じてくれませんでしたが。笑 でも人見知ってしまう事によって話せず仲良くなれず終わってしまうのが凄く寂しく感じて、あの時話しておけば…そう後悔する事が多々あってからは頑張って話しかける様になり、そしたらいつの間にかめちゃくちゃ人と話せる様になって [全文を読む]

黒木瞳と大地真央 「宝塚流アメとムチ」で後進を育てる

NEWSポストセブン / 2016年06月23日07時00分

「娘役のイメージも強く外見もかわいらしい黒木さんですが、性格はわりとサバサバしていて男らしい。でも、この日ばかりは大地さんを前に少女のようなはにかんだ笑顔で、終始丁寧な敬語。今も大地さんを上級生として、そしてパートナーとして敬う様子が伝わってきました」(テレビ局関係者) [全文を読む]

美女アイドルやタレントが多い! 福岡県は、実は女性の人口そのものが多かった!?

マイナビ進学U17 / 2016年05月02日12時03分

福岡の女性が気になった人は、福岡出身の芸能人の性格や話しっぷりに注目してみると面白いかもしれません。■自分が住んでいる街の人口統計を調べてみようこうした人口の変化について知るきっかけになる学問として、「統計学」が挙げられます。統計学は、統計に関する研究を行う学問で、ばらつきのあるデータから、数値上の性質や規則性または不規則性を見いだします。統計学を学ぶこと [全文を読む]

フォーカス