仕方 メッセージに関するニュース

“現代の魔法使い”落合陽一×西村真里子「新聞、絵画、イッセイミヤケの服もメディアのひとつ」

週プレNEWS / 2016年11月28日06時00分

日本で生活している以上、仕方のないことかもしれませんが、でもどうしたらこの「閉じてる感」を克服できるのかなあと。 落合 NHKだって、BBCみたいには動いてないですからね。BBCは世界中に網を張っているじゃないですか。でも、例えばNHKワールドが中国の面白い作家を紹介するみたいなことって、BBCと比べるとやっぱり少ないですよね。 西村 ウェブサイトにしても [全文を読む]

告白はLINEで!新成人と上の世代の恋愛ジェネレーションギャップ

Woman Insight / 2016年01月11日19時00分

20代以上になると10%程度と、 「10代」と「20代以上」の間で告白の仕方にもジェネレーションギャップが! 逆に、40代になるとオンラインで告白する割合が23%と増加。大人になると、直接会って「好きです!」という情熱的な告白はしなくなるのかもしれませんね…。 いかがでしたか? 男子の草食化が進み、恋人がいない若者が増えている…という現代の日本ですが、一 [全文を読む]

売りつけたくない君へ(9)/契約できると思ったら・・・。/伊藤 達夫

INSIGHT NOW! / 2015年10月26日14時58分

が、仕方ない。これもサラリーマンの宿命ではある。だからあれだけ上司とうまくやれと言ったのに・・・。だが、上司の方針と違うことをやるのだから、これぐらいのことは覚悟しないといけなかったか・・・。『上司とうまくやりつついろいろ試してみる』といった教え方をしなかった俺が悪い面もある・・・。だが、ちょっと露骨すぎるな・・・。後味は悪いだろう・・・。上司も彼女も・・ [全文を読む]

被災地が「焼け太り」と言われないためにも

プレジデントオンライン / 2017年03月10日15時15分

陸前高田市を始め、被災地に頻繁に行っていた私からすると、首相の意識と被災地のそれとの距離感を感じて仕方がなかったのです。 「政府が、被災地を支えるんだ」というメッセージを多くの人が求めていました。それが、首相の口からなかなか出てこない。メッセージらしきものがあったとしても、その出し方に問題がありました。被災地からすると、何を考えているのか、わからない。私は [全文を読む]

G.RINA『LIVE&LEARN』Interview

NeoL / 2017年02月07日17時39分

トラックの段階での“想像未来 feat. 鎮座DOPENESS”が出来た時に、これは前回とは違うアプローチがちゃんと提示できると確信が持てて」 ——具体的にはどういった部分ですか? G.RINA「80sファンクや90sリバイバル的な音楽が沢山出てきてると思うんですけど、そこでまだ使われていないような引用の仕方をしたいとも思っていて。“想像未来”や他のいくつ [全文を読む]

東京アイドルフェスティバル出演メンバーがグラビア共演! 各グループ選抜「MIZUGIフェスティバル」で12人が決意表明!PART3

週プレNEWS / 2015年07月30日20時00分

まぁ、番組でおかしなことばかりやってるんで仕方ないんですけど(笑)。 ―(笑)。特に横山さんイチ推しのメンバーっているんですか? 横山 橘ゆりかちゃんですね。一番美人だと思っています! でも、美人なのに“雑魚(ざこ)キャラ”と言われていて、番組でもMCの方から一番遠い席に座っているせいか声とかも全然届いてなくて(笑)。そんな見た目とのギャップがツボなんです [全文を読む]

高須院長が激怒!「岡田斗司夫が金銭的援助を求めてきた」

NEWSポストセブン / 2015年02月07日07時00分

何か理由があるなら仕方ないけど、完全にビビって逃げただけだっていうんだから、許せないよね。こっちはわざわざ彼のために医師もスタンバイさせてたのに。──その後、岡田斗司夫さんから謝罪などはあったんですか?高須:直接謝罪はないよ。そもそも、それ以来会ってないから。でも、YouTubeに「高須先生ごめんなさい」みたいな動画が上がっててそれを見たけど、なんだか笑い [全文を読む]

「何度も足を運んで、とにかく全部観てほしい」 新作『キンプリ』菱田正和監督インタビュー

ガジェット通信 / 2017年06月07日08時00分

当時は、後半が制作出来るかどうかも全く見えない状態で作っていたので前半で終わっても仕方ないなと思いながら作っていました。 ――前作では最後に予告編的な部分がありましたが。 菱田:あのエピローグからみんな後半を想像してね、という思いは半分ありました。 ――前作は“エリート”と呼ばれるみなさんが応援してくれて、記録的なヒットになりました。新作公開に至った今のお [全文を読む]

NYファッションの最新トレンド、各ブランドが「反トランプ」を発信

Forbes JAPAN / 2017年03月01日08時00分

実際にそれをイメージしたかどうかは解釈の仕方次第だが、ファッション業界はクリントン支持が多数を占めていた。それを考えれば、クリントンがこのトレンドのきっかっけになった可能性があると見ることはできる。多様性をファッションの「標準」にそして、最も感動的だったのは、人種や宗教、体格の異なるモデルたちがキャットウォークを美しく飾ったことだった。多様性は常に、ファッ [全文を読む]

「誰に嫌われてもいい。大切なものがわかっていれば」映画監督・荻上直子

ANGIE / 2017年02月20日19時00分

でも、それって気にしても仕方のないことです。自分が選んだ道を進んでいる限り、私は誰に嫌われても平気なんです。 やり続けているのは「好きが異常に強いから」 私は、映画を撮ることが好きでしかたなくて、ある時「映画をずっと撮っていく」と決心したんです。それからはブレることはないです。 自分の道を選ぶ、これだと決めることが難しいと言われれば、確かにそうかもしれませ [全文を読む]

やっぱり1位はあの作品。「映画野郎」が選ぶ2016年ベストテン!

まぐまぐニュース! / 2017年01月23日18時00分

小川:まあ、仕方ないね。 KANTO:原作漫画はとても良かったけど、このテーマなら2時間ほどのアニメ映画にするよりもテレビアニメシリーズにして、ジックリ作った方が良かったんじゃないかな。まあ、世の中が好きな傾向ということで納得はしました。 原口:それでも、『この世界…』を選んだ選者の方が「面白かった」と思ったのなら、それは尊重しましょう。 1位の『シン・ [全文を読む]

49歳のわたしへ。私の残りの人生、欲しいものは女の幸せだけ。【柴田淳「月夜はすっぴんで喋りたい」】vol.5

ココロニプロロ / 2016年11月18日10時15分

なので、とても楽しみで仕方ないのです。40代って、わたし、一体どうなるんだろーーーー!!!って感じ♪周りの男性陣は、40になった時、もの凄く落ち込んでいました。焦り出していました。ふっ、何を今さら。と女としては思ってしまいますが、男性にとって40は、女性にとって30かもしれませんね。この10年の差が、男はいつまでも子供を作れる!とたかをくくってきた証なんじ [全文を読む]

ホリエモン×ひろゆきも疑問視するLINEの日米同時上場。日本経済と心中したくない?

週プレNEWS / 2016年06月20日06時00分

多少は時価総額が下がっても仕方ないという判断なのかもしれない。しかしアメリカには、すでに多くのメッセージングアプリが普及している。そんな中でLINEのアメリカ戦略はうまくいくのか? 「かなり難しいと思う。だってメッセージングアプリって、今、流行っているものと似たようなものを出しても厳しいからね。自分ひとりで移行してもメッセージする相手がいないとどうしようも [全文を読む]

彼から絶対返事がもらえるLINEの送り方・4選

恋学 / 2016年02月22日15時00分

“釣った魚に餌はやらない”って言葉があるように、メールやLINEを放置されるは仕方ないことなのかもしれません。 「それって、既読スルーされても我慢するべきってこと?」 いえいえ、そんなことはありません。ちょっとしたコツを抑えるだけで、男性からの返信率はぐっと上がるんです。 そこで今回は、気になる彼から絶対返信がもらえるLINEの送り方をご紹介! 今すぐ使え [全文を読む]

『ピンクとグレー』行定勲×後藤正文×山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)インタビュー

NeoL / 2016年01月09日04時44分

行定「ミュージシャンがどんなに素晴らしい曲を書いても、それが作品の内容──物語が向かっていくべき方向性とあっていなければ仕方ないでしょう。その意味で今回、後藤さんと山田さんが作ってくれた曲が『Right Now』という題名だったのも、僕にはすごく象徴的に思えたんですよね。“まさに、今”ここから始まっていくという高揚感が、たしかに鳴っていたので」 山田「じ [全文を読む]

ドラマ「火花」NMB48山本彩出演決定「自分に重ねてがんばろう」

dwango.jp news / 2015年12月22日10時16分

この全10話から何が滲み出てくるのか、楽しみで仕方ありません。そして、楽しみにしてもらえるような作品になるよう、自分ができることをぶつけさせていただいています。」とコメント。 さらに、NMB48の山本彩が、まさにこの小説の入口となる“あのシーン”へ出演。山本は観て頂く方へ、「上京してきて、夢や野望をもって立ち向かっていく人の熱いメッセージみたいなものが込め [全文を読む]

売りつけたくない君へ(8)/「やっぱり今回はやめておきます」って言われるんです。/伊藤 達夫

INSIGHT NOW! / 2015年10月13日12時37分

頭が見るからに良さそうだとか、女子にキャーキャー言われるとか、そういうビジュアルが欲しかったが仕方がない。 でも、売れるからいいか。売れるお蔭で生きていける。見てくれがどうであろうと関係ない。 いわゆる悪徳というか、評判の悪い営業会社で売りまくっていた頃・・・。「売りたいんだ。売るんだ。トーク通りに読めば売れる。騙してでも、困らせてでも、演技してでも、応酬 [全文を読む]

JAM CITY『Dream A Garden』インタビュー

NeoL / 2015年08月17日15時07分

それこそ、デパートだったりチェーンのコーヒーショップみたいな普段から見慣れたつまらない世界までもが普通に綴られていて、こういう表現の仕方があるんだっていう新鮮な発見があって、自分が歌詞を書く上でもものすごく影響を受けている。ロンドンの昔ながらの風景が消費社会にどんどん淘汰されて、変わりゆく街の様子について夢物語のように綴ってあってね」 ―今、「変わっていく [全文を読む]

Salyu 「話したいあなたと」第二回:津野米咲(赤い公園)

NeoL / 2015年02月28日03時34分

Salyuさんの曲を聴いていて思うのは、楽曲をもらったときの解釈の仕方がきっとすごく自然なんだろうなということ。その純粋な感じがここまで歌に出ているという人はなかなかいないと思うんですよね。だから聴いていてすごく幸せな気持ちになる」 Salyu「津野さんのようなクリエイターの方にそう言ってもらえるのがすごくうれしいです。ホントに私ができるのは歌うことだけな [全文を読む]

【インド女性に学べ!】もう絶対怪我しないための走法「チーランニング」入門

しらべぇ / 2014年12月06日17時30分

「本当に効率的な泳法で、水泳が楽しくて仕方ありませんでした。」と語る中島先生は、そこでチーランニングを知ったという。すぐにチーランニングについて調べてDVDを購入。説明通りに走ったところ、その素晴らしさに驚いたそうだ。 「当時は踵からの着地が一般的でしたが、“足裏全体で着地”“絶対に蹴らない”“足は平行に揃えて走る”という点を正すだけで、右足の痛みが出なく [全文を読む]

フォーカス