大谷翔平 陽岱鋼に関するニュース

【プロ野球】新井貴浩(広島)は781点。大谷翔平(日本ハム)は1268点。MVP投票の内訳をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月05日16時05分

■パ・リーグは二刀流で大暴れした大谷翔平が受賞 【パ・リーグ/MVP投票獲得点数】 大谷翔平(日本ハム):1268点 レアード(日本ハム):298点 中田翔(日本ハム):190点 和田毅(ソ):100点 西川遥輝(日本ハム):44点 宮西尚生(日本ハム):41点 石川歩(ロ):31点 増井浩俊(日本ハム):28点 角中勝也(ロ):21点 内川聖一(ソ): [全文を読む]

【プロ野球】勝手に妄想! 日本ハムの編成から見えてくる「ポスト大谷翔平」は中田の後輩!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日16時05分

■ポスト大谷翔平は次世代の「二刀流」? 大谷翔平の海外FA権行使は順調にいくと2021年オフとなる。しかし、ダルビッシュ有(日本ハム→レンジャーズ)や田中将大(楽天→ヤンキース)らの例を見ても、ポスティングでメジャーに挑戦することは間違いないだろう。報道では早ければ2017年オフとも言われている。 現時点で「ポスト大谷」と呼べる存在が投打ともに日本ハムに [全文を読む]

【プロ野球】球界の七不思議?西武・栗山巧はなぜオールスターに出場できないのか

デイリーニュースオンライン / 2016年06月10日17時05分

糸井、中田に大谷翔平が食い込んだうえ、4位は陽岱鋼だった。なんたる層の厚さ…… 2014年 ・ファン投票…5位(18万9996票) ・選手間投票…7位(48票) 地元・西武ドームでの開催ということで、ファンの間でも「ついに出場か!?」と話題になったシーズン。過去最高の約19万票を獲得したものの、3位の陽岱鋼に3万8957票足りない5位に終わり、ファン投票で [全文を読む]

【プロ野球】逃した魚はデカい?日ハムがドラフトで獲得失敗した選手の活躍ぶり

デイリーニュースオンライン / 2016年06月07日17時06分

大谷翔平のように大成功をしたケースもあれば、競合くじに敗れたり、入団拒否の憂き目にあうことも。今回は、日本ハムがドラフトで獲得に失敗した選手たちを紹介しよう。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■過去10年のドラフトで日本ハムが獲得に失敗した主なケース 長野久義(巨人) ~2006年:入団拒否 2010年に新人王、2011年 [全文を読む]

走攻守を兼ね備える大谷翔平 陽岱鋼と糸井嘉男より補殺多い

NEWSポストセブン / 2017年04月13日07時00分

日本ハム・大谷翔平(22)はプロ野球入りしてから一貫して、投手と打者の二刀流で活躍を続けてきた。どちらの能力への評価も高いなか、来季に噂される大リーグ挑戦でも、二刀流を貫くのか、投手か打者に絞るのかに注目が集まっている。では、現時点での大谷に対するメジャーの評価は、投手と打者のどちらに集まっているのだろうか。 メジャーリーグ研究家の福島良一氏は、「いまのと [全文を読む]

「パ・リーグ優勝予想」第1位は、日ハムか福岡SBか?

日刊大衆 / 2017年04月01日07時05分

やはり“二刀流”の大谷翔平選手(22)を中心に、投打の戦力が充実しているのがポイントのようです。 第2位(33%)は、昨年逆転優勝を許してしまった福岡ソフトバンクホークス。日ハムと同様に、「投手陣、野手陣の層が厚い」(50歳男性)と、強大な戦力を理由に挙げる人が多かったです。その一方、「昨年の雪辱」(65歳男性)、「去年優勝できなかったので、全員必死に戦う [全文を読む]

【プロ野球順位予測】江本孟紀氏「当たる気がしませんわ」

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測。辛口評論でお馴染みの江本孟紀氏は、12球団すべてに手厳しい評価を下している。いったい、来季のペナントレースはどうなってしまうのか? 江本氏が解説する。 * * * 結局ね、セもパも大混戦 [全文を読む]

【プロ野球順位予測】広澤克実氏「巨人の大型補強は失敗」

NEWSポストセブン / 2017年01月13日16時00分

二刀流として開花した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測! 1994年オフにFA宣言してヤクルトから巨人に移籍した経験を持つ広澤克実氏は、今オフ、超大型FA補強に走った巨人の来季をどう見るか。 * * * 今回も巨人の補強は [全文を読む]

【プロ野球順位予測】篠塚和典氏「巨人の鍵は捕手」

NEWSポストセブン / 2017年01月11日16時00分

二刀流として躍動した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測。巨人での現役時代に首位打者2回、ベストナイン5回を誇り、引退後は一軍打撃コーチなどを歴任した篠塚和典氏は、戦力の充実した古巣の優勝を予想しながらも、その死角は「ダイヤ [全文を読む]

【プロ野球順位予測】村上雅則氏「日ハムさらに強くなる」

NEWSポストセブン / 2017年01月09日16時00分

二刀流で躍動した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測! 日本人初のメジャーリーガー「マッシー・ムラカミ」こと村上雅則氏が注目するのは、古巣であり、MLB挑戦間近の大谷のいる日本ハムだ。 * * * 2016年シーズン、開幕か [全文を読む]

【プロ野球】「最強選手」大谷翔平は来季で見納め? 景気づけに日本ハムの「歴代最強ナイン」を考えてみた!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日16時05分

早ければ来季のオフにもメジャー入りの可能性が噂される大谷翔平。大谷は今季まで日本ハムで4年間プレーしているが、その投打にわたる活躍はチーム史上「最強選手」のひとりといっていいだろう。 大谷の日本での勇姿は来季で見納めになるかもしれない。そこで、大谷にも引けをとらない日本ハムの歴代最強選手たちを豪華に並べることで、少し気が早いが、大谷へのはなむけとしたい。 [全文を読む]

【プロ野球】開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較・パリーグ編

デイリーニュースオンライン / 2016年08月03日17時05分

■日本ハム ≪開幕オーダー≫ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 左 西川遥輝 ○ 2 二 田中賢介 ○ 3 中 陽岱鋼 ○ 4 一 中田翔 ◎ 5 指 大谷翔平 6 三 レアード ◎ 7 右 谷口雄也 ◎ [全文を読む]

【プロ野球】日本ハム15連勝の立役者!岡大海外野手に注目

デイリーニュースオンライン / 2016年07月19日16時05分

連勝の要因を挙げると、ソフトバンク、ロッテとの各3連戦に先発した高梨裕稔、有原航平、大谷翔平らの活躍はもちろん大きい。だが、今回は打線爆発の起点となった岡大海に注目したい。 ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■3カ月遅れの開幕から驚異の大活躍! そしてチームもすごいことに 今季で3年目を迎える岡は、キャンプ中のケガのために [全文を読む]

中田翔や大谷翔平の前に控えるニクいやつ! 何かと話題をふりまく日本ハムの“仕事師”田中賢介

デイリーニュースオンライン / 2016年05月04日16時00分

その理由は、ご存知“二刀流”大谷翔平の起用法に起因している。 今季は投手として先発するカードでは打者で出場せず、次のカードでは打者として起用されることが、基本方針となっている。 その影響で、毎カード必ず前カードと違う人選をしなければならない。加えて開幕スタメン1番・陽岱鋼のケガによる一時離脱や、開幕2番・西川遥輝の不調もあって、現在の日本ハムの打順は、入れ [全文を読む]

プロ野球2017交流戦「新3大遺恨バトル」はこれだ!(1)「巨人vs日ハム」は遺恨だらけ

アサ芸プラス / 2017年06月03日09時56分

今オフには大谷翔平(22)や中田翔(28)の流出問題もありますが、昨年日本一となったこともあり、『3年間で新しいチームを作れればいい』という考えで動いている」(スポーツ紙デスク) そして、まんまと“在庫”で獲得したのが大田泰示(26)だった。下位打線ではあるもののレギュラーに定着し、すでにキャリアハイである6本の本塁打を記録している。「栗山英樹監督(56) [全文を読む]

江本孟紀氏 プロ野球キャンプ絶好調報道「ええ加減にせぇ」

NEWSポストセブン / 2017年03月02日07時00分

チームメイトである球界の至宝・大谷翔平(22)の右足首負傷が発覚し、記者たちがネタに困ったからか、キャンプイン直後には〈佑が開幕投手候補!栗山監督が指名〉(2月4日、デイリースポーツ)という花火が打ち上げられたが、わずか17日後、楽天との練習試合で2回5失点の大炎上。開幕投手どころか、一軍生き残りにも黄信号が灯っている。 5球団競合指名のドラ1ルーキー・ [全文を読む]

斎藤、杉内、松坂 エース番号18が期待はずれのイメージに

NEWSポストセブン / 2016年12月06日11時00分

日ハム入団時に大谷翔平(22)が『11』になったのは、“二刀流”とは言いつつ、球団側が投手として育てるつもりだったことの表われでしょう」(スポーツ紙デスク) ※週刊ポスト2016年12月16日号 [全文を読む]

日本ハム、日本一の裏に外国ファンの力!チケットビスと提携後、台湾や韓国中心に欧米からも観戦者増

DreamNews / 2016年11月11日12時00分

その背景にあるのが大谷翔平選手の注目ぶりと言えそうです。きっかけとなったのは、昨年の世界野球プレミア12。「日本対韓国の試合で先発した大谷選手のピッチングが衝撃だったようで、以来大きな注目を浴びているようです。」(チケットビス韓国マーケティング担当キム)その関心度の高さはデータからも読み取れます。韓国の主要検索エンジンであるNAVERの検索キーワードトレン [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメン再確認でみるパ・リーグ6球団のチーム事情

デイリーニュースオンライン / 2016年06月30日17時05分

■明暗分かれた3位・日本ハムと4位・西武 北海道日本ハムファイターズ 1 中 陽岱鋼 2 左 西川遥輝 3 二 田中賢介 4 一 中田翔 5 指 近藤健介 6 三 レアード 7 右 谷口雄也 8 捕 大野奨太 9 遊 中島卓也 先発 大谷翔平 他球団と比べて主力にケガ人・不振者が少ない。6月26日の試合では、先発・大谷を含む開幕スタメンの10人中、実に8 [全文を読む]

【プロ野球】ロッテ大谷、ヤクルト大引…開幕直後に戦線離脱した主力選手

デイリーニュースオンライン / 2016年04月06日16時04分

■大谷智久(ロッテ) 腰椎椎間板症 <今季成績> 1試合/0.1回/0勝0敗/防御率0.00 <オープン戦> 7試合/7回/1勝0敗/防御率1.29 日本ハムのエース・大谷翔平を撃破したロッテの開幕戦。しかし、その試合中にリリーフエースがやってしまった。 8回表、3点リードで登板した大谷智久。無死から中島卓也にヒットを許し、さらに陽岱鋼がセンター前ヒット [全文を読む]

フォーカス