両親 片岡愛之助に関するニュース

「死神が見える」「神様の声が聞こえる」片岡愛之助は霊能力者だった!?

メンズサイゾー / 2013年10月16日20時00分

番組冒頭から、CHIEは愛之助のオーラを金色(精神性が高く霊能力者に多いといわれている)と指摘し、「(守護霊には)ご両親がいらっしゃって、霊能力があるって気づいてないかもしれないけど、直感で選んだものが良い方向に行く人」と霊視。愛之助は、そんなCHIEの言葉を簡単に呑みこみ、「そうなんですよ。両親を早くに亡くしましたんで、その両親が人生をうまい具合に導い [全文を読む]

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

しかし3歳の時に両親が離婚したため、彼は母に引き取られ女手一つで育てられてきました。俳優デビュー後は、歌舞伎とは無縁のままその実力を確固たるものにしています。脇で出演してもその圧倒的な演技力で主役を食らうこともある、まさに怪優と呼ぶに相応しい俳優です。 歌舞伎の世界では芸名を統一すべきという仕来たりがあり、本来ならば襲名後、市川中車のみを名乗るべきところで [全文を読む]

“必ず5人の大物歌舞伎役者が死ぬ”歌舞伎座の呪い 片岡愛之助の霊能力と関係も!?

ハピズム / 2013年10月19日20時58分

20代にして両親を共に病気でなくしているのだが、その絆を今でも大切にし、多い時で月に3~4回行くこともあるという。15日に出演した『おしかけスピリチュアル』(テレビ東京系)においても、スピリチュアル女子大生CHIE(21)とのやりとりで、「亡くなった両親に導かれている。謝った道へ進もうとしても、気づかぬうちに修正してくれる」と語った。■特殊な子供といわれた [全文を読む]

片岡愛之助 半沢直樹を地でいく「父の町工場」維持し続ける

NEWSポストセブン / 2013年08月29日16時00分

それで5才の時、ご両親が友達ができるようにと松竹芸能の子役オーディションを受けさせたんですよ。それから毎週土曜、松竹芸能の稽古場に通うようになって、ちょこちょこドラマなどで見るようになりました」(近所住民) 大阪・中座で初めて歌舞伎に出たのが小学2年生のとき。子供ながらに興味を抱いていた歌舞伎の世界、元来の真面目な性格から稽古に励んだことも大きかったが、彼 [全文を読む]

「過保護のカホコ」で高畑充希が“史上最強の箱入り娘”に!【夏ドラマ人物相関図(水曜ドラマ編)】

ザテレビジョン / 2017年07月05日19時30分

両親に溺愛され、過保護に育てられた大学生・カホコ(高畑充希)。彼女は就職間際の21歳にしてアルバイトをしたことがなく、着る服も一人で選べないばかりか、通学の駅までの道のりも必ず送迎付きと、母・泉(黒木瞳)の多大なる支えの下で生活してきた。さらに、父・正高(時任三郎)もカホコに嫌われたくない一心で、過度に甘やかす始末。そんな両親からの愛情に幸せを感じていたカ [全文を読む]

藤原紀香、誕生日ブログが「不謹慎」「笑える」!? ツッコミ&批判が噴出で養父も炎上

サイゾーウーマン / 2017年07月01日15時00分

紀香は「私ごとですが本日46歳になりました」という書き出しから「46年前の今日、私を産んでくれた両親にありがとうの日です」とまずは両親に感謝。その後、ファンや仕事関係の人からメッセージをたくさんもらっていることを報告し、「すべてに感謝を忘れず、公私ともに頑張ってゆこう」と意気込みを語っている。そして最後には「おっちょこちょいでドジで、なんだかんだあほな私 [全文を読む]

再婚カップルの約〇%は結婚式を挙げている!式の内容は?経験者にリサーチ

ココロニプロロ / 2017年05月09日16時15分

彼女のご両親への配慮も考え、式を挙げようと思ったそうです。◆女性のみ再婚の場合~妻の意見~片岡愛之助さんと藤原紀香さんのパターン。でも、この方たちは式は挙げなかったとのこと。 [全文を読む]

片岡愛之助&藤原紀香、心づくしの逸品ばかりの引き出物に賞賛の声

アサ芸プラス / 2016年10月06日15時00分

引き出物は愛之助が大好きだというブランド「フランク・ミュラー」のお皿や、紀香の両親の出身地である和歌山の柿などこだわりの品ばかり。また紀香がかねてから愛用している水素生成器「マルーン」も加えられた。「水素生成器を引き出物にしたいと強く希望したのは、紀香ではなく愛之助だそうです。愛之助は妻から勧められ、健康に大きな効果があったことからとても気に入り、披露宴 [全文を読む]

藤原紀香が主導する引き出物チョイスで片岡愛之助がこだわりを見せた逸品が!

アサジョ / 2016年10月02日17時59分

また和歌山産のあんぽ柿は、紀香の両親が和歌山出身であることにちなんだもの。大阪・堺市出身の愛之助にとっても身近な菓子とはいえ、紀香は2015年に和歌山県紀の川市のフルーツ大使に就任しており、やはり紀香チョイスと言っていいだろう。 このように紀香の選んだ引き出物にばかりスポットライトが当たるなか、愛之助もみずからのこだわりを引き出物にこめていたという。モノ [全文を読む]

俺たちをトリコにしたオール「特撮ヒロイン」(4)「高田美和・片岡愛之助の養母が挑んだ異色時代劇の壮絶撮影」

アサ芸プラス / 2016年07月12日05時57分

やがて彼のご両親が立て続けに亡くなられ、本当の『養子』として面倒を見ました」 愛之助が歌舞伎役者として修業に励んだのと同じ19歳の時に、高田は「大魔神」に出演する。役どころは城主の姫君でありながら、悪家老の謀反によって兄とともに身を隠す小笹という娘だ。「私は時代劇がやりたくて大映に入りましたので、この作品でも特撮とはいえ時代劇。特別なこととは思わず、撮影に [全文を読む]

「略奪ではない!」必死に純愛をアピールする藤原紀香に漂う“そこじゃない感”

日刊サイゾー / 2016年04月08日13時00分

2人の結婚会見で傷付いたのは、元カノの熊切と、その両親にほかならない。交際期間は「カブっていない」とアピールしようが、恋人と別れ話で大モメし、いまだ清算されていないことは事実だ。 「熊切さんは、周囲に『もらい事故に遭ったようなもの』と話しているようですが、彼女の両親は2人に怒り心頭。特に父親は、愛之助さんが住んでいたマンションの名義人でもあった。いずれ娘 [全文を読む]

海老蔵 人生初のマンションは家賃170万円、不思議な縁あり

NEWSポストセブン / 2017年03月09日07時00分

「海老蔵さんの両親にも気に入られていて仲よかったんですが、当時の米倉さんは女優業がノリにノッていて、結婚より仕事に夢中だった。珍しいくらいの円満破局で、別れた後もご飯に行ったり海老蔵さんの舞台を観劇したり、友人関係は続いていましたよ」(前出・歌舞伎関係者) それから5年、数多の女性と浮名を流しながら、海老蔵のハートを射止めたのが麻央だった。 「海老蔵さん [全文を読む]

山田孝之ほか「隠し子」発覚は好感度を下げない?

日刊大衆 / 2017年01月05日10時00分

真相はもちろん根も葉もないデマだったのだが、忽那本人はもちろん、ご両親にとってもいい迷惑だっただろう。 しかし、過去には、事実として世間を仰天させた隠し子報道もある。中でも有名どころが、2003年に発覚し、記者会見まで行った歌舞伎役者の市川海老蔵(39)である。相手は元歌手の女性で、2002年に女児を出産し、認知。海老蔵は2010年3月にフリーの小林麻央ア [全文を読む]

紀香 挙式総額2億5千万円!ご祝儀巨額も5千万円の赤字か

WEB女性自身 / 2016年10月06日06時00分

加えてフランクミュラーの皿が2万円超、藍染の手帳は約4千円、銀座WAKOのバームクーヘンが約3千円、紀香の両親の出身地・和歌山の名産・あんぽ柿が約4千円などなど 。 「さらに、引き出物にぴったりと合う紙袋がなかったらしく、わざわざ特注したそうです。これだけで100万円以上かかったそうですよ」(梨園関係者) 締めて1人あたりの引き出物額は約13万円で、総額は [全文を読む]

水素発生器vsイニシャルバカラ…藤原紀香の引き出物センスは初婚時からブレてない

messy / 2016年10月01日19時00分

そして、紀香の両親の出身地・和歌山県産「あんぽ柿(株式会社パーシモン)」。柿を乾燥させるのに10日ほどかかるらしく、披露宴の日程に合わせて製造されたそう。ちなみに「紀香」とは、和歌山県「紀の川市」が由来と言われており、紀香は同市のフルーツ大使を務めている。 さらに、愛之助が口上で着る裃(かみしも)と同じ色に染めた「藍染のノート」、六代目の愛之助にちなんで [全文を読む]

藤原紀香 京都“特別挙式”で愛之助と祈った「子授けの社」

WEB女性自身 / 2016年09月28日06時00分

「愛之助さんは28歳から29歳にかけての1年間のうちに、実の両親を続けざまに亡くしています。彼は芸養子として片岡秀太郎さん(75)の籍に入りましたが、それを後押ししてくれたのは、ほかならぬ実父でした。愛之助さんの襲名披露の際も、そのお父さんが『あとは結婚式だね』と嬉しそうに言っていたのが、今でも忘れられません。きっと愛之助さんも、お父さんに晴れ姿を見せた [全文を読む]

熊切あさ美を超えたのは?「幸せになってほしい芸能人」ランキング

しらべぇ / 2016年05月12日07時00分

両親ともに、自分が若いうちに亡くなってしまうのは、いくら「不幸は蜜」な人でも胸にくるものがあるはず。■第1位:風見しんご(47.1%)投票の結果、圧倒的に「幸せになってほしい」と世の人が思っているのは風見しんごであった。愛する子を失う悲しみは、多くの人にとって他人事ではいられないことのようだ。2007年に小学5年生の娘を亡くした1年後、長男を死産で亡くして [全文を読む]

気持ち悪い!「真田丸」竹内結子の天真爛漫すぎる演技に“あの問題”が再燃

アサ芸プラス / 2016年04月24日09時59分

両親の敵である秀吉の側室になる茶々が天真爛漫な振る舞いを見せることが納得できないうえに、それを竹内が演じることにも無理がある、という声があるのです。今後、茶々は淀殿として表舞台で活躍します。その年代に合ったキャスティングでしょうから、時間が経つことで違和感はなくなっていくのではないでしょうか」(週刊誌記者) 天真爛漫だった茶々が時代に翻弄されてゆく姿にも注 [全文を読む]

新年からノリノリカ!藤原紀香が粕汁作りで梨園の妻を積極アピール?

アサジョ / 2016年01月13日09時58分

その点ではご両親が和歌山出身で、神戸の女子大を出た紀香さんは条件に適っています。そこにきて関西の味をアピールとなれば、上方歌舞伎界における好感度はますます上がったことでしょうね」 出身地という、努力では乗り越えられない壁。どうやら熊切あさ美と紀香の勝負は、最初から決着がついていたようだ。(白根麻子) [全文を読む]

関係者が断言! 2016年結婚する芸能人カップルは“アノ3組”

デイリーニュースオンライン / 2015年12月31日08時00分

両親のために建てた家だが、2014年8月に父親が亡くなり、現在は母親が1人で暮らしている。この家が、ゆくゆくは2世帯住宅となり二人の愛の巣になりそうだ。 「昨年(2014年)、二人で冷蔵庫や洗濯機など家電量販店で仲良く買いものをしている姿が目撃されている。互いの家族とも交流があり、良好な関係を築いているよう。また、2016年1月9日から、竹野内の主演映画『 [全文を読む]

フォーカス