大学 高橋大輔に関するニュース

高橋大輔、銅メダルの裏にあった“逃亡生活”を懺悔

ザテレビジョン / 2017年06月10日11時00分

14歳から専任コーチ・長光歌子氏の指導を受けていたが、大学生になると長光氏の自宅で下宿生活を送りながら練習に励んでいた。 だが、「大学デビューしたんで」という高橋は、まるで反抗期の少年のような振る舞いで長光氏を困らせることもあったとか。 髪形やファッションを気にするようになり、遊びに出掛けると「終電以外では帰らない」と当時の生活ぶりを語る高橋に、笑福亭鶴 [全文を読む]

織田信成が名門・関西大学アイススケート部監督に就任! 号泣指導が始まる?

アサジョ / 2017年04月13日18時15分

浅田真央の引退発表を受けて号泣した織田信成が、4月11日の記者会見で関西大学体育会系アイススケート部の監督に就任したことを発表した。元選手である鈴木明子の最後の試合でも、本人より先に号泣した織田。この会見でも浅田の引退についてコメントを求められ、「ひとつの時代が終わったのかな」と改めて涙を流した。 関西大学は、宮原知子選手が所属し、高橋大輔を輩出しただけで [全文を読む]

高橋大輔がゲイパレード参加でキス顔披露…フィギュア重圧の反動か

デイリーニュースオンライン / 2015年08月05日12時00分

選手時代には見られなかった奔放な笑顔があふれていると、ファンの間でも話題になっています」(芸能ライター) 高橋の留学先は、セントラルパークにほど近いバーナードカレッジという大学。ここに週に2、3回通い、英語を勉強中だという。だが、ちょっと心配になるような話もある。 フィギュア界の重圧の反動か あるスポーツ紙の記者はいう。 「高橋を知るNY在住の日本人による [全文を読む]

高橋大輔 振付勉強のNY留学先はなんと「女子大」だった!

WEB女性自身 / 2015年05月26日00時00分

そんな彼は週の半分は、セントラルパークの近くにあるバーナードカレッジという大学に通っているそうです。彼が通うバーナードカレッジは、実は女子大なんです」(前出・スケート関係者)バーナードカレッジの創立は1889年。コロンビア大学から独立した、名門の女子大だ。社会のリーダーなるための女性の育成に力を入れているという。高橋は、ニューヨークの女子大生に囲まれている [全文を読む]

高橋大輔 引退どうする!?“10年ぶり”家族終結で会議

WEB女性自身 / 2014年04月17日07時00分

この日は両親も3人の兄弟も揃っていたため、大輔が大学進学のため実家を出て以来、10年ぶりに家族全員で食事をしたんです。かなり夜遅くまで話に花を咲かせていたみたいですよ」 ソチでの引退を口にしていた高橋は、家族に自らの思いを語ったのだろう。後日、田村さんのもとを訪れた彼は今後についてこう明かしていたという。 「大輔は今後のことも考えているようで、『これまでは [全文を読む]

羽生結弦が早大進学 伝統の「フィギュア王国」が遂に復活か

NEWSポストセブン / 2012年12月26日16時00分

“山の神”柏原竜二が卒業した東洋大と、優勝候補と呼び声高い駒澤大学の戦いとともに、エース・大迫傑を擁し、2年ぶりの王座奪還を目指す早稲田大学にも注目が集まる。だが、早稲田が復活をかけるのは駅伝だけではないようだ。 先日行われた全日本フィギュアスケート選手権で初優勝を果たした羽生結弦(宮城・東北高・18)が、来春、早稲田大学に進学すると発表した。今季よりブラ [全文を読む]

羽生結弦も全力拒否?安藤美姫がフィギュア界から”総スカン”の懸念

デイリーニュースオンライン / 2017年03月31日11時51分

大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

【ネットニュース編集者によるイニシャル鼎談】羽生結弦の“結婚報道”がPVを稼ぐ理由

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日17時00分

(構成/デイリーニュースオンライン編集部 写真提供/『ホウドウキョク』) プロフィール ブロガー/個人投資家 やまもといちろう 慶應義塾大学卒業。会社経営の傍ら、作家、ブロガーとしても活躍。著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/ プロフィール ライター/編集者 中川淳一郎 一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企 [全文を読む]

NYでゲイパレード参加の元フィギュア代表・高橋大輔に、浅田真央&安藤美姫が「だって彼は……」

日刊サイゾー / 2015年08月15日09時00分

現在、アメリカ留学中の高橋は、ニューヨークのセントラルパーク近くにある「バーナードカレッジ」という大学に通い、英語を猛勉強中。近況は、週に1~2回の頻度で更新されるインスタグラムからうかがい知ることができる。 「写真の中には、かつて大食い番組で一世を風靡し、アメリカでホットドッグ早食い選手権6連覇などを成し遂げたフードファイター・小林尊さんとの写真もあり [全文を読む]

2014年、彼女から目が離せない!驚異の才能を持つサラ・オレインにインタビュー

ITライフハック / 2014年09月23日17時00分

大学のほうでも、専攻は言語学と音楽で、歌はまったく入ってなかったんですね。小さい頃から歌手を目指していたのではなくて、むしろ表現者でありたいと思っていたので。自分にとって一番自然な言語が音楽だったので、歌も含めて。キッカケというのは、日本に留学で来たときにゲームのエンディングテーマを歌わせていただいたんですけど、それが歌手になったキッカケです。編集部:一番 [全文を読む]

フォーカス