梨花 北川景子に関するニュース

メイクとファッションをお手本にしたい有名人、1位はあの人!

Woman Insight / 2014年06月19日16時50分

ネイチャーズウェイのメイクブランド「ナチュラルグラッセ」が女性1120人を対象に行ったアンケート、「メイクをお手本にしたい有名人」と「ファッションをお手本にしたい有名人」の結果が面白かったのでご紹介します! ◆「メイクのお手本にしたい有名人はこの人!」BEST10発表 1位は…… じゃん! 石原さとみさん! 以下、敬称略で、 2位:ざわちん 3位:北川景 [全文を読む]

メイクの悩みについてのアンケート結果

PR TIMES / 2014年06月18日10時05分

「Q5. ファッションのお手本にしたい有名人は?」という質問には、1位「梨花」さん、2位「ローラ」さん、3位「紗栄子」さんという結果になりました。中でも、「梨花」さんについては、「年を感じさせないぐらいスタイルもよく可愛い&かっこいいを取り入れているなと思うから」、「自然でナチュラルだけど、透明感がある」という声があがりました。■アンケート概要サンプル数: [全文を読む]

きゃりーぱみゅぱみゅ「CMギャラが11倍に激増」の理由

WEB女性自身 / 2013年06月10日07時00分

梨花(40)は3000~4000万円、紗栄子(26)は3000万円(交渉可)、ローラ(23)は2500~3000万円(交渉可)と、いずれも上がりこそしないが高い水準を維持している。そこには企業側の切実な理由もあるようだ。「きゃりーぱみゅぱみゅさん(20)は、ほんの1年前には年間契約に二の足を踏む企業も多く1クール300~1000万円と言われていました。それ [全文を読む]

柴咲コウ・北川景子所属スタダのビルに『マルサ』、“クビ切り”元社長は「ドルヲタから有名だった……」

日刊サイゾー / 2016年06月23日20時30分

「SMOOCHは、もともと梨花や松雪泰子などがプロデュースするファッションアイテムを細々と手掛けてきましたが、ももいろクローバーZのブレークで急成長。以降、アイドルグッズの企画・管理・販売が主となり、サイリウムやTシャツが飛ぶように売れることから、ももクロのグッズ売り上げは“女性アイドル界一”といわれるように。数万人規模のライブや、ツアーが開催されるたび [全文を読む]

“恋愛モノ女優”石原さとみ、『校閲ガール・河野悦子』で「可愛いだけ」から脱皮なるか?

サイゾーウーマン / 2016年10月03日13時00分

そのほか、和田正人、江口のりこ、田口浩正、足立梨花、鹿賀丈史、芳本美代子、青木崇高、岸谷五朗らが脇を固める。 日テレの「水10」ドラマは好調が続いており、7月期の『家売るオンナ』(北川景子主演)は全話平均11.6%で、民放連ドラでトップ。また4月期の『世界一難しい恋』(嵐・大野智主演)も12.9%と高視聴率をマークしており、いい流れができている。 それだけ [全文を読む]

注目された3年ぶりの松嶋菜々子主演作『営業部長 吉良奈津子』は“ビミョー”な視聴率で発進

日刊サイゾー / 2016年07月25日21時00分

そのほか、石丸幹二、DAIGO、板尾創路、中村アン、足立梨花、伊藤歩らが出演しており、そこそこのメンツだ。 [全文を読む]

ローラが「世界で一番尊敬する人」にスタジオ爆笑

Smartザテレビジョン / 2015年12月30日23時27分

2007年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」グランプリに選ばれ女優デビューした足立梨花は「(ホリプロの)オーディションを受けた年に弟が生まれました。15歳違いです」と明かした。足立の父親が現在43歳と知り、中居は「オレ、同い年だよ」とがく然としていた。 [全文を読む]

母親とLINE友達な人、なんと9割超え!いまどきの母娘仲よし事情とは?

Woman Insight / 2015年05月09日17時50分

今週末もすてきな家族時間をお過ごしください♪ (和田美恵子) ※情報提供元:フリュー株式会社『GIRLS’TREND(ガールズトレンド)研究所』 【あわせて読みたい】 ※木下優樹菜が親友の演技を、“母親目線”で絶賛!佐々木希も「早く母親になりたい」 ※え、「母娘の仲がよすぎると問題が起きる」ってどうして? ※【TGCレポ】「ママモデル」に注目!出産後初ラン [全文を読む]

篠田麻里子が『ファッションリーダーランキング』3位→圏外で、タレント生命の危機!? 「何も取り柄が……」

日刊サイゾー / 2014年09月09日17時00分

3位は昨年4位だった安室奈美恵と続き、以下、香里奈、桐谷美玲、ベッキー、西野カナ、YOU、梨花、北川景子という結果に。トップ10中、7人が昨年と同じ顔触れだった。 今年、圏外となったのは、篠田(昨年3位)、佐々木希(昨年7位)、益若つばさ(昨年10位)。毎年さほど代わり映えのないことで知られる同ランキングだけに、どうしても昨年上位だった篠田の急落ぶりが目立 [全文を読む]

フォーカス