視聴率 錦戸亮に関するニュース

Kis-My-Ft2にゴールデン主演は早すぎた!? ジャニタレ夏ドラマが大苦戦中!

サイゾーウーマン / 2012年08月01日09時00分

共演者には、同グループでツートップを担う北山宏光、オスカープロモーションゴリ押し女優の剛力彩芽が名を連ね、「注目度No.1の若手キャストが集結した豪華ドラマ」との触れ込みだったが、フタを開けてみると、第1話の視聴率は8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と惨敗。その後、7月26日に放映された第3話では、ゴールデンタイムにあるまじき、視聴率5.9% [全文を読む]

低迷続くジャニーズドラマの中、嵐・二宮和也に期待される仕事とは

サイゾーウーマン / 2013年11月14日16時54分

今回は、ジャニーズドラマ視聴率低迷の現状を嘆き、理由を勝手に分析してみたいと思います。 SMAP・木村拓哉主演の『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』(TBS系)をはじめ、SMAP・草なぎ剛主演の『独身貴族』(フジテレビ系)、TOKIO・長瀬智也主演の『クロコーチ』(TBS系)、関ジャニ∞・錦戸亮主演の『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』(フジテレ [全文を読む]

関ジャニ錦戸亮、主演ドラマが謎の好調スタート?女優陣の功績大か

デイリーニュースオンライン / 2017年07月13日11時47分

関ジャニ∞の錦戸亮(32)が主演を務める新ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)の初回視聴率が、11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることが、7月10日わかった。 本作で錦戸は、見た目・学歴・収入と申し分のない理想の夫であるはずが、実は社内では仕事の出来ないお荷物社員を演じている。また、主人公の妻には若手女優の松岡茉優(22)を抜擢。 [全文を読む]

関ジャニ∞が“嫌いなジャニーズ”にランクイン「こんなにテレビに出まくってるのに……」

日刊サイゾー / 2015年03月17日20時30分

ある意味、今の関ジャニ∞が『好きな~』にランクインしていないのは、最も“ヤバイ”結果ですよ」(同) マツコ・デラックスと村上が出演する『月曜から夜ふかし』を除いては、最近のメイン番組の視聴率は軒並み低迷。テレビ朝日は、低視聴率続きの『関ジャニの仕分け∞』を3月で終了させ、深夜帯で『関ジャム 完全燃SHOW』をスタート。事実上の“格下げ”とみられている。また [全文を読む]

『ぬ~べ~』『ごめんね青春!』7%台に急下落! 関ジャニ∞主演ドラマの明暗

サイゾーウーマン / 2014年10月20日15時43分

放送後は内容に対する批判が殺到していたが、10月18日放送の2話の視聴率は7.9%と、一気に5.4%も大幅ダウンしてしまった。 同名人気漫画が原作とあって注目度が高かっただけに、2ケタ超えの好スタートを切った『ぬ~べ~』。しかし、舞台設定が小学校から高校に変更されたことや、キャスティングに関する視聴者の違和感は拭えなかったようで、初回放送後には公式サイトの [全文を読む]

視聴率なんて信用できないと言ったじゃないか! クドカンの真骨頂 『ごめんね青春!』

日刊サイゾー / 2014年10月15日19時00分

初回の視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と決して高いものではなかったが、『あまちゃん』の高視聴率を「たまたま」だと宮藤本人が繰り返していたように、もともとクドカンドラマは視聴率には縁がない。けれど、錦戸をはじめとするキャスト陣の好演、真島昌利による劇伴や主題歌「言ったじゃないか」のハマりっぷり、そしてクドカンの脚本を生かした軽妙洒脱な演出は [全文を読む]

武井咲、吉高由里子、夏帆…「メイン女優、新ドラマ星取り予想」

アサ芸プラス / 2013年04月16日10時00分

テレビ業界でも仁義なき視聴率戦争を勃発させるべく、数々の新番組が登場する。12年度2冠達成の“テレ朝包囲網”が敷かれる中、開幕ダッシュを決めるのははたしてどの番組か? さっそく探ってみよう。 番組改編の華といえば、やっぱり女優。ドラマ不況と言われる昨今だが、今春は男性視聴者が目移りするイイ女がズラリ。さて、局の期待に応えられるのは!? * まずテッパンは、 [全文を読む]

今後のドラマ界を担うのは......? 平均視聴率で見る若手ジャニタレの実力

日刊サイゾー / 2012年07月17日08時00分

以前、SMAPと嵐の、ゴールデン/プライム帯主演ドラマのメンバー別平均視聴率についての調査を行った。 今回は、嵐(1999年デビュー)以降にデビューした、今後のドラマ界を担う若手ジャニーズタレントの主演ドラマが、どのぐらいの視聴率を獲得しているか。関東地方のデータをもとに調べてみた。 まずは、2002年デビューのタッキー&翼、滝沢秀明から。ジャニーズJr. [全文を読む]

素行不良と険悪ムードが原因?錦戸亮『ウチの夫は〜』視聴率急落の背景

デイリーニュースオンライン / 2017年07月28日08時00分

連続ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)の22日放送回、第3話の視聴率が前週より0.6%ダウンの8.5%だったことが分かった。同ドラマは、関ジャニ∞・錦戸亮(32)演じる主人公が、仕事が全く出来ないながらも松岡茉優(22)演じる妻と、新たに生まれてくる子供を守ろうと奮闘するホームドラマ。初回視聴率こそ11.2%とまずまずの滑り出しを見せたもの [全文を読む]

新垣結衣、超清純派の「ミステリアスな私生活」

日刊大衆 / 2016年11月14日10時00分

秋ドラマの“視聴率バトル”が激しさを増している。「ダントツの1位は米倉涼子主演の『ドクターX』(テレビ朝日系)です。10月27日放送の第3話は、プロ野球日本シリーズ中継で、放送が50分遅れたにもかかわらず、平均視聴率は24.3%と別格。一方、若手女優の主演ドラマでは、現在デッドヒートが繰り広げられています」(テレビ誌記者) 目下、火花を散らすのが、『地味に [全文を読む]

TOKIO・松岡昌宏、4年ぶりドラマ主演の大役も……“お気楽モード”で余裕のワケ

サイゾーウーマン / 2016年08月29日09時00分

ただ、松岡が前回主演した『13歳のハローワーク』の視聴率は、全話平均8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とまずまず。さらに、同枠で前クールの『不機嫌な果実』(栗山千明主演)は7.7%だったが、今クールの『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(剛力彩芽主演)は4%台を連発するなど、平均5%台で低迷中。深夜枠とはいえ、話題作であるだけに、『グ・ラ・メ! [全文を読む]

やっぱり桐谷美玲主演じゃ……『スミカスミレ』第2話にして視聴率5%割れの窮地に!

日刊サイゾー / 2016年02月18日13時00分

放送前から「桐谷美玲主演で視聴率が取れるのか?」と不安視されていた、テレビ朝日系の金曜ナイトドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』が、早くも窮地に陥ってしまった。 2月5日の初回は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、同枠ドラマの初回としてはまずまずだったが、12日の第2話は4.6%まで急降下してしまったのだ。同枠ドラマの視聴率が5%を割る [全文を読む]

クドカン初の社会派ドラマで『ごめんね青春!』の“リベンジ”なるか? 岡田将生主演で“ゆとり第一世代”を描く

おたぽる / 2016年02月16日19時00分

ところが、その後手掛けたTBS系ドラマ『ごめんね青春!』(14年10月期/錦戸亮主演)は視聴率2ケタ台をマークしたのは初回のみで、最終回(第10話)は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、全話平均7.65%の大爆死に終わってしまい、“汚点”を残してしまった。 同ドラマは、まさに“クドカンワールド”が炸裂し、作品自体の評価は高かったのだが、視聴 [全文を読む]

月9主演・山下智久にのしかかる「ジャニーズ成功」の重圧

デイリーニュースオンライン / 2015年09月30日07時30分

前クールの『恋仲』(フジテレビ系)は平均視聴率10.8%と、「月9」枠としてはあり得ない低視聴率を記録。この数字は2009年放送『婚カツ!』の10.5%に続いて、歴代ワースト2位の記録となってしまった。 そんな「月9」の再起をかけた今クールのドラマが『5→9(5時から9時まで)』だ。原作は相原実貴の大人気コミックスで、主演は山下智久(30)と石原さとみ(2 [全文を読む]

関ジャニ∞・錦戸亮、10月に連ドラ主演決定! 「小説やマンガ原作」モノで進行中?

サイゾーウーマン / 2015年08月05日12時45分

「現在放送中の『民王』も初回視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、放送時間帯が午後11時台ということもあり、近頃では2ケタになる方が珍しい枠。『ごめんね青春!』は最低視聴率5.7%、全話平均7.7%とパッとしませんでしたが、錦戸のこの作品も、時間帯を考えると、数字以上に内容で勝負する作品となりそう。なお、オリジナル作品ではなく小説や [全文を読む]

錦戸亮は懲りずに“クラブ遊び”、山下智久は活動ナシ! 「スマホ強奪事件」のその後

サイゾーウーマン / 2015年01月09日09時00分

12月28日には、11年の主演映画『あしたのジョー』がTBS系で午後9時から放送されたものの、視聴率は7.7%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区)と低視聴率でした」(ジャニーズに詳しい記者) 事件現場で被害者に絡み、トラブルの発端を作ったとされていた錦戸は秋クールに主演ドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)があったためか特に処分はなく、『NHK紅白歌合戦』も関 [全文を読む]

初教師役の錦戸亮「悪いことすればゴツンとされるの当たり前」

NEWSポストセブン / 2014年12月02日07時00分

現在、『ごめんね青春!』の視聴率は苦戦をしいられているが、『TVガイド』の「週間地上波録画予約ランキング」では上位常連。10月6日~10月19日の調査では1位となった。周囲からも「見てる!」「面白い!」の声が聞こえる。 「視聴率は気にしてるんで、チェックもします。そこだけ気にしてても仕方ないとは思うんです。でも、面白かったら見ていただけますよね! リアル [全文を読む]

謝罪騒動の『ごめんね青春』6.7%、“炎上上等”『ぬ~べ~』9.9%に下落の1ケタ視聴率

サイゾーウーマン / 2014年11月04日15時30分

前週の視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)とギリギリ2ケタを記録していたが、11月1日に放送された第4話は9.9%と、またしても1ケタに戻ってしまった。 原作漫画との相違点やキャスティングが批判の対象となっているドラマ版『ぬ~べ~』。3話の放送前にはドラマの公式Twitterや原作者(作画担当)の岡野剛氏がネット上でのネガティブな書 [全文を読む]

『ぬ~べ~』公式&原作の“弁解”Twitterで10.1%! 『ごめんね青春!』6.7%に下落

サイゾーウーマン / 2014年10月27日16時00分

ネット上で賛否両論を巻き起こしている関ジャニ∞・丸山隆平主演ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)の第3話が10月25日に放送され、視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)を記録した。初回13.3%と好スタートを切り、2話は7.9%にまで下がってしまったが、3話で再び2ケタ回復に成功した。 「ドラマ版では原作と違って舞台を高校に変更 [全文を読む]

ドラマは一桁台、『仕分け∞』も二桁届かず……関ジャニ∞視聴率に限界が!?

サイゾーウーマン / 2013年11月24日09時00分

11月16日に放送された関ジャニ∞・村上信五主演のスペシャルドラマ『ハクション大魔王』(フジテレビ系)の視聴率が8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、大惨敗を喫したことが話題となっている。同じく関ジャニメンバーでは、錦戸亮の主演ドラマ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』(フジテレビ系)も下降を続け、19日放送の第7話では過去最低の7.5%を記録 [全文を読む]

フォーカス