英語 浅野忠信に関するニュース

“普通”の人々の歴史が面白い! 著名人の家族を通してひもとく、日本の庶民史『ファミリーヒストリー』

日刊サイゾー / 2013年01月16日13時00分

ヨーロッパで放浪の旅をし、今では「ルー語」と呼ばれる英語交じりの話し方をするルー大柴と同様、父もまた満洲やシベリアで英語を使っていたせいで、英語交じりの話し方をしていたという。それは些細だけど奇妙で心動かされるルーツのひとつだった。 現在写真家としても活動する永瀬正敏の曽祖父が実は写真館を開業していたり、「お祭り男」宮川大輔の先祖が神田明神の防火用の天水桶 [全文を読む]

窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

ガジェット通信 / 2017年01月13日07時30分

慌てていたので上手いこと英語で言い訳できず、焦って日本人のスタッフの顔を見たら、みんな目を逸らしてて……」 改めてオーディションに呼ばれたのは、それから2年後のことだ。 窪塚:「まだ探してるのかと思いました(笑)。その時に、マーティンが“想像していたキチジロー像とは違う、もっとキチジローを演じられるヤツが現れた”みたいなことを言ってくれたんです」 『沈黙- [全文を読む]

窪塚洋介&浅野忠信をマーティン・スコセッシ監督も絶賛! 映画『沈黙』場面写真解禁

AOLニュース / 2016年10月25日12時00分

そして、通辞役の浅野忠信は、長崎奉行にとらえられたロドリゴに棄教を迫る通訳として、流暢な英語を披露する。浅野の場面写真は、長崎の奉行屋敷での通辞をとらえたカット。背筋を伸ばして鎮座し、凛とした佇まいで誰かを見つめるその姿が印象的だ。「監督とのオーディションで言葉を超えた感覚を共有できた」と語る浅野に対してスコセッシ監督は、「彼はキチジロー役のオーディショ [全文を読む]

深田晃司監督最新作 第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞を受賞した浅野忠信主演映画『淵に立つ』、第41回トロント国際映画祭 特別招待決定!

PR TIMES / 2016年07月28日09時52分

監督・脚本・編集:深田晃司 出演:浅野忠信、筒井真理子、太賀、三浦貴大、篠川桃音、真広佳奈、古舘寛治 配給:エレファントハウス、カルチャヴィル 英語題:HARMONIUM 2016年/日本・フランス/日本語/ヨーロピアン・ヴィスタ/DCP/119分 (c)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS 公式サイト:http://f [全文を読む]

専門家が語る「ハリウッド進出する日本人の勝ち組は『すみれ』」

WEB女性自身 / 2015年10月24日06時00分

ローラさんの場合は、英語もしゃべれるし、日本の知名度も抜群、ということでオファーがきたのかと思います。ただ、日本でのタレント活動も旬な今、本格的にハリウッドを目指せないなら、スターへの道はかなり厳しいですね」(よしひろさん) 世界的ベストセラー小説の映画化『The Shack』で、聖霊サラユー役をオーディションで獲得したすみれ。 「オーディションを勝ち抜い [全文を読む]

オシャレ俳優・浅野忠信、『しゃべくり』出演でイメージ崩壊&親近感アップ

メンズサイゾー / 2013年12月03日14時00分

そんな経歴が関係しているのか、「バラエティが大好き」と語る浅野は、しゃべくりメンバーたちとの即興キャンプコントも照れることなく最後まで演じきり、ハリウッド進出した際の英語がまったく分らないエピソードなどを面白おかしく披露。さらには、“寝起きの演技”というムチャぶりまでされながら、見事に笑いをとっていた。 そして最後に「イイ女の条件」というトークテーマにな [全文を読む]

ハーフ? ハーフじゃない? 見た目とギャップのある芸能人

日刊大衆 / 2017年01月04日10時00分

英語は話せなかったが、11歳のときに出演した映画のため英会話を学んで話せるようになった。 他には俳優の浅野忠信(43)は母方の祖父がアメリカ人でクォーターだ。彼の母親は自分がアメリカ先住民の血筋だと思い込んでいて(実際は祖父は北欧系だった)、なんと彼自身も30年以上、そう信じていたそうだ。ちなみに浅野の父親は、俳優の石倉三郎(70)の元マネージャーだったと [全文を読む]

『沈黙-サイレンス-』に出演した塚本晋也、「一言で言うと最高の映画です」

Movie Walker / 2016年11月02日13時33分

『タクシードライバー』(76)を観て以来、スコセッシ監督のファンになった塚本は、テレビドラマで英語を話す役を演じていたことでオーディション参加を打診され、即答で「もちろん」と答えたという。 オーディションについて、塚本は「監督と台詞の掛け合いをする機会がありました。監督はもの凄く演技が上手で、自分も名優になったように感じた。それはジャズのセッションのようで [全文を読む]

「アッキーナがハリウッド」に疑問噴出! 南明奈、まさかの米映画デビューの裏に「怪人脈」か

日刊サイゾー / 2015年12月07日17時00分

そもそも南は英語が話せるのかなど、疑問点が次々と浮かんでくる。 渡辺謙や浅野忠信、菊地凛子に竹内結子、最近ではモデルのすみれや前述のローラなど、続々と日本の俳優がハリウッド進出を果たしているが、スタイルも典型的な日本人で、女優経験も乏しい南がいきなり選ばれるのはどうも……。ただ記者は、以前よりウワサされる南の「特技」を使ったのではないかと推測する。 「南は [全文を読む]

ロバート・ゼメキス監督作で第53回NY映画祭開幕!

Movie Walker / 2015年09月28日18時28分

まず、グランプリを受賞したラズロ・ネメス監督作『SON OF SAUL(英題)』、台湾の巨匠ホウ・シャオシェン監督8年ぶりの最新作で、監督賞を受賞し妻夫木聡も出演している『黒衣の刺客』(日本公開中)、ルーニー・マーラが女優賞を受賞したトッド・ヘインズ監督作『キャロル(原題)』(日本16年新春公開)、ヴァンサン・ランドンが男優賞を受賞したステファヌ・ブリゼ監 [全文を読む]

大コケぶりがスゴすぎるハリウッド映画「47RONIN」

アサ芸プラス / 2013年12月20日09時59分

主演に日本では“一流スター”のキアヌ・リーヴスを迎え、真田広之、浅野忠信、柴咲コウ、菊地凛子、赤西仁という「日本人だけど何とか英語はダイジョーブ」という意味で、現在考えられる最高のメンツが脇を固めたにも関わらず、12月7日・8日の封切週の土日で興収1億524万円。この週のぶっちぎり1位が「ルパンVSコナン」の企画アニメで、興収約6億5000万円なのだが、 [全文を読む]

フォーカス