異動 桑子真帆に関するニュース

“NHKの女神”井上あさひアナがファン待望の東京復帰! 「奇跡の復活」を成し遂げられたワケとは?

日刊サイゾー / 2017年02月04日19時00分

鳥取、広島での勤務を経て、09年に東京アナウンス室に異動。11年4月から4年間、『ニュースウオッチ9』のMCを務めた。14年12月に発表された『第11回好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調査)では8位に入るなど、その人気を不動のものとしていた。ところが、15年3月で『ニュースウオッチ9』を降板するとともに、京都放送局に異動させられてしまったのだ。 [全文を読む]

NHK不動のトップアナ・有働由美子の「危機」

Business Journal / 2015年12月11日22時00分

桑子は今年4月に広島放送局から東京アナウンス室に異動したばかり。全国的にはいわば新人アナ同然で、わずか8カ月にしてこの人気急上昇ぶりは快挙といえる。 桑子は東京外国語大学出身で、10年にNHKに入局。3年間の長野放送局での下積みを経て、13年4月に広島放送局に異動。地域情報番組『おはようひろしま』のMCを務め、同年10月からは月1で東京に出張し、BSプレミ [全文を読む]

台風中継からタモリの相手役まで!NHKアナの全国転勤がスゴすぎる

アサ芸プラス / 2015年09月10日17時58分

「民放局とは異なり、NHKでは異動するのが当たり前。全47都道府県に放送局があるので、異動では文字通り全国を回ります。井上アナも鳥取を皮切りに広島、東京を経て、京都に異動しています。女性でも転勤が多いことに変わりはありません」(テレビ誌ライター) 外野から見ると100名以上のアナウンサーが在籍する東京のNHK放送センターが花形部署に見えるが、実は地方局勤務 [全文を読む]

NHK次世代エース、桑子真帆アナの「心配」

NewsCafe / 2017年02月20日12時00分

19人いるキャスター陣のうち11人が入れ替えという大異動です」 デスク「武田アナは9年もやってたもんな。ま、おっさんアナの異動はともかく、やっぱり興味は女子アナだよ」 記者「2015年3月まで『ニュースウォッチ9』の担当だった井上あさひアナ(35)が京都放送局から2年ぶりに東京に戻り、『ニュース7』の土日祝日担当になりますが…」 デスク「彼女でもないんだよ [全文を読む]

“タモリの恋人”NHK・桑子真帆アナ『ニュースウオッチ9』に栄転も「傷心」癒えず……

日刊サイゾー / 2017年02月03日07時00分

15年春に東京アナウンス室に異動となり、『NHKニュース7』『首都圏ニュース845』『ブラタモリ』の担当となった。 街歩き番組である『ブラタモリ』では、大物のタモリ相手に臆することないトークが話題となり、辛口のタモリからも『桑子はいい!』と絶賛された。同番組がきっかけで、桑子アナの人気はうなぎ上りとなり、同12月に発表されたオリコンの『第12回好きな女性ア [全文を読む]

『ブラタモリ』新アシスタントの近江友里恵アナは“女神”!? 前任・桑子真帆アナ時代を上回る高視聴率をキープ

日刊サイゾー / 2016年06月23日13時00分

2代目アシスタントに起用されたのは、広島放送局から東京アナウンス室に異動したばかりの桑子真帆アナだ。 同番組の視聴率は第1~第3シリーズまではほとんど1ケタ台だったが、第4シリーズから放送時間が土曜のゴールデン帯に変わったことも功を奏したのか、2ケタ台を連発。昨年10月31日の「富士山頂」の回、今年1月23日の「小田原」の回には、番組最高の14.7%を記録 [全文を読む]

NHK桑子アナにフジイケメンアナと熱愛報道 妹も応援

NEWSポストセブン / 2016年04月10日11時00分

桑子アナは2010年にNHKに入局し、長野放送局で3年、広島放送局で2年の勤務を経て、昨年4月に東京アナウンス室に異動。同時期に『ブラタモリ』が3年ぶりにレギュラー番組として復活し、彼女は異動早々、タモリのアシスタントという大役を任されることとなった。その愛らしいルックスとキャラクターは、瞬く間に世の男性を虜にした。 そんな桑子アナと「ラブタモリ」してい [全文を読む]

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

一度は敷かれてみたい美女アナグランプリ開幕! 4月から人事を大異動、粒ぞろいの美女アナでニュース番組を一新させたのがNHKだ。 女子アナに造詣の深いアイドル評論家の小谷哲氏が推すのは、夜ニュース「ニュースウオッチ9」の新キャスターに抜擢された桑子真帆アナ(29)だ。「かつて『ブラタモリ』では、小股の切れ上がったフットワークの軽いお尻をたびたび画面に見せてい [全文を読む]

NHKアナ異動 井上あさひ、和久田真由子、赤木野乃花の明暗

NEWSポストセブン / 2017年04月11日16時00分

「2年前に京都へ異動になったときには、男性ファンから惜しむ声が続々と上がり『あさひロス』という言葉まで生まれた。NHK幹部にも井上ファンは多く、今回の東京復帰も、幹部の鶴の一声で決まったようです。でも、本人は故郷(岡山)に近い京都でゆっくりしていたかったのが本音みたい……」(同前) 東京でのブランクを一気に埋め同期を逆転する勢いだが、心境は複雑なようだ。 [全文を読む]

NHK4月大異動 桑子真帆アナが笑い、鈴木奈穂子アナが泣く

NEWSポストセブン / 2017年04月10日16時00分

今回の大異動で最大の“勝ち組”と囁かれているのが桑子真帆アナ(29)だ。『ブラタモリ』のアシスタントでブレイクした桑子は、看板番組『ニュースウォッチ9』に大抜擢された。NHK関係者が明かす。 「NHKでは珍しくタレント性のある桑子アナを“ポスト有働由美子”として育てたいという上層部の意向のようです。視聴率が頭打ちになっていた『ウオッチ9』へのテコ入れの意 [全文を読む]

NHK・桑子真帆アナ 3月末で見納め?男性陣を楽しませるサービスカットは9時台でも見られるか?

アサ芸プラス / 2017年03月26日09時57分

春からニュースキャスターを大異動させるNHK。中でも注目の的となっているのが20代にして飛躍的な出世を遂げる桑子真帆アナ(29)である。 テレビ誌記者が解説する。「春からNHKの夜ニュースが大きく刷新されます。『ニュース7』は現在『ニュースウオッチ9』を担当する鈴木奈穂子アナ(35)がメインに。その空席に『ニュースチェック11』から桑子アナがスライド起用と [全文を読む]

タモリも「化けるよ」と絶賛の『ブラタモリ』桑子真帆アナが“第2の夏目三久”になる!?

日刊サイゾー / 2015年10月03日11時00分

13年に広島放送局に異動。『おはようひろしま』のキャスターを担当する傍ら、NHK BSプレミアムのバラエティ番組『ワラッチャオ!』のお姉さん役で出演。この番組の収録のために月に1度は東京に来ていたが、15年度の改編人事に伴って、東京のアナウンス室に異動になり、その直後から『NHKニュース7』のサブキャスターと、ローカルニュース『首都圏ニュース845』のキャ [全文を読む]

第24回「女子アナの歴史」(後編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年10月06日18時03分

各部署で1~2年の職務を経て、適性を見てアナウンス室へ異動させるシステムである。今や松岡修造サンの奥さんとなった田口惠美子アナをはじめ、佐々木明子アナや八塩圭子アナ、家森幸子アナら90年代に活躍した同局の女子アナたちは皆、一般職の採用だったのだ。 そんなテレ東に、他局と同じくアナウンサー枠が設けられたのは1999年からである。すると2000年代初頭、後にテ [全文を読む]

NHK桑子アナ一強体制 焦る井上・和久田、有働は高みの見物

NEWSポストセブン / 2017年09月05日16時00分

「一昨年に京都支局に異動した井上は念願叶って今春から東京に戻り、『ニュース7』の土日を担当するようになりましたが、もともとは『ニュースウオッチ9』を担当していました。 和久田は『おはよう日本』でMCを務める朝の顔ですが、ゆくゆくは夜のニュース番組を担当したいと希望しているようです。2人とも独身だけに、今年5月に結婚して公私ともに充実する桑子アナには仕事で [全文を読む]

ブラタモリで大ブレイク「NHK2大女子アナ」の魅力

日刊大衆 / 2017年07月24日07時05分

熊本、福岡と異動し、昨春から東京に配属となった。「“ドジっ子”なるあだ名を持つほどおっちょこちょいで、ブラウスを前後反対に着たまま『おはよう日本』に出演したことも。この件を取材したメディアに、NHKは“本人がうっかり間違えて着てしまいました。これからは気をつけて着用するようにします”と微笑ましい対応。“愛されキャラ”なんですよ」(女子アナウォッチャー) そ [全文を読む]

結婚が明らかになったNHK・桑子真帆アナ フリー転向説の真偽とその資質

日刊サイゾー / 2017年05月25日23時30分

長野放送局に3年勤務した後、広島放送局に異動。広島局時代にはBSプレミアムの子ども向けバラエティ番組『ワラッチャオ!』で、“初代お姉さん”に起用され、注目を浴びた。15年春に東京アナウンス室に移ると、3年ぶりに復活した『ブラタモリ』の2代目アシスタントに就任するとともに、『NHKニュース7』『首都圏ニュース845』のキャスターを務めた。『ブラタモリ』では、 [全文を読む]

“4月改編”報道美女キャスター「女の縄張り争い」(1)NHK・井上あさひの短期間出戻りはポスト有働への布石

アサ芸プラス / 2017年02月18日17時57分

「大越アナ一人だけを飛ばせば露骨に取られるため、同時に井上アナも京都放送局に異動させて人材の還流を装ったんです。その時、ベテラン局員たちは『必ず戻す。少し待ってくれ』と井上アナに告げました。NHKの人事異動は3年が区切りですが、そういった経緯があったため、2年という異例のスピードで東京に戻した。上田良一氏が新会長就任となったこのタイミングで、局内は“脱・籾 [全文を読む]

「めざましテレビ」代役の谷岡慎一アナは恋人のNHK桑子真帆アナより下手すぎ!

アサジョ / 2016年08月08日09時58分

2人は学生時代に同じアナウンサー養成講座に通っていた頃からの知り合いで、昨年4月に桑子アナがNHKの東京アナウンス室に異動となってから急接近し、交際へと発展した。今年4月には谷岡の妹が2人の交際を認めたうえで、「結婚という話になったら私も両親も応援しますよ」とコメントしたことで、もはや結婚は時間の問題とも言われているが──。「アナウンサーとしての力量は現 [全文を読む]

タモリは親近感のあるおじさん? “新相棒”NHK近江アナが語る

anan NEWS / 2016年07月02日20時00分

現在は東京アナウンス室に異動。『NHKニュース おはよう日本』まちかど情報室を担当。 ※『anan』2016年7月6日号より。写真・中島慶子 インタビュー、文・重信 綾 [全文を読む]

抜擢美女アナ20人の“縄張り争い”を一斉実況!(2)夜のニュース戦線にNHKが抜擢した7人の美女アナたち

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時57分

昨年3月に『ニュースウオッチ9』を降板し、京都放送局に異動になったばかりですが、さっそく全国ネット番組に戻ってきたのは実力もさることながら、幸運も持っているからなのでしょう」 カムバック早々、4月からは「歴史秘話ヒストリア」の司会も決まり、一気にメディアへの登場が増えそうだ。 素顔の井上アナについてNHK関係者が称賛する。「井上アナは『ニュースウオッチ9』 [全文を読む]

フォーカス