影響 地球に関するニュース

ヤバい!エジプトの雪「地球温暖化の影響か?」と騒がれる

秒刊SUNDAY / 2013年12月14日12時11分

そんな中、実はこの積雪こそが「地球温暖化の影響だ」と懸念する声もあります。理由としては温暖化は一部地域の気温が上昇する代わりに別の地域では寒冷化するということのようですが、はたしてこの積雪は温暖化の影響なのだろうか。 エジプトは歴史上の初雪を迎えています!first snow visit#Egyptfor the first time along hist [全文を読む]

「COP21」が今ひとつ話題にならないのは世間が冷静である証拠?

FUTURUS / 2015年12月06日22時00分

■ 太陽活動の地球への影響は無視される? 深井氏に依れば、日本は年間4兆円を発展途上国に支援として使っているそうだ。もちろん、我々の税金からだ。これが世帯あたり年間20万円だそうだ。 しかし、2008年以来、中学・高校で地球温暖化について教育することが文部科学省の学習指導要領で定められたため、若い人たちほど、この搾取に鈍感になっていく可能性がある。 一方 [全文を読む]

太陽からの“風”の影響!? 2012年、地球は宇宙からのトンデモナイ危機をギリギリ回避していた?

マイナビ進学U17 / 2016年04月18日12時02分

2012年に発生した宇宙のある“風”は、地球への影響が懸念されるほど、大きな危機とされたことがありました。一体どんな風なのでしょうか?■あわや大惨事!? 地球がラッキーだったって知ってる?2014年、NASAが発表したある事実に世界中が震撼しました。「2012年に地球をかすめた太陽風は、直撃すれば現代文明を18世紀に後退させるほどすさまじい威力のものだった [全文を読む]

地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説

HANJO HANJO / 2015年12月15日13時15分

■今日温かいのは地球温暖化の影響? 池上氏は冒頭、「最近朝は寒いけど、昼間には温かくなりますね」と挨拶。「しかし、今日温かいからといって、それが地球温暖化の影響とは限らないんです。地球温暖化は長期的に見て、あとから分かること。それが地球温暖化を考える上で難しいことなんです」と述べた。さらに、東京の場合には、地球温暖化よりもヒートアイランド現象の影響のほうが [全文を読む]

地球を人工的に冷やすことは可能か!?世界初の屋外実験がスタート

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月05日16時30分

『気候工学(ジオエンジニアリング)』や、その技術のひとつである『太陽放射管理(SRM)』が、どのような作用を有し、私たちの地球にどのような影響を及ぼすのかを解明することに一定の意義を認めつつも、現時点では、地球温暖化防止における補完的手段として『太陽放射管理(SRM)』を位置づけるべきなのかもしれない。松岡由希子 [全文を読む]

地球の回転が徐々にスローダウン、1日は25時間になる! 自転にブレーキがかかる意外な要因とは?(最新研究)

tocana / 2016年12月31日11時00分

「海水がどんぶらこすることにより地球のスピンに負荷がかかるのです」(レスリー・モリスン博士) また、気候変動による海水レベルの上昇など、さまざまなファクターにより地球の自転スピードに影響が及んでいるという。 また、イギリス・リーズ大学の地球物理学者ジョン・モーンド博士は、この研究チームには参加しなかったが「地球の進化を観測するなんて人間の時間軸では到底測り [全文を読む]

【悲報】地球温暖化の影響で「犬」が鬱になっていることが判明!理由は・・・

秒刊SUNDAY / 2016年02月05日22時12分

いくら寒いとはいえ、地球温暖化の影響は切り離せなくなっております。 さて、地球温暖化の影響は何も人間高ではないようです。身近な動物ワンちゃんにも影響があるようです。なんだ、彼らも地球のエコについて考えてくれたのか・・・と思うのかもしれないが、そうではない。 専門家によると地球温暖化により犬たちが十分に散歩に行けていないのではないかという。その影響で、犬は退 [全文を読む]

小惑星の“本当の姿”とは!? 「はやぶさ2」可視分光カメラの主任研究者、東大教授・杉田精司インタビュー

tocana / 2017年02月20日07時30分

そこで小惑星同士が衝突した破片などが、木星の重力などに共鳴して(影響を受けて)弾き出され、地球の軌道へと飛んできたものが大多数です。――彗星とは別物、ということですね?杉田 彗星は、主に氷と塵からできています。海王星軌道の外に、カイパーベルトという氷や塵が密集した場所があるのですが、そこから飛んでくるものも多いです。小惑星と同じように、他の惑星の重力の影響 [全文を読む]

恐ろしい。もしも地球の自転が止まったら…それは世界の終焉

まぐまぐニュース! / 2016年10月23日10時38分

安定した気候じゃなくなるということは、あらゆる面で影響が出そうです。 潮汐(満ち潮・引き潮)もどんな影響がでるのでしょう? 大気の動きだけでなく、海流も異常な動きを示せば、きっと生態系も大きく変動し、魚を食料にすることはできなくなるかもしれません。地上でもおそらく穀物・作物は全滅です。 想像するだに恐ろしい世界です。 地球の自転は普段は全く感じないのですが [全文を読む]

美人東大タレントが明かす、わが子を東大生にしたい親がすべき9つの事

まぐまぐニュース! / 2016年08月26日12時11分

東大生の育て方を探る!子供を東大に入れた家庭に共通する習慣とは?! やはり家庭環境から受ける影響は、非常に大きいものです。 家族のまわりから、どのような影響を受けたかによって、お子さんの才能が開花することも、進路の方向性が変わることも、おおいに有り得るでしょう。 最近、とても興味深いテレビ番組を見ました。 7月26日(火)20時~ フジテレビ系で放送され [全文を読む]

人間の排水が原因!? 海の水が赤くなったり、青くなったりしてるってホント?

マイナビ進学U17 / 2016年04月20日12時02分

人間の生活の影響で、海の水が赤くなったり、青くなったりすることがあるのだとか。この色が変わってしまう原因を詳しく解説します。■“赤潮”のせいで魚が釣れない!?釣りが趣味の人は「全然魚が釣れない!」という経験をしたことがあるかもしれません。この魚が釣れなくなる原因として、“赤潮”という現象があります。赤潮は、生活排水や工場排水。これらが海に流れてしまうと海水 [全文を読む]

トランプ米国、地球温暖化を否定…世界的枠組み崩壊で、地球の温度上昇進行の危機

Business Journal / 2017年05月08日06時00分

トランプ米政権の誕生は、世界の温暖化対策にも影響を与えそうだ。トランプ大統領は3月28日、オバマ政権時代の温暖化対策を撤廃する大統領令にサインした。米国は2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で締結されたパリ協定を批准しているが、この大統領令によって、オバマ政権が進めてきた温室効果ガス排出削減策は大幅に後退することになる。C [全文を読む]

トランプ旋風にかき消された? 実はヤバイ、地球に迫る隕石の恐怖

まぐまぐニュース! / 2017年02月03日17時10分

オバマ大統領が緊急性を訴えるも… 世界経済にとっても「トランプ騒動」とは比較にならない影響があるだろうな。記録をひも解けば、1490年、明代の中国に隕石が落下し、数万人が命を失ったという。 2016年の暮れ、NASAの上級研究者ジョゼフ・ヌース氏は急増する隕石のデータを基に「国家を挙げての危機対応の必要性」を訴えたものさ。当時のオバマ大統領はその緊急性を [全文を読む]

誰にも説明できない、しかし確かに存在する「アレ効果」の謎! 相対性理論の間違いが証明される可能性も!?

tocana / 2016年12月30日13時00分

■日蝕が地球と人類に与える影響 地球のあらゆる生命活動の源は、つまるところ太陽に行き着く。植物は太陽光を利用して光合成を行い、その植物を草食動物たちが食べることから食物連鎖が始まる。太陽がもしもなかったら、こうした生態系は途端に維持できなくなる。『旧約聖書』の「創世記」を引用するまでもなく、昼間に太陽が輝き、陽が沈むと夜の帳が降りるという営みは、おそらく地 [全文を読む]

地球から「酸素が消えていく」謎 プリンストン大教授らが指摘

Forbes JAPAN / 2016年10月01日12時00分

これは、海面と海抜100メートルの酸素量の差に匹敵し、幸いにも生物に深刻な影響を及ぼすレベルではないという。酸素量は、地球全体のシステムが複雑に影響して変化するため、100万年近くもの間一貫して減少し続ける理由を特定することは極めて困難だ。今のところ科学者たちは2つの仮説を立てている。なぜ酸素レベルは減少し続けるのか一つは、岩石の侵食を原因とする説だ。鉄製 [全文を読む]

第31回講談社科学出版賞 受賞 ― 宮原 ひろ子著『地球の変動はどこまで宇宙で解明できるか』 ―

@Press / 2015年07月24日13時30分

太陽の活動や宇宙の環境が地球にどのような影響を及ぼしているのかを丁寧に解説しており、刊行直後から、地球を理解する視点の新しさ、わかりやすい語り口が好評を博し、高い評価を獲得してまいりました。 また、未解明の問題に挑む研究者のひたむきな姿や、科学研究の現場の様子を、ときにユーモアを交えながら描き出すことで、単なる解説書にとどまらない、読み物としての面白さにあ [全文を読む]

美しき地球を守れ!NASA、2100年までの地球気候変動のデータを発表

GIGAMEN / 2015年06月17日20時30分

大気内の温室効果ガスの濃度が高まるにつれ環境に大きな影響が 今回発表されたのはNASA Earth Exchange(NEX)チームによるデータセットで、合計21の気候モデルが取り上げられており、大気圏内に増え続ける温室効果ガスが原因で我々の環境がどのようなダメージを受けているのかを表している。 この先80年あまりで地球の降水と気温のパターンはどのような [全文を読む]

地球ヤバい!「地磁気逆転現象」の進行が予想より早まっている可能性が浮上

秒刊SUNDAY / 2014年07月12日12時23分

―地磁気逆転現象が何を引き起こすのか?普段我々が意識することはほとんどないものの、地磁気は地球上の様々な生物の行動に影響を与えている。たとえば、チドリやハクチョウに代表される渡り鳥、イルカやサメなどの海洋生物は、地磁気を探知して方向を認識している。地磁気逆転の過程で極端に地磁気が弱まれば、方向を見失った動物たちが座礁・餓死に追いやられ、生態系が崩れる可能性 [全文を読む]

【悲報】「ダークマター円盤による地球滅亡、いつ起きてもおかしくない」学者が警告! 最新ダークディスク理論が激ヤバ

tocana / 2016年12月18日07時30分

同モデルによると、ダークマターの一部は円盤状に凝集してダークディスクを形成し、天の川銀河の円盤内を回転しながら、銀河内で起こる天体現象に様々な影響を与えているという。そして、その影響の1つが6600万年前の「恐竜絶滅」であり、同じ規模の隕石衝突は未来においてほぼ確実に起こるというのだ。■3500万年周期で地球を襲う巨大隕石衝突 今年10月、英天体物理学専門 [全文を読む]

「隕石の衝突」が古代地球の温暖化と哺乳類の繁栄をもたらした? 最新研究より

sorae.jp / 2016年10月17日13時00分

地球上では氷河期が繰り返し訪れ地表の生命に大きな影響を与えてきましたが、その原因は正確にはわかっていません。しかし新たな研究によると、5500万年前に地球に落下した隕石が地球の温暖化をもたらし、さらには哺乳類の繁栄のきっかけとなったというのです。 ラトガース大学のDennis Kent研究員は、ニュージャージー州の海岸にて球状のガラスの破片を発見しています [全文を読む]

フォーカス