二宮和也 西田敏行に関するニュース

「第39 回日本アカデミー賞 授賞式」日テレプラスで3/13(日)に「完全版」を放送!

PR TIMES / 2016年03月08日12時04分

二宮和也さんの最優秀主演男優賞、安藤サクラさんの最優秀主演女優賞受賞で幕を閉じた、日本映画に携わる映画人たちの祭典「第39回日本アカデミー賞授賞式」。日テレプラスでは各賞の受賞シーンをはじめ、受賞者の感動的なスピーチなど、地上波では放送されなかった映像を交えた「完全版」をお届け。授賞式の興奮を、余すところなくお楽しみいただけます。 最優秀賞が決まる直前、 [全文を読む]

嵐・二宮和也を「岡田くん」! アカデミーのお祝いムード消した、西田敏行の大失態

サイゾーウーマン / 2016年03月13日09時00分

嵐・二宮和也が映画『母と暮せば』で最優秀主演男優賞に輝いた「第39回日本アカデミー賞」。4日開催の授賞式スピーチでは、ジャニー喜多川社長ら事務所関係者の名前を挙げたにもかかわらず、作品関係者への言葉がなかったことで波紋を呼んだが、会場ではそれ以上に客がどよめく一幕があったという。 「司会を務める西田敏行が、最優秀助演女優賞のコーナーで女優とトークをする部分 [全文を読む]

二宮和也「日本アカデミー賞」で作品名言い間違い! “居残り”でも失敗で……

日刊サイゾー / 2017年03月08日13時00分

今年は嵐・二宮和也がプレゼンターとして登場し、ファンを楽しませた『第40回日本アカデミー賞』授賞式。しかし、会場では二宮がミスを連発し、関係者やマスコミを失笑させるシーンがあったようだ。 二宮は昨年『母と暮せば』で最優秀主演男優賞を獲得。このことから、今年の新人賞と最優秀主演女優賞のプレゼンターとして登場していた。 「二宮は、宮沢りえ主演の『湯を沸かすほど [全文を読む]

二宮和也主演作、日本アカデミー11部門で優秀賞受賞

Smartザテレビジョン / 2016年01月18日17時37分

優秀主演男優賞には「母と暮せば」の二宮和也をはじめ、「海難1890」の内野聖陽、「駆け込み女と駆出し男」の大泉洋、「起終点駅 ターミナル」の佐藤浩市、「日本のいちばん長い日」の役所広司、優秀主演女優賞には「海街diary」の綾瀬はるか、「映画 ビリギャル」の有村架純、「百円の恋」の安藤サクラ、「あん」の樹木希林、「母と暮せば」の吉永小百合が選出された。 [全文を読む]

「セリフを覚えるまで山にこもる」三谷幸喜最新作『清須会議』主演が役所広司に決定

日刊サイゾー / 2012年10月01日08時00分

※画像は『監督の油―「ガマの油」オフィシャルブック』(ポプラ社)【関連記事】・"人は二度死ぬ"という独自の死生観『ガマの油』役所広司の監督ぶりは?・「主役以外やらない」主義の豊川悦司が"二宮和也の2番手"に甘んじた裏事情・三谷幸喜ファミリー分裂の危機!? 鈴木京香が激怒した意外な理由とは [全文を読む]

フォーカス