水谷隼 平野美宇に関するニュース

日本の躍進は続くか、福原愛、石川佳純、平野美宇から見る日本の卓球の進歩―中国メディア

Record China / 2017年06月15日00時00分

日本からは、世界選手権ドイツ大会で男女混合の金メダルを獲得した石川佳純と吉村真晴のほか、日本男子のエース・水谷隼やドイツ大会で水谷を撃破し話題となった張本智和が出場予定。さらに、ドイツ大会で女子シングルスの歴史的な銅メダルを獲得した平野美宇のほか、多くの主力選手が参戦する。これに関連し、中国のポータルサイト・新浪は13日、「福原愛、石川佳純、平野美宇から見 [全文を読む]

テレ東が世界を救った!滝川クリステルが驚きエピソードを披露

Smartザテレビジョン / 2017年04月13日19時45分

水谷隼選手、石川佳純選手はもちろん、みうみま(平野美宇選手・伊藤美誠選手)コンビの他、13歳の超新星・張本智和選手の活躍が楽しみです。特に注目していただきたいのがカットマンの佐藤瞳選手です」と注目選手を紹介。 また、「世界卓球」で解説を務める平野は「卓球はいろんな状況によって、一球一球が見逃せません。チャンネルを変えずにぜひ見てほしいです」とアピール。 さ [全文を読む]

日本人選手の排除が目的?中国卓球リーグの外国人参加制限、中国が撤回の可能性も

Record China / 2017年10月13日12時50分

福原や平野、男子の水谷隼などトップ選手の多くが中国スーパーリーグに参戦して実力を上げてきた。そのスーパーリーグから排除されれば、日本勢はレベルアップが難しくなるかもしれない。 しかし、日本の卓球界に関わる人物によると、石川や平野といった日本人選手は中国でも人気があり、観戦チケットの売り上げが期待できることから、外国人選手を排除する決定は今後撤回される可能性 [全文を読む]

<卓球>「日本の選手をスーパーリーグから締め出し」=日本の報道に中国も注目

Record China / 2017年10月05日18時10分

このほか、このニュースをめぐっては捜狐体育が「福原愛や水谷隼も過去に同リーグに参戦した」とする文章を掲載している。筆者は「東京五輪での金メダル獲得のため、日本が卓球に力を入れていることは周知のとおり。平野をはじめ石川、水谷、伊藤美誠、張本智和らが勢いをつけている」とし、「日本の選手全体として見ると中国の選手との間にはやはり一定の開きが存在する」と指摘。「 [全文を読む]

進化するのは選手だけじゃない! 日本の卓球界が「ロボット兵器」を開発している=中国メディア

サーチナ / 2017年10月05日16時12分

記事は、2日にオムロンが開発した卓球ロボットが日本男子卓球界のエース・水谷隼に挑戦したと紹介。ロボットはセンサーや人工知能を駆使して球の軌道を予測すると同時に、巧みにラケットを操って打ち返すことができると説明し「30回を超えるラリーが繰り広げられた。将来、人とロボットの卓球合戦が行われる日も遠くない」とした。 また、同社では2013年に初代の卓球ロボット [全文を読む]

卓球“新怪物”張本智和の父が明かす素顔「宿題がヤバイ…」

WEB女性自身 / 2017年08月03日16時00分

今からチェックして、五輪予選・本戦を巡る熱いドラマを楽しもう! 「昨年のリオ五輪で日本初のシングルス・メダリストになった水谷隼選手(28)と、団体戦で銀メダルを獲得した丹羽孝希選手(22)は世界ランキングのトップ10内。15位には松平健太選手(26)もいます。女子は同5位で6月の世界卓球・混合ダブルス金メダルの平野美宇選手(17)に、リオで団体銅を獲得した [全文を読む]

世界卓球の感動を再び!卓球ジャパンオープン荻村杯2017をPlayer!がリアルタイム速報

PR TIMES / 2017年06月16日09時00分

張本の代名詞「チョレイ!」の雄叫びをあげさせまいと、リオ五輪準優勝に導いた水谷隼、吉村真晴、丹羽孝希に加えて、最強中国のトップ3 馬龍、樊振東、許昕がしのぎを削る。女子も世代交代を狙う平野美宇、伊藤美誠らの若手に、そうはさせまいと日本のエース石川佳純が立ちはだかる。6月15日(木) 2日目17:20 女子ダブルス 1回戦 https://web.playe [全文を読む]

テレ東が世界卓球&錦織圭で高笑い! フジテレビとの差は、どこでついたのか

日刊サイゾー / 2017年06月09日07時00分

全仏オープンについては、同局の人気番組『YOUは何しに日本へ?』でしっかり中継を宣伝したり、『さまスポ』でさまぁ~ずをパリに行かせるなど、テレ東の番宣の巧みさも目につきました」 卓球では石川佳純や平野美宇ら女子選手の活躍に加え、リオ五輪メダリストの水谷隼と、13歳の新鋭・張本智和との対戦も実現。一方の全仏オープンも、錦織圭もベスト8入りという実力通りの結果 [全文を読む]

Brightcove LiveとSSAIが、テレビ東京による2017年世界卓球選手権ドイツ大会のテレビ放送の同時配信に採用 Brightcove

PR TIMES / 2017年05月29日13時00分

■2017年世界卓球選手権ドイツ大会(個人戦)について「世界卓球2017ドイツ(世界選手権デュッセルドルフ大会)」は5月29日(月)~6月5日(月)の日程で開催され、リオ五輪で大活躍した水谷隼選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手に加えて、成長著しい平野美宇選手、張本智和選手ら、期待の若手が多数出場します。平野選手においては、4月のアジア選手権で中国の3選手を破 [全文を読む]

福原愛がツイッターアカウントを開設!=中国ネット「ツイッターより微博を先にやる日本人、初めて見た」

Record China / 2017年05月18日13時10分

17日午後10時現在で福原がフォローしたユーザーは10人余りで、張本智和、伊藤美誠、吉村真晴、水谷隼、平野美宇など日本の卓球界や各種目を代表する人物が名を連ねている。17日には日本で世界選手権壮行会が行われたこともあり、伊藤にエールを送るツイートも見られた。 福原は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも本家のツイッターアカウント開設を「日本版の微博をやり [全文を読む]

卓球の日本代表の自信はどこから?「今年は中国を倒す」―中国メディア

Record China / 2017年01月25日07時30分

打倒中国に努力してきた水谷隼も忘れてはならない。 日本代表にとって東京五輪は大舞台になるだろう。リオ五輪では中国を倒すことはできなかったが、20年もそうとはいえない。日本は急速に実力を上げている。中国の劉国梁(リウ・グオリアン)コーチは「今後10年以上続く日中の決戦は、ゆっくりと始まっている」と話す。(翻訳・編集/大宮) [全文を読む]

日本に抜かれる!?若手が続々台頭する日本卓球界に中国メディアが危機感

Record China / 2016年10月12日22時10分

リオ五輪では、男子は団体で銀メダル、シングルスで水谷隼が銅メダルを獲得、女子は団体で銅メダルを獲得した。そして、先日、米フィラデルフィアで行われたワールドカップでは、16歳の平野美宇が最年少優勝を果たした。 記事は、東京五輪で中国を破ることを目標に掲げる日本の「恐るべき点」は、「差を認め、研究すること」にあるとし、短期間で急速な発展を遂げたサッカーと同様に [全文を読む]

福原愛が世界卓球初出場の“みうみま”にアドバイス

Smartザテレビジョン / 2015年04月24日00時30分

世界ランキング5位の水谷隼選手は「ロンドン五輪ではあまり結果を残せず、今大会こそという気持ちでいます。しかし今回もシード権をもらえましたが、中国選手と戦うことは必須です。前回の'13年のパリ大会で初戦負けしてしまいましたが、自分らしいプレーで今度こそ優勝を狙います」と意気込みをコメント。 また、同じく世界ランキング5位で大会に臨む石川佳純選手は「中国選手 [全文を読む]

フォーカス