武田勝頼 武田信玄に関するニュース

マーベラス×DMMGAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』 キャラ紹介動画第2弾でADVシーンの乳揺れ(?)をチェック!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日17時00分

今回動画に登場するのは「武田信玄」と「武田勝頼」。史実と違い姉妹という設定の二人ですが、二人の体型の違いからくるLive2D®のしなやかな動きの差を比べてみると面白いかも!? ■キャラクター紹介動画第二弾「武田家」の公開についてURL: 『天歌統一ぷろじぇくと』ではLive2D®を採用しすべてのキャラクターがアドベンチャーシーンでキャラクターデザインのテイ [全文を読む]

マーベラス×DMM GAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』 キャラ紹介動画第2弾でADVシーンの乳揺れ(?)をチェック!

PR TIMES / 2017年01月20日17時35分

今回動画に登場するのは「武田信玄」と「武田勝頼」。史実と違い姉妹という設定の二人ですが、二人の体型の違いからくるLive2D(R)のしなやかな動きの差を比べてみると面白いかも!?[画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1797/resize/d2581-1797-485064-0.jpg ][画像2: https://prtimes [全文を読む]

武田家16代当主「『真田丸』は勝頼公自害の回だけ見てない」

NEWSポストセブン / 2016年04月29日07時00分

「『真田丸』は毎回楽しく観ているのですが、信玄公の四男・武田勝頼公(平岳大)が自害する第2話だけは見ていないんですよ。祖先が自害するところを見るのは忍びなくて……。ちなみに勝頼の死で武田家は滅んでしまいますが、私は出家した次男の信親の家系となります」 これまで幾度となく大河ドラマに登場している武田信玄。そのたびに周囲に様々な影響が出るという。 「1988 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

たとえば序盤で自害し舞台から去った武田勝頼。武田信玄の息子で、滅亡時の武田当主でありますが、実はつなぎ(陣代)であったという説もあります。今までは、甲斐の虎と呼ばれる父・信玄と比較され、「無能」「凡庸」といった描かれ方が多かったのですが、近年新府城の発掘調査から研究が進み、敵方の娘である夫人を最後まで伴うなど、その人間としての魅力が語られるようになり、今ま [全文を読む]

今でも“『真田丸』ロス中……”という人にオススメ、『信長の忍び』原作者:重野なおきの『真田魂』をみんなで読もう

おたぽる / 2017年02月09日20時00分

その後、昌幸と山手殿(『真田丸』では高畑淳子が演じていた薫にあたる)の婚約~村松殿(木村佳乃が演じていた松)、信幸、信繁の誕生~武田信玄の死~そして長篠の戦で武田勝頼が大敗を喫してしまう――といったエピソードが第1巻では描かれている。 真田幸隆はかなり優秀な武将だったらしく、歴史小説では幸隆・昌幸・信幸&信繁の三代を括った作品も多いほど。昌幸がなぜそこまで [全文を読む]

【真田丸】数万の軍勢すら敵わなかった「女たちの交渉能力」

しらべぇ / 2016年12月04日10時00分

たとえば武田勝頼の母である「諏訪御料人」の本名は、あれだけドラマチックな人生を送ったにもかかわらず今も不明のまま。小説を書く上ではそれでは困るので、新田次郎は「湖衣姫」、井上靖は「由布姫」と命名した。これらは史料に基づくことではない。名が記録に残らないということは、その人物が何も権限を与えられていなかったという意味。武田支配下では、女性は低く見られていたの [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」新武将『武田 勝頼(UR)』『黒田 官兵衛(SR)』登場!凶敵イベント『襲来!黒田官兵衛』開催中!

PR TIMES / 2016年10月14日18時28分

より多くの武勲を獲得することで番付に名を刻みましょう!総員結集し、迫りくる脅威を退けよう! [全文を読む]

織田信長はやっぱり最強?「勝てる自信がある」と答えた人は

しらべぇ / 2016年09月04日05時30分

それをきっかけに武田家中で離反が相次ぎ、最終的に武田勝頼は孤立してしまった。これは「合戦による勝利」ではなく「謀略による勝利」である。「強い敵とは戦わない」を発展させると、「敵を弱くしてから戦う」発想になる。当時の人々から見ても、織田軍の兵は弱かったらしい。「尾張兵5人は甲州兵1人と同等」とまで言われていたほど。だが、結果として尾張兵は甲州兵を駆逐した。信 [全文を読む]

真田丸 平岳大、清水ミチコら出番少ない役者の演技も高評価

NEWSポストセブン / 2016年07月06日07時00分

エントリーナンバー1は、「武田勝頼」。第1話、主人公の幼少時代が描かれず、いきなり武田滅亡から始まるとは正直意表を突かれたが、真田昌幸(草刈正雄)らがなんとか救おうと奔走したのに、勝頼は結局家臣に裏切られて果てる。演じた平岳大はそれまで感じの悪いエリートを演じることが多かったが、ここでは滅びゆく名門の跡取りの悲哀を静かににじませる熱演だった。 エントリー [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。吉田羊演じる小松姫は沼田城にいなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日21時00分

著書に『天正壬午の乱 本能寺の変と東国戦国史』『武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望』(ともに戎光祥出版)、『武田信玄』『検証 長篠合戦』『長篠合戦と武田勝頼』(ともに吉川弘文館)、近著に『大いなる謎 真田一族』(PHP文庫)『真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実』(角川選書)など多数。2016年大河ドラマ『真田丸』では時代考証を担当中。 [全文を読む]

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

ところが、天正3年(1575年)5月21日の長篠・設楽原(したらがはら)の戦いで武田勝頼が大敗すると力関係が逆転。今度は織田軍が岩村城を攻めて落城させた。虎繁と岩村御前は織田軍から「赦免する」といわれたが、それは2人をおびき出すための罠で、生け捕られた後に逆さ磔で処刑された。 「その際、岩村御前は『援軍を寄越さないから武田軍に降伏するしかなかった。叔母の [全文を読む]

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」放送まであと少し! 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK)発売 ~ゆかりの地・人物・歴地・人間関係 この一冊ですべてわかる~

PR TIMES / 2017年01月04日10時24分

[表: https://prtimes.jp/data/corp/11710/table/334_1.jpg ] [画像1: https://prtimes.jp/i/11710/334/resize/d11710-334-487647-0.jpg ] 【商品概要】 『井伊直虎ぴあ』(ぴあMOOK) 出版:ぴあ株式会社 発売日:2016年12月31日 定 [全文を読む]

【おんな城主直虎】主人公・直虎にじつは男だった可能性が浮上!

しらべぇ / 2016年12月25日10時00分

後継者に選ばれたのは、勇猛果敢だが戦略眼に欠けた武田勝頼だった。こうして武田は滅亡の道へ向かうのだが、一度織田を裏切ったおつやの方は元の鞘に収まることを許されず、甥の手で処刑された。また、九州には立花誾千代という人物も。「雷神」と呼ばれた立花道雪の一人娘で、やはり「男子の後継者がいない」ため城主になった女性だ。「おんな城主」は決して突飛な作り話などではなく [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

(3)武田家→高家・旗本天正10年(1582年)、武田勝頼が天目山の戦いで織田軍に討たれ、滅亡した甲斐の名門・武田家。勝頼の異母兄で、盲目のため出家していた海野信親(竜芳) の子孫が、徳川綱吉の時代になって高家旗本に取り立てられた。また、信玄の五男、仁科盛信の子孫も徳川家に仕えて旗本となっている。(4)豊臣(木下)家→足守藩・日出藩大坂の陣で徳川軍に包囲さ [全文を読む]

「学校で習った歴史」は本当?今ではウソな出来事3選

しらべぇ / 2016年04月28日05時30分

武田信玄の息子の武田勝頼が、現在の山梨県韮崎市に新府城という拠点を建てた。その時に駆り出されたのは、信濃の木曽一族である。だが城建設にかかる費用や木材があまりに膨大だったため、嫌気の差した木曽一族がついに反乱を起こした。それでも新府城は完成したのだが、当時、織田信長と戦っていた勝頼は「本拠地移動」という名目で、完成間もない新府城をあっさり焼いてしまったのだ [全文を読む]

「真田丸」初回19.9%!父や主君役にも賞賛の声

Smartザテレビジョン / 2016年01月12日18時45分

さらに、平の演じた情深く哀愁たっぷりの武田勝頼には、“泣ける”“勝頼のイメージが変わった”という声が多数。「勝者よりも敗者を描きたい」という三谷幸喜らしい“勝頼像”を、平が見事に演じ切っていた。 主人公以外の登場人物にも注目の「真田丸」、第1回の再放送は1月16日(土)昼1時5分からNHK総合、また第2回放送は1月17日(日)夜8時からNHK総合ほかにて [全文を読む]

【全55タイトル半額!!】戦国武将のトレーディングカード風コンテンツ『Samurai Styleフォトコレクション』新作「真田幸村」リリース

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

●コンテンツラインナップ・通常価格各300円(税込)→キャンペーン価格各150円(税込) 【新作】 真田幸村2(上田駅前の真田幸村像) 真田幸村3(安居神社の真田幸村像) 【旧作】 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武 [全文を読む]

もう強すぎる!織田信長の神業的策略!武田軍を完全に撹乱&ハメて崩壊へ

Business Journal / 2015年09月04日06時00分

織田信長・徳川家康連合軍と武田勝頼軍が戦った1575年の「長篠の戦い」は、信長の巧みな鉄砲活用だけが注目されているが、はたしてそうだったのだろうか。 諸説あるが、兵力は連合軍の3万に対して、武田軍は半分の1万5000だったといわれている。明らかに劣勢な勝頼は、なぜ「勝てる」と考えて決戦に挑んだのだろうか。そこには、信長の卓越した「勝利の兵法」があった。 ま [全文を読む]

【45万いいね!のフェイスブックページ発】戦国武将トレーディングカード全53コンテンツをコンビニで販売開始!

PR TIMES / 2015年08月24日15時23分

■コンテンツラインナップ・各300円(税込) 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武田信玄/戸田氏鉄/竹中重治/ 織田信長/金森長近/徳川家康/本多忠勝/田中吉政/蜂須賀正勝/今川義元/前田利家/加藤清正/浅井長政/ 藤 [全文を読む]

フォーカス