息子 武田信玄に関するニュース

自称「武田信玄の末裔」のギャル系モデルに“虚言癖”疑惑が浮上

メンズサイゾー / 2013年02月26日17時40分

武田信玄には7人の息子がいたが、自害や戦死などによって大半が早世しており、子孫が現在まで続いているのは二男・信親と七男・信清の家系のみ。そのうち、正室の子であった二男・信親の家系は「甲斐武田家」と呼ばれ、武田家最上位の正当な子孫であると認められているという。 この旧温会のアナウンスによって、少なくとも武田あんりは正当な「武田信玄の末裔」ではないと一刀両断さ [全文を読む]

草刈正雄“昌幸ロス”生んだ『真田丸』熱演、支えた妻の献身

WEB女性自身 / 2016年10月21日06時00分

スタジオ遊びに行こうかななんて思ったりね」撮影が終わって心にポッカリ穴があいてしまうほど草刈が『真田丸』に熱中できたのは、堺雅人演じる信繁と、大泉洋演じる信之の 2人の息子 の存在が大きかったという。 「堺くんはとにかく真面目。緻密に芝居を考え、組み立てますからね。練りに練って本番に挑んでくる。感心しますよ。僕がざっくり考えるタイプだけにね(笑)。それに彼 [全文を読む]

歴史ドラマは間違いだらけ?信玄、謙信、政宗…名前を見るだけでわかる意外な人間関係

Business Journal / 2015年08月12日06時00分

細川晴元の父は、11代将軍足利義澄の偏諱を受けて「澄元」を名乗り、晴元の息子は15代将軍足利義昭の偏諱を受けて「昭元」を名乗っている。●偏諱でわかる人間関係 戦国時代のライバル物語は、ドラマなどで同世代のように描かれていても実は違うということが珍しくない。それは、名前から判断できる場合もある。 戦国時代屈指のライバルといえば、武田信玄と上杉謙信だが、足利将 [全文を読む]

武田信玄 二代続けての相続トラブルの当事者に

NEWSポストセブン / 2017年09月08日16時00分

24年後、今度は信玄の息子・義信が父親への謀反を企てた。未遂に終わり、義信は幽閉されて自害に追い込まれた。二代続けての家督トラブルの当事者となりながら、両方に勝利した信玄はさすがです」 ※週刊ポスト2017年9月15日号 [全文を読む]

左近士諒先生のマンガ『戦国武将活劇』シリーズ7作品が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!! 武田信玄・前田慶次郎・小西行長・島津義弘ら名将たちの熱き物語!

DreamNews / 2017年07月10日16時30分

左近士諒が描く、伝説の戦国武将シリーズが待望の電子化!! <書籍概要6>■戦国武将活劇 武田信玄 慟哭 父子の別れ作者:左近士諒◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2u5NarF◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/2tCcsdL◆Google Playリンク:http://bit.ly/2tvqsYw◆i [全文を読む]

激動の「真田丸」 草刈正雄『昌幸は最後まで諦めないですよ』

Smartザテレビジョン / 2016年09月24日12時00分

草刈は、次世代を担う“息子”堺雅人&大泉洋へエールも。 「振り返ってみると、チームワークは最初からとても良かったですね。芝居上でも変な遠慮がなかった。皆、容赦なく自分を出してきて、それが面白かった。堺くんも洋ちゃんも魅力的な俳優ですごい! 洋ちゃんはあんな生真面目な役をよくやっているなと思うし、堺くんは緻密に演技プランを考えてくる人だから、僕とか洋ちゃんと [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

武田信玄の息子で、滅亡時の武田当主でありますが、実はつなぎ(陣代)であったという説もあります。今までは、甲斐の虎と呼ばれる父・信玄と比較され、「無能」「凡庸」といった描かれ方が多かったのですが、近年新府城の発掘調査から研究が進み、敵方の娘である夫人を最後まで伴うなど、その人間としての魅力が語られるようになり、今までの人物像が見直されいる武将の一人です。 演 [全文を読む]

甘利経産大臣の辞任に「ご先祖」武田信玄が泣いている

WEB女性自身 / 2016年02月04日06時00分

正さんが偉かったのは、まだ続けられたのに、早めに息子の明さんに地盤を譲ったこと。だから明さんが出世できた」(同) 父と母の地盤を引き継いだ明氏は、以降、連続11回当選。安倍晋三首相(61歳)の「重臣」に上りつめたのだった。虎秦の最後は、「信玄も傷を負うほどの激烈な白兵戦のなか、信玄を守ろうと討ち死にした」(前出・河合先生)。一方、安倍首相を支えた重臣であり [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中井貴一、“七三分け”を続けるワケ。「男で髪型を変えるヤツは信用できない」

TechinsightJapan / 2015年01月15日15時20分

2人を比べると目の部分以外は、父と息子そっくりである。出世作の『ふぞろいの林檎たち』では大学生の設定だったが、生真面目で融通が利かない役柄だったためか、この時すでに髪型は“七三分け”風である。街のイメージ調査でも「中井=七三」との答えもあったくらい、公の場で彼の髪型が大きく変わっていた記憶が世間には無いのだ。 「なぜ“七三分け”の髪型を続けているのか?」 [全文を読む]

【芸能コラム】直虎だけではない!乱世を生き抜く女たち 「おんな城主 直虎」

エンタメOVO / 2017年07月29日13時56分

その一方、未来の当主である息子の虎松(寺田心)には戦国の厳しさを教えるため、「嫁ぎたくない」とうそをつく。かつて直虎と対立したこともあるしのの、人として、母としての成長がうかがえる好編だった。 また、しのの妹なつ(山口紗弥加)も、密かに思いを寄せる義兄の小野政次(高橋一生)を支えて活躍中。第25回で密談を口実に政次に抱きついた一幕は、節度あるなつの驚くべ [全文を読む]

上杉謙信 敵に塩を送った史料なく「生涯不犯」にも重大疑義

NEWSポストセブン / 2017年07月16日16時00分

にもかかわらず、昨年の大河でも堺雅人演じる主人公・信繁が、息子にくじを引かせて名を「幸村」に変えることを決めるシーンが、終盤の見せ場の一つとしてはっきりと描かれた。「真田幸村」の“知名度”の高さは抜群であるにもかかわらず、本当にその名前だったかの真偽のほどは定かではないのだ。 ※週刊ポスト2017年7月21・28日号 [全文を読む]

大河ドラマでの怪演が話題騒然――春風亭昇太が今川義元“愛”を語る!

週プレNEWS / 2017年06月12日17時00分

昇太 さらに、自分の息子・氏真(うじざね)を北条氏康の娘・早川殿(はやかわどの)と結婚させ、甲斐の武田、関東の北条と「甲相駿(こうそうすん)三国同盟」締結に成功する。そうなると、いよいよ三河に進出して、さらに領土を拡大し、織田家との戦いになるのです。 ◆このインタビューの続きは、明日配信予定! ●春風亭昇太(しゅんぷうてい・しょうた) 1959年生まれ、 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

男児を失った井伊家のため、直虎は直親の息子を自ら育て、家康の元へ仕えさせます。 掛川城はその後、徳川の近親である松平家や山内一豊を城代として迎えますが、1659年には直親の孫に当たる直好が18代城主となり、その後21代までは井伊家から入封。でも「暗愚」とか「婆娑羅(ばさら)者」などの記録があるほか、参勤交代を忘れるものまで出る始末で、どうもあまりいい城主で [全文を読む]

徳川家康はやっぱり最強?「倒せる!」と答えた人は1割未満

しらべぇ / 2016年12月12日17時00分

もともとは地方の弱小豪族の息子に過ぎなかった者が、太原雪斎や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉という「師匠」と出会った。その中で彼らの優れた部分だけを抽出し、自分自身のスキルとしたのだ。だからこそ、家康は250年に渡る超長期政権の礎を築くことができた。■結局、誰にも倒せない?だが、家康と同時期の諸大名からすればこれほど手強いライバルはいない。しらべぇ編集部では、 [全文を読む]

2016年「真田イヤー」のラストを飾る「真田幸村フェア」、再見参!

PR TIMES / 2016年12月01日19時21分

[画像3: http://prtimes.jp/i/7303/461/resize/d7303-461-439179-3.jpg ]【お魚】大坂の陣 真田大助 煮え切らない家臣の想い 武士の子の勇姿 2,980円大坂の陣で若くして命を絶った幸村の息子・大助。武士らしい最期を迎えた彼を称えながらも惜しむ家臣の胸中を旬の金目鯛の姿煮で表しました。[画像4: h [全文を読む]

会えば必ず魅了される!? 中井貴一の気配りがスゴイ!

anan NEWS / 2016年11月11日20時00分

でも、いざお会いすると本当に優しくて、僕を息子のように思って接してくださいました。それからは僕も本当の親子みたいな気持ちでお付き合いさせていただいています。僕が20歳になった時「人生での大きなお祝い事は、成人式と還暦だと思うから、きちんと祝いたい」とおっしゃって、お祝いをしていただきました。また、基礎から教えていただいた、テニスのコーチでもあるんです。壁を [全文を読む]

家康が大化けしたわけ:甲州流軍学/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年10月17日07時00分

息子の勝頼は騎馬の機動力を駆使するも、75年、長篠の戦いで信長の鉄砲隊に敗れ、82年3月には信州高遠城を落とされ、甲府を経て、関東の境の天目山まで追われて自刃。徹底的な武田残党狩りが行われた。 ただし、関東や信州、駿河で武田の配下にあった者は追求されず、また、家康が武田穴山家から側室を取っていたこともあって、信長の命に反して多くの残党をひそかに匿ったとされ [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

息子で第5代当主の氏直は、徳川家康の娘婿だったこともあって命を助けられ、高野山に流された。氏直はその翌年、1万石を与えられて豊臣大名として復帰したが、同年に病死。遺領の一部を従兄弟の北条氏盛が継ぎ、河内狭山藩(現・大阪府狭山市)として幕末まで存続した。戦国時代の幕を開けたとも言われる北条早雲から続く関東の名門は、小大名とはいえ命脈を保った。(2)今川家→高 [全文を読む]

番組に嘆願書まで!NHK有働由美子アナの“代名詞”はもう「ワキ汗」ではない?

アサ芸プラス / 2016年05月26日05時59分

有働アナも最初の頃は「大河1話の出だしの語りで『信玄の死から九年』ってもう武田信玄死んでるしぃ~、2話では息子の勝頼さんを葬り去り、武田家滅亡を、台本3行で終わらせてしまったし、4話では織田信長さんを、炎の中で兜が崩れ落ちる映像だけで、『天下統一を目前に、織田信長が、死んだ』って一行やん!と。。。」と、ナレ死にツッコミを入れていたようだが、今では「台本を [全文を読む]

「学校で習った歴史」は本当?今ではウソな出来事3選

しらべぇ / 2016年04月28日05時30分

武田信玄の息子の武田勝頼が、現在の山梨県韮崎市に新府城という拠点を建てた。その時に駆り出されたのは、信濃の木曽一族である。だが城建設にかかる費用や木材があまりに膨大だったため、嫌気の差した木曽一族がついに反乱を起こした。それでも新府城は完成したのだが、当時、織田信長と戦っていた勝頼は「本拠地移動」という名目で、完成間もない新府城をあっさり焼いてしまったのだ [全文を読む]

フォーカス