武田信玄 上杉景勝に関するニュース

2017年秋TVアニメ 『戦刻ナイトブラッド』アプリゲームが5月29日(月)配信決定!

PR TIMES / 2017年05月26日17時00分

合わせて公式サイトでは、出演声優陣28名のボイスメッセージを一挙公開!さらに、織田信長役の森川智之さん、豊臣秀吉役の花江夏樹さん、上杉謙信役の鳥海浩輔さん、武田信玄役の小西克幸さん、真田幸村役の山下大輝さん、伊達政宗役の梅原裕一郎さんにご出演いただいたビデオインタビューも公開しました!■『戦刻ナイトブラッド』配信日が5月29日(月)に決定!豪華声優陣28名 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。吉田羊演じる小松姫は沼田城にいなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日21時00分

伊達政宗、武田信玄など名だたる武将にも寵愛する小姓がいたと伝わる。信繁の周辺には男色関係のウワサはなかったのだろうか? 「信繁に関してそういったことを匂わせる史料はありません。上杉景勝や秀吉から厚遇されたのは本当ですが、主従以上の関係だったわけではない。信繁は元服前の幼名を『弁丸』と言いましたが、その頃に上杉の人質となるも、すぐに領地を貰っています。つまり [全文を読む]

上杉景勝を討伐せよ!初登場、期間限定イベント「強襲!!上杉景勝」開催中!~大人気スマホアプリ『戦国修羅SOUL』~

PR TIMES / 2016年01月29日16時41分

また、上杉景勝を追う武力ナンバーワン武将『武田信玄』の出現確率超アップキャンペーンや10万ソウルの大ボーナス付きキャンペーンなどのガチャキャンペーンも同時開催しております。[画像1: http://prtimes.jp/i/3670/596/resize/d3670-596-877571-1.jpg ]『戦国修羅SOUL』は対応端末を使用し、各プラットフォ [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」新武将「加藤 清正」&「長野 業盛」登場!【UR確定】10連召喚キャンペーン&【復刻】イベント開催中!

PR TIMES / 2016年09月30日17時59分

先代・長野業正の跡を受け、箕輪衆を率いて武田信玄と戦ったが、衆寡敵せず敗れてしまう。*****降伏などしない! 一人でも多く道連れよ!*****■新武将登場&宝玉増量キャンペーン開催中![画像3: http://prtimes.jp/i/18760/103/resize/d18760-103-567704-1.jpg ]肥後の虎「加藤清正(UR)」と長野業 [全文を読む]

ネタバレ注意!歯は抜け落ち、白髪だらけ…NHK大河ドラマ『真田丸』の今後の展開は?

tocana / 2016年02月11日19時00分

戦の天才・武田信玄から信頼されていた真田昌幸の次男として生まれる。19歳、上杉景勝の人質となる。20歳、豊臣秀吉の人質となる。24歳、初陣(北条攻め)。25歳、結婚(豊臣家臣の大谷吉継の娘)。32歳、豊臣家に仕える(秀吉死去)。34歳、父(昌幸)とともに石田三成に従い、徳川家康と対戦。軍勢3万8000人の徳川秀忠を上田城にて軍勢2500人で迎え撃ち、勝利 [全文を読む]

【全55タイトル半額!!】戦国武将のトレーディングカード風コンテンツ『Samurai Styleフォトコレクション』新作「真田幸村」リリース

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

●コンテンツラインナップ・通常価格各300円(税込)→キャンペーン価格各150円(税込) 【新作】 真田幸村2(上田駅前の真田幸村像) 真田幸村3(安居神社の真田幸村像) 【旧作】 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武 [全文を読む]

【45万いいね!のフェイスブックページ発】戦国武将トレーディングカード全53コンテンツをコンビニで販売開始!

PR TIMES / 2015年08月24日15時23分

■コンテンツラインナップ・各300円(税込) 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武田信玄/戸田氏鉄/竹中重治/ 織田信長/金森長近/徳川家康/本多忠勝/田中吉政/蜂須賀正勝/今川義元/前田利家/加藤清正/浅井長政/ 藤 [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

また、三方原で武田信玄に敗れた苦い経験もある現場叩き上げの苦労人・家康は、家族や家臣を守って所領を安堵しなければならない戦国武将の不安な気持ちも身をもって熟知していました。関ヶ原の合戦で敗走しても首さえ取られなければ、どっちみち徳川家康が天下を平定していたのではないでしょうか。実証的歴史小説でブームを築いた司馬遼太郎さんの「関ヶ原」では、徳川史観によって逆 [全文を読む]

フォーカス