バラード 郷ひろみに関するニュース

“新たな世界”を魅せる最新コンサートツアー!『郷ひろみ「Hiromi Go Concert Tour 2016 NEW WORLD」』TBSチャンネル1で11月20日(日)テレビ初独占放送!

PR TIMES / 2016年11月17日17時16分

クオリティを高め進化し続ける郷ひろみが、新しい楽曲を披露するのはもちろん、愛されてきた曲に新たなアレンジをして“新たな世界”を魅せるステージにも注目!しっとりしたバラードから、キレキレのダンスナンバーまで。ターンもジャケットプレイも鮮やかに決め、さすが華やかなステージ!大ヒット曲の熱唱に会場も大興奮!力強い歌声と眼差しを、観客ひとりひとりに届け、心を躍動 [全文を読む]

郷ひろみ、全国ツアー「Hiromi Go Concert Tour 2017 “My Dear…”」スタート!

IGNITE / 2017年06月08日23時00分

郷は「僕の大切な歌の数々を、皆さんに手紙を書き綴っていくように届けたいと思います」と語りかけ、『花とみつばち』『2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-』『よろしく哀愁』など、アップからバラードまでヒット曲を次々と披露。 「歌うこと」だけではなく、ショーとして「魅せること」を意識してきたという、郷の想いが詰まったパフォーマンスに、ファンからは大きな歓声が [全文を読む]

【速報】郷ひろみ、100枚のシングルジャケットの前で“封印したい過去”を明かす

Woman Insight / 2015年05月27日20時30分

アップテンポな曲のイメージが強い郷ひろみさんですが、今回は昭和を彷彿とさせる上質なバラード。 「100枚目ということで、一度原点に帰るのもいいかな……と。歌謡曲の素晴らしい時代を思い出しながら、“歌謡曲をつくろう”というのが僕の願いで、歌詞もいまでは使わないような、歌謡曲の中に散りばめていた言葉をいくつか持ってきたりして、サウンドも歌謡曲だけど、どこかいま [全文を読む]

『よろしく哀愁』『お嫁サンバ』郷ひろみのターニングポイント6曲

WEB女性自身 / 2015年03月23日08時00分

プロデューサーの酒井さんから『絶対歌い継がれていく歌だ』と言い切られ、半ば納得させられて歌いました」バラード3部作『僕がどんなに君を好きか、君はしらない』『言えないよ』『逢いたくてしかたない』「デビューして約20年。僕のなかで何となく歌が歌えるようになってきたかなと思えたころ。歌手としてやっと一人前になれたのかも、という意識が芽生えたので、バラードを歌えた [全文を読む]

PPAPにも当てはまる! 浜崎あゆみ、平井堅らを手掛けた編曲家が明かすヒット曲の共通点とは

ニコニコニュース / 2017年03月24日20時00分

ヒット曲の共通点は「テンポが足して9」西寺: 有名な話で、ビートルズが『Please Please Me』という、ちょっとロックバラードな曲をジョージ・マーティンという編曲家兼プロデューサーに持って行った時に、「テンポを早くしろ」って言われて、アップテンポの曲に無理くりしたら『Please Please Me』 が流行ったという逸話があります。作った当初、 [全文を読む]

郷ひろみと何の関係があるの?土屋太鳳の「紅白」ダンサー出演が強引すぎ!

アサ芸プラス / 2016年12月26日17時59分

「NHK『第67回紅白歌合戦』で郷ひろみさんと御一緒させていただくことになりました…!!!白組に出場なさる郷ひろみさんの素晴らしいバラードの名曲『言えないよ』の世界を表現させていただきます。全力を尽くしますので見守っていただけたらとても嬉しいです」 ブログにはさっそくファンからの「必ず観ます」というコメントであふれている。 土屋は3歳から踊りを始め、日本舞 [全文を読む]

郷ひろみ、100枚目のシングル「100の願い」がドラマ主題歌に決定

okmusic UP's / 2015年03月13日12時00分

「100の願い」は郷ならではの王道の歌謡バラード。同世代にとってはどこか懐かしく、若い世代には新鮮に聞こえる楽曲に仕上がっている。 また、「100の願い」を携えての全国ツアーも、5月27日の越谷を皮切りに、60歳の誕生日の10月18日国際フォーラムまで50公演行う。 2015年の郷ひろみも、とどまることなく走り続ける。■シングル「100の願い」2015年 [全文を読む]

坂本美雨の『ディア・フレンズ』 進化するオトナの肉体に迫る、超ストイックWEEK!郷ひろみ、夏木マリ、美木良介が登場!

PR TIMES / 2013年06月07日13時21分

仕事に行く前にジムで3時間トレーニングするというストイックさ!そして、5月29日発売の新曲『Bang Bang』では、長い歌手活動においてあまり歌ったことがないというミディアムバラードに挑戦。60歳にむけて、まだまだ進化する“郷ひろみ”のホンネに迫ります。 ◆6月12日(水)に登場するのは、夏木マリさん。 著書「私たちは美しさを見つけるために生まれてきた」 [全文を読む]

乃木坂46生田絵梨花&HKT48森保まどか ピアノで大物と競演

dwango.jp news / 2015年12月02日22時00分

森保は、つんく♂が作曲しクミコが歌い感動を呼んでいるバラードナンバー「うまれてきてくれて ありがとう」をクミコと安倍なつみのコラボでピアノを担当。真っ白のドレスで感情豊かに演奏した。 生田のピアノのレベルは相当で4歳から始めており、腕前も本物と絶賛されている。森保も先月の「HKT48劇場4周年公演」内でピアノソロアルバムリリースを通達されるなど、どちらも [全文を読む]

フォーカス