思い出 太宰治に関するニュース

「いやしこむ」では、思い出の本に関するアンケートを303人に実施しました。第1位は、20代からの支持を集めたあの本でした。

DreamNews / 2015年10月07日12時00分

株式会社CB(本社:東京都渋谷区 代表取締役:高橋俊輔)が運営する「いやしこむ」(http://iiiyashi.com/)は、思い出の本に関するアンケート大調査をインターネットで実施しました。<調査概要>■調査実施日:2015年9月28日~30日■調査人数:303人■調査方法:インターネット調査■内訳:男性112人、女性191人。 10代7人、20代95 [全文を読む]

太宰治『斜陽』・現代にも通じる「斜陽族」、あなたは大丈夫?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年03月27日11時00分

かず子は母と共に輝かしい貴族だった時代を思い出しながらも、惨めで落ちぶれていく自分を嘆く。 帰国した直治は、今度はアル中になり、東京に住む小説家・上原を頼って家を出てしまう。以前から上原を慕い、離婚までしていたかず子は、彼に純粋な愛情を注いでいく。 母の死後、上原に駆けるかず子、そして同じく直治の身には、己の革命をかけた重大な事件が起こってしまう___。 [全文を読む]

押切もえ、“ゴミ捨て場アート”マンションを販売……思い出される「黒ずむ外壁」報道の悪夢

日刊サイゾー / 2014年09月24日20時30分

そんな多才な押切をリスペクトする根強い女性ファンは一定数いますから、押切のゴミ捨て場の絵に魅力を感じ、マンション購入に踏み切る同年代のファンも少なくないのでは? 今回の外壁は、タイルのようですし」(芸能記者) 押切の絵を見ながら“ゴミ出し”したい人は、購入を検討してみてはいかがだろうか? [全文を読む]

石川竜一(写真家)×天野太郎(横浜市民ギャラリーあざみ野学芸員)「考えたときには、もう目の前にはない 石川竜一展」対談インタビュー

NeoL / 2016年02月20日22時13分

保育園まで辿ると、昼寝の時間に自分の体を触らせてくれる女の子がいたり、性的意識は昔から強かったですね」 天野「個人的にネガティブにさせられるような思い出はありました?」 石川「親同士はめちゃくちゃ喧嘩が激しかったです。何度か救急車が来たり。そういうのを見てて、止める勇気もないし力も無くて、無力だと思って」 天野「なるほど。人って誰に影響されたかが大きいと思 [全文を読む]

『花椿』12月号はギフトをめぐる6つの物語 『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中

PR TIMES / 2015年11月05日13時21分

贈り物には嬉しいエピソードや悲しい思い出など、それぞれに物語があります。そんな贈り物にまつわる6つの情景を、歌人・穂村弘の短歌とコスチューム・アーティストのひびのこづえによる衣裳、そしてフォトグラファーのイナ・ジャンの写真で表現しました。今までにないコラボレーションをご覧ください。そして今号はもうひとつ、第33回現代詩花椿賞も特集しています。今年の受賞作は [全文を読む]

『標準問題精講 国語 特別講義 読んでおきたい とっておきの名作25』現役教師が厳選!『源氏物語』から『図書館戦争』まで、読む力を深める作品群

DreamNews / 2015年07月16日14時00分

この本で読んだ小さなシーンがきっと諸君の胸の中で、手放せない思い出になるはずです。誰かに話してみたい、そんな気分になる作品もあります。そっと自分だけで抱きしめておきたいような作品もあります。文学という名の宝石の小箱を開けてみませんか。どの作品にも結末はありません。終わりはありません。作品の次の展開を考えてください。読み終えた後に残る感動をあなたに捧げます。 [全文を読む]

『ビブリア』シリーズに登場する名作集めたアンソロジー登場

NEWSポストセブン / 2013年06月24日07時00分

収録作の思い出と創作秘話を三上が語ったエッセイもあり、本好きでなくてもおおいに楽しめる。 ※女性セブン2013年7月4日号 [全文を読む]

山田詠美による、死者をめぐる家族の彷徨と救済の物語(ブックレビュー)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月17日12時00分

完璧に忘れなくとも、この現実から一歩引っ込んだところへ死者の思い出に引っ越してもらい、結婚したり、子供が生まれたり、昇進したり、時々はイチゴなんか食べたりする喜びを大事に受けとめて今日を過ごすことになる。 忘れられない場合はどうするか、自分も死んじゃうという道もある。死んじゃえば何も分からなくなるので、これは究極の「忘れる」算段でもある。 でも、とにかく何 [全文を読む]

フォーカス