津軽 太宰治に関するニュース

歴史マニアなら挑戦したくなる!? 日本の「歴史系」検定 5選!

マイナビ進学U17 / 2015年11月02日12時05分

小説「津軽」を題材にした初級と上級、「お伽草紙」を題材にしたお伽草紙編の3つの階級が用意されていて、津軽の上級では、太宰治の故郷に関する問題も出ます。バラエティーに富んでいて、太宰ファンにはたまらない検定です。いかがでしたか? 歴史は、とても奥が深いものです。過去について学ぶことは、未来に役立てられる知識を身につけることにもつながります。このように、過去に [全文を読む]

「私を忘れないで下さい」新たに発見された太宰治の芥川賞懇願の手紙、その人間らしさに驚きの声

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月11日17時30分

昭和19年、小説『津軽』を執筆。昭和20年には空襲が激しくなってきたため、津軽に疎開し、22作品を書き上げた。昭和23年には、名作『人間失格』と『グッド・バイ』を執筆。この年、玉川上水で入水自殺した。享年38歳。 略歴では触れていないが、失踪騒ぎを起こしたり薬物の依存症になったりと、周囲を振り回してきた太宰だが、その作品に対する想いは非常に強い。特に芥川 [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

【小説、原作】太宰 治 1909(明治42)年、津軽の大地主の六男として生まれる。本名、津島修治。東京帝国大学仏文科中退。左翼運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集は『晩年』。この時、27歳だった。太平洋戦争に翻弄された時代に妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人である。薬物中毒、女性問題、自殺未遂などの波乱に満ちた生涯から生み出された [全文を読む]

【ドライブで行く】青森の人気観光スポット~本州最北端を走れ!ドライバーの血が騒ぐ旅~

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年08月03日09時00分

「龍飛岬」がある津軽半島は、車で巡ってみると大自然が目一杯に広がり、ダイナミックなドライブが楽しめる。 そして、「大間崎」は“本州最北端”と聞くだけでドライバーの血が騒ぐだろう。 なお、青森は日本随一の豪雪地帯なので、冬場は通行止めになるルートが多いことに注意が必要だ。 十分な準備をしてドライブに出発♪ 十和田湖(青森県十和田市) 「十和田湖」は、海抜4 [全文を読む]

ピース・又吉直樹 太宰治とダウンタウンに衝撃を受けた過去

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

太宰治は津軽屈指の大地主の六男に生まれ、世の中に絶望して遺書として書いた小説で一躍文壇の寵児となる。露悪的振る舞いや何度も心中事件を起こしたことでも有名で、自己を道化とみなす告白体の文章にやられた人は多い。太宰は、上から見ているもうひとりの自分と生きているのだった。又吉が太宰を語る。 「太宰って共感させる力がムチャクチャ強いんですよ。なんでおれしか知らん [全文を読む]

森山大道、太宰治へのオマージュ展開催

FASHION HEADLINE / 2014年12月15日11時45分

代表作は『人間失格』『斜陽』『津軽』『晩年』など。女性の告白体を得意とし、短編の名手として知られる。誕生日である6月19日には太宰が眠る三鷹・禅林寺にて彼を悼む「桜桃忌」が未だに開かれており、現代においてもその作品は色褪せない。写真家・森山大道も、彼に魅了された1人という。 森山が太宰の小説と出合ったのは、中学生時代という。学校を厭い、ストリートを学び舎と [全文を読む]

不健康でも魅惑的「青森県がお前をKILL」ツアーに行ってみた

WEB女性自身 / 2016年03月02日10時00分

宴会では、筋子、身欠きニシン、イカメンチ、漬け物と塩辛い 津軽グルメ が並ぶ。 「これに青森の人は、さらに醤油をかけます。醤油をかけた先に見えてくる 味 があるんです」(坂本君) 宴会の最後の締めの デザート は、袋麺の麺をそのままくだいて、粉末スープをかけたもの。本誌記者には懐かしい 青森のおやつ だ。かなり塩分が強いが日本酒で洗い流せば、ほら大丈夫。 [全文を読む]

アイデムフォトギャラリー「シリウス」 年頭企画展 小松健一写真展「三國志巡禮」 期間:2013年1月5日(土)~1月16日(水)

PR TIMES / 2012年12月25日09時57分

著書に「写真紀行三国志の風景」「秘境ヒマラヤ父と子の旅」「文学の風景をゆく」「ムスタンの真実」「チリ-嵐にざわめく民衆の木よ」「太宰治と旅する津軽」、「宮澤賢治 雨ニモ負ケズという祈り」、「上州の探検家・矢島保治郎」など多数。 個展は、ネパール国立アートギャラリーをはじめ、国内外で多数開催。 現在、公益社団法人日本写真家協会会員、協同組合日本写真家ユニオ [全文を読む]

フォーカス