代表作 太宰治に関するニュース

「文豪ストレイドッグス」のアニメビジュアル公開!

Smartザテレビジョン / 2015年10月30日19時36分

イケメンキャラクターとなった太宰治、芥川龍之介ら文豪たちが、「人間失格」「羅生門」といった各キャラクターの代表作の名が付いた異能力を用いてバトルを展開する。「ヤングエース」にて連載中で、第8巻まで発売されている。 今回、立絵とキャラクター紹介が公開されたのは中島敦(CV:上村祐翔)、太宰治(CV:宮野真守)、芥川龍之介(CV:小野賢章)の3人。さらに、メー [全文を読む]

「文豪ストレイドッグス」のメーンキャストが決定!

Smartザテレビジョン / 2015年09月30日17時00分

イケメンキャラクターとなった太宰治、芥川龍之介ら文豪たちが、「人間失格」「羅生門」といった各キャラクターの代表作の名が付いた異能力を用いてバトルを展開する。「ヤングエース」にて連載中で、第8巻まで発売されている。 今回発表されたキャストは以下の通り。 中島敦:上村祐翔 太宰治:宮野真守 国木田独歩:細谷佳正 江戸川乱歩:神谷浩史 谷崎潤一郎:豊永利行 宮沢 [全文を読む]

『文豪ストレイドッグス』の声優が気になる!「読まれたコミック」ウィークリーツイート数ランキング

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月10日17時30分

ちなみにコミックを読んでいるときの記者は、太宰治を櫻井孝宏さん(インテンション所属・代表作にFFシリーズのクラウドといえばピンと来る方も多いのではないだろうか)、宮沢賢治を代永翼さん(賢プロダクション所属・Free!葉月渚役 他)と、超勝手にキャスティングして脳内再生している。 ●映画『ヒロイン失格』を観る前に そして本日10位ランクインしたのは『ヒロイ [全文を読む]

プラス思考に疲れたら。珠玉の「後ろ向きな名言」7選

TABIZINE / 2015年07月27日18時00分

」 太宰治の自伝的代表作『人間失格』より。太宰治は、その繊細な性格ゆえ、今の言葉でいうと、完全にこじらせています。太宰にとって、幸福よりも不幸の方が心地よかったのかもしれません。 ■「阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている」 芥川龍之介が社会を痛烈に風刺した小説『河童』より。こう言われると人のことを馬鹿にできなくなりますね。 ■「智に働けば角が立 [全文を読む]

太宰治『斜陽』・現代にも通じる「斜陽族」、あなたは大丈夫?【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年03月27日11時00分

■悩んでも始まらないなら革命を起こせ! 『斜陽』は、太宰作品の中でも彼独特の「破滅型思考」を深く抉って書きあげた代表作。 かず子は恋に、母親は美徳に、直治は薬と酒に、そして上原は自分自身を描く戯曲の中に没頭して行くが、その全てが破滅に向かって進んで行く。 しかしどうだろう。結果はどうあれ、各々は確実に自分の中で革命を起こしている。現代では考えられない、ハ [全文を読む]

森山大道、太宰治へのオマージュ展開催

FASHION HEADLINE / 2014年12月15日11時45分

代表作は『人間失格』『斜陽』『津軽』『晩年』など。女性の告白体を得意とし、短編の名手として知られる。誕生日である6月19日には太宰が眠る三鷹・禅林寺にて彼を悼む「桜桃忌」が未だに開かれており、現代においてもその作品は色褪せない。写真家・森山大道も、彼に魅了された1人という。 森山が太宰の小説と出合ったのは、中学生時代という。学校を厭い、ストリートを学び舎と [全文を読む]

【『中二病 誕生日診断』発売】夏目、太宰、三島、かの文豪たちの「中二病的特徴」を診断してみた

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月09日12時00分

■夏目漱石(1867年2月9日 生まれ)悲嘆に暮れる妄想の人「囚われし旅人(インプリズンドトラベラー)」 『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』など代表作は数えきれず、欧米との関わりが強く求められる激動の時代を生きた、余裕派の礎を築いた作家である。 それでは、彼の中二病的特徴はいかなるものか。同書によれば、「塔の最上階に閉じ込められ、退屈(アンニュイ)な毎日を [全文を読む]

『青空文庫POD』第二弾 今では手に入りにくい隠れ名作セレクション100! -アクセシビリティに配慮したポケット版/シニア版/大活字版の各刊3サイズで発売-

PR TIMES / 2014年06月03日10時22分

『青空文庫POD』第二弾100タイトルの中の代表作(「彼は昔の彼ならず」 太宰治、「ヤミ論語」 坂口安吾、「いなか、の、じけん」 夢野久作 )【企画主旨】ほとんどの作品が各作家の個人全集には掲載されているものの、一般には(書店はもちろんオンラインでも)入手しにくく読むことの難しいものばかりです。明治、大正、昭和前期に渉るこれらの著作物は、けっして古臭いもの [全文を読む]

永遠の青春文学が 活字で セリフで 色彩で 映像でよみがえる!『太宰治ヴィジュアル選集』刊行

PR TIMES / 2014年01月31日11時15分

他の代表作に『富嶽百景』『走れメロス』『津軽』『ヴィヨンの妻』『斜陽』などがある。 【小説およびDVD】本文80ページ、映像125分 1. 駈込み訴え 出演/香川照之、清水くるみ、日南響子 ほか 演出/西川美和 2. 走れメロス 出演/森山未來、田中泯、モロ師岡、純 演出/渋江修平 3. 雪の夜の話 ナレーション/田畑智子、声/峯村リエ、清水宏 演出/ケシ [全文を読む]

“堕ちよ“、“生きよ”…現代に鋭く放たれる「坂口安吾のことば」にこの時代を生きるヒントがある

週プレNEWS / 2016年12月29日06時00分

その鋭い批評精神と独特な「人間観」に裏打ちされた安吾の「ことば」を代表作『堕落論』はじめ、膨大な作品群の中から選び抜き、価値観の揺らぐ「この時代」を生きるためのヒントとして光を当てたのが、安吾と同じ新潟県出身の芥川賞作家・藤沢周氏の『安吾のことば 「正直に生き抜く」ためのヒント』(集英社新書)だ。 藤沢氏が、「同郷の先輩」の作品との対話を通じて「宝探し」 [全文を読む]

文豪マフラー新作、ヴィレッジヴァンガードオンラインストアにて予約受付中!!

PR TIMES / 2016年11月01日20時09分

代表作…お狐様ニーハイ、彼岸花ニーハイ&彼岸花マフラー、文豪マフラーなど 【Twitter】:https://twitter.com/komagire 【HP】:http://curiosite.noor.jp ---------------------------------- ヴィレッジヴァンガードオンライン http://vvstore.jp/?u [全文を読む]

若き日のラインハルトとキルヒアイスの活躍を描いた「銀河英雄伝説 黄金の翼(著:田中芳樹)」を広中雅志のキルヒアイスと堀川りょうで、キクボン(http://kikubon.jp/)が初音源化!(敬称略)

DreamNews / 2015年12月24日16時00分

代表作に『創竜伝』『マヴァール年代記』『アルスラーン戦記』『薬師寺涼子の怪奇事件簿』シリーズの他、『ラインの虜囚』など著作多数。その他、「銀河英雄伝説」新朗読化プロジェクトのご紹介!「銀河英雄伝説 ユリアンのイゼルローン日記」唯一アニメ化かかなわなかった幻の名作がアニメオリジナルキャストで朗読化! この作品は、ファン待望の作品でもあり、ほんの一部を除き、ほ [全文を読む]

待望の大作!唯一アニメ化されてない長編作品「銀河英雄伝説ユリアンのイゼルローン日記」がキクボン(http://kikubon.jp)にてアニメ版の声優を加えた豪華オリジナルキャストで音源化し販売開始!

DreamNews / 2015年12月21日13時00分

代表作に『創竜伝』『マヴァール年代記』『アルスラーン戦記』『薬師寺涼子の怪奇事件簿』シリーズの他、『ラインの虜囚』など著作多数。■kikubon(キクボン:http://kikubon.jp/)概要キャンペーン実施中!キーワード「kikubon会戦」入力で誰でも250ポイントプレゼント!サイトURL:http://kikubon.jp/現在、キャンペーン実 [全文を読む]

アニメ「文豪ストレイドッグス」PV第1弾が公開!

Smartザテレビジョン / 2015年11月09日07時57分

イケメンキャラクターとなった太宰治、芥川龍之介ら文豪たちが、「人間失格」「羅生門」といった各キャラクターの代表作の名が付いた異能力を用いてバトルを展開する。「ヤングエース」にて連載中で、第8巻まで発売されている。 今回、'16年の放送予定に先駆けてPV第1弾が公式HPで公開に。それに合わせて、場面カットも届いた。 [全文を読む]

「彼女はとてもかわいくて、いい子」従来の三島由紀夫のイメージを覆す、妻にベタ惚れな手紙発見

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月13日18時00分

自身の性的傾向を客観的に分析した自伝的小説『仮面の告白』や、昭和24年に闇金融会社「光クラブ」を経営する東大生が自殺を図った“光クラブ事件”を題材にした『青の時代』など、多くの代表作を残し、日本のみならず海外でも広く認められた、日本文学界を代表する作家のひとりである。 また、作品だけでなく“男らしさ”も支持される三島。作家とは思えないほどの鍛えられた強靭な [全文を読む]

押切もえ、“ゴミ捨て場アート”マンションを販売……思い出される「黒ずむ外壁」報道の悪夢

日刊サイゾー / 2014年09月24日20時30分

「一時期、テレビなどで太宰治作品の支持者であることをアピールし、09年には太宰の代表作『人間失格』をモジッった『モデル失格~幸せになるためのアティチュード~』(小学館)で小説家デビューを果たした押切ですが、現在は趣味の油絵にご執心。スポーツ紙の取材でも、『今は旅行先の風景を描きためています。いつか個展が開ければ』と語っている。そんな多才な押切をリスペクト [全文を読む]

漱石の『こころ』 話の筋に矛盾や疑問点多いと文芸評論家

NEWSポストセブン / 2014年02月28日07時00分

比較文学者の小谷野敦氏は明治の文豪・夏目漱石の代表作『こころ』のこんな記述が気にかかるという。 《私は繊維の強い包み紙を引き掻くように裂き破った。中から出たものは、縦横に引いた罫の中へ行儀よく書いた原稿様のものであった。そうして封じる便宜のために、四つ折にたたまれてあった》 「以前から指摘がありますが、『先生』が『私』に過去について告白する手紙は原稿用紙 [全文を読む]

小池栄子と佐藤江梨子にAV出演という"トンデモ情報"浮上!

メンズサイゾー / 2012年03月29日20時45分

特に小池に関しては、話題性のあるエンターテイメント作品への出演こそ多いものの、代表作に恵まれているとは言い難い状態ですし、夫の借金問題が度々報じられていることも気になります。女優としての矜持を保ちつつ、高額のギャラと話題性を得るという一石二鳥ならぬ三鳥を考えるならば、『映画でのヌード』が現実的かも」(芸能ライター) ブレイクのきっかけこそグラビアだったが、 [全文を読む]

フォーカス